レモン

インド出発前はまだほんのり青かったレモンも黄色くなり美味しそうです
我が家で初めてのレモン収穫
972.jpg
蜂蜜レモンにして焼酎のお湯割りに入れると美味しいよね
貴重な3つのレモンを収穫です
971.jpg
スリムな大根に形のちょっと虫に食べられた青物も食べ頃です
973.jpg
スポンサーサイト

お土産

今朝はずいぶんと体調もよくなってきました
お弁当も頑張って作りましたよ
セッセと洗濯に後片付け
お土産も少ないながら 色々と出てきます。
が仏塔ダメーク・ストゥーパで男の子から買った象
よーく見ると背中の中に小象が入っています。
963.jpg
エレファンタ石窟群の出店でしつこく言われたので、言い値の3分の1の値段で買ってあげるって言うと(そう言えばあきらめると思ったんだけど・・・) OKって 致し方なく買う事に・・・
964.jpg
2㌦で売ってたТシャツ 安いなぁーと刺繍の象さんを出すと、刺繍は手間がかかっているから高いんだよだって。。。
結局5㌦で買わされました。
965.jpg
お皿とスタバのマグカップはのコレクションですね。
966.jpg
967.jpg
インドワイン
968.jpg
インドにもあります ぐつぐつカレー
お味はどうなんでしょうね。
969.jpg
インドは紅茶の産地でも有名だそうです。
970.jpg

風邪

インドで後半は鼻水&咳が出たりしていた
しかし花粉症の時と同じように目がショボショボしたり涙が止まらなくなったり
アレルギーかなぁー と自分でも風邪かアレルギーかがよくわからなかった。
今思えば、きっとどちらもあったのでしょうがしんどくなかったのが幸いでした。
しかし家に帰ってきて気が緩んだのか 夜は体が重く咳が出てけっこう辛かったです
それでもは仕事なので、フラフラとしながら5時に起きた。
起きただけで、お弁当も作らなかったけど
お天気もイマイチなので、ノンビリとまったりと過ごすとかなり体調は良くなってきた
寂しい冷蔵庫&食料品・・・
いそいそとスーパーに行き食料を買い込み栄養をたっぷりとつけるために夕飯はお鍋
日本の料理はやっぱり美味しいよねぇー何を食べても美味しい

そして宅急便の贈り物を本日再配達してもらいました
郵便局の郵便物や新聞は不在届で止める事ができますが、宅急便やメール便等は止める事ができないのが難点ですよね。
最近はメール便・・・特に旅行冊子等は分厚いので郵便ポストに入れられると帰って来た時にひどい事になっています
そんな巨大な郵便ポストではないので、海外に行く時はこのメール便が困ってしまいます。
皆様はどのようにされていますか
何か良い対策があれば教えて下さい。

そして届いた美味しそうな林檎
一杯食べて、風邪を一気に治したいと思います。
961.jpg
962.jpg

帰国

デリー空港ではサンタが飾られていました
インドではホテルや空港以外ではあまりクリスマスムードは無かったです。
国民の8割がヒンドゥー教徒と言われるインドですからこんなものなのでしょうね。
そう考えると日本はキリスト教の人がそんなに沢山いるとは思いませんが 盛大な祝い方ですよね
950.jpg
そうそう インドは手荷物検査の時は男女が別なんですよ。
女性はわざわざ個室に入って検査をするんです。
だから並ぶ所から違うんですけど、当然の方は時間がかかるんですけど、最後の最後で驚くほど待たされました。
働く気あるって聞きたくなるような働き方で日本人には耐え難いものがありますね。
それでも飛行機が遅れなかったので、デリーでラウンジに寄る時間があったのは幸いでした。
951.jpg
ここもインドのおじさんがいますね。
このおじさんはエアインディアのキャラクターでマハラジャ君と言うそうです
952.jpg
ラウンジは綺麗で広々としていて良い感じ
958.jpg
とりあえずシャワーを予約しに行くと、すぐに使えました
洗面所とトイレとシャワールームがあり広々としていました。
954.jpg
水圧も温度も問題ナシ 汗を流してサッパリして冬服に着替えました
953.jpg
それから軽食を・・・カレー中心ですが簡単なサンドイッチなどがありました。
955.jpg
956.jpg
957.jpg
インドのビールにワインで最後のインドを堪能しました。
959.jpg

そしてエア・インディア307便・21時15分でデリーから成田へ・・・
960.jpg
8時頃に無事に成田に到着です。
美しい・美しい日本 日本に生まれ育ったことを感謝しながら我が家へ向かいました。

インド・8日目

インドの旅も最終日を迎えました。
ホテルで朝食を食べて少しホテルの庭を散策しました。
948.jpg
そしてまずはドルダバートの要塞の全景を見学
942.jpg
そして最後の観光地は仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教の壮大な遺跡が集結しているエローラ石窟寺院郡です。
943.jpg
ここも驚くほど広大で見ごたえがありました。
インドではとてもフレンドリーな人達が多いのですが、1つの不思議は写真に写る事が大好きなようで・・・
たとえば写真を撮ろうと構えると、わざわざ目の前まで来てポーズをとる子も多々います。
建物や石像を撮ろうと思って構えると、嬉しそうに手を振られたり歓声をあげられて撮らざるをえない状況になったり
944.jpg
何故かこのお父さんは私にわざわざ声をかけてきて(英語ではなかったのでさっぱりわからなかったけど)
写真を撮っていいよ って、奥さんと娘さんと並んで私の前に立ったり・・・(これは一番驚いた)
949.jpg
撮った写真を見せてあげると満足げに立ち去りました。
美しい奥さんとお嬢さんが自慢なのだな と私は自分を納得させた出来事でした
でもこんな変わった出来事が異国を感じさせて、旅の中で大きく心に残ったりするのが海外旅行の醍醐味かなぁーと思ったりもします
そしてインド最後の食事はエローラ石窟寺院郡内のレストランで辛いカレーを頂きました
私は辛いのが苦手なので、やっぱり日本のカレーが一番おいしいなぁーと本場インドでしみじみと思うのでした。
947.jpg
帰りにはちょっと変わったお猿達が見送りに来てくれていました
946.jpg
そしてインドでの観光を終えて私達はオーランガバード空港へ・・・
そしてデリーから国際線で帰国です。

詳しくは【あゆっちの旅行記・インド】を見て下さいね。



インド・7日目

今日は連泊なので朝に荷造りをしなくてもいいので゜楽チンです
ホテルで朝食を食べた後はアジャンタの石窟寺院郡へバスで向かいました。
近くまで行くとシャトルバスに乗り換えるんですけど、インドのシャトルバスはスゴイんです
動けばって感じできっと車検とかはないんだろうなぁーって 
車の免許は袖の下を渡せばだって笑いながら現地ガイドさんが言っておりました・・・
に乗ってアジャンタの石窟寺院郡へ行くんですよ
930.jpg
山1つ全てがアジャンタの石窟寺院郡なのかと思うほど巨大です。
932.jpg
階段のアップダウンが多いので、体力に自信のない人は椅子に乗って担いでもらう事もできます
同じ旅仲間の人が1人乗られましたが乗り心地はイマイチだったそうです
日本円で2500円ほどたったと記憶していますが定かではありません
931.jpg
確かに暑い中のこの階段の登り降りはけっこう辛いですね
933.jpg
石窟寺院郡の中は暗くてとっても見にくいです。
説明懐中電灯で照らしながらでした。
934.jpg
暑さで監視員のおじさんも働く気はないようです。
935.jpg
それでも圧巻の見ごたえでした。
936.jpg
木陰ではリスやヤギも休んでいました
937.jpg
そそくさとレストランでビールを一杯 それから昼食を頂きました。
938.jpg
それからビービー・カ・マクバラーを見学
939.jpg
インドはお金を払って見学する観光地はきれいだけれど、一歩そこから出ると・・・ そのギャップがすごいんですよね。
940.jpg
941.jpg
観光を終えた後はホテルに戻り、またしても私達は残ったルピーを持って酒屋へ繰り出しました
ちょっとした現地通貨情報
ホテルでは思ったよりも円からルピーの交換が出来たのでルピーが足りない という事態はありませんでした。
観光地のお土産屋さんや観光地の物売りの人達にはドルも使えたので、そこではほとんどドルを使いました。
スーパーや酒屋レストランではドルは使えません インドルピーがほとんどだと思っておいた方がいいと思いますが、レストランだと現地ガイドさんが$でも受け付けてくれたりはしました。
現地ガイドさんがまとめてルピー払いしてくれるんですね。
ですからツアーで行くなら$を持って行くとかなり重宝します。
カードも一流ホテル以外では使えても使わない方がいいと言われました。
トイレチップは20ルピーが相場なので1㌦支払うとかなり損かなぁーと・・・
おつりを出してもらうのは根性と根気と時間が必要となります。
とにかくドルでもルピーでも小額紙幣を持っておく事をお勧めします。

詳しくは【あゆっちの旅行記・インド】を見て下さいね。




インド・6日目

朝食を食べた後はムンバイ市内にあるチャトラバティ・シバージ駅を見に行きました。
美しい駅舎よりも猫を見かけた事の方が一番の驚きだったかも
動物園のように色んな動物が歩き回っているインドなんですけどね猫だけは一匹も見なかったんです
現地ガイドさんにインドは犬や牛に豚は多いけれど猫はほとんどいません・・・と言われていたんですけど、本当にいないのが不思議で不思議で
インドではここで見た猫が最初で最後でした
919.jpg
インドはバードウォッチングをするには最適の場所かもと思えるほどワシやタカなんと孔雀も等の華やかな鳥があちこちにいます。
オウムが何気に木に止まっているのを見た時はちょっと感激しました
チャトラバティ・シバージ駅にも鷲がいました。
920.jpg
それからインド西海岸の海が広がるインド門へ・・・
921.jpg
インド門のすぐ裏手から貸切船でカモメ達とエレファンタ島へ向かいました
922.jpg
インドは大気汚染が酷くてのどのイガイガやクシャミなどが出ていましたが、私はムンバイ辺りから涙が止まらなくなったりとかなりつらかった。
同じ旅仲間もアレルギー反応が出ていてマスクをしたりの対策をとるのですが、とにかく暑くてマスクもつらいのよ
それでも中国の上海よりはマシなんて話を聞くと、やはり私は中国には行けないなぁーと思ったりしました。
エレファンタ島も大気汚染で霞んでしか見れないのがちょっと悲しいですね。
現地ガイドさんが最初は霧で霞んでいますが・・・ってデリーから言っていましたが、皆で霧じゃなくて空気が汚いんだよねって2日目くらいからは言い始めましたよ
923.jpg
船乗り場からエレファンタ石窟群までは階段を登って行きますが、すごいサルの数です
犬もたいがい多いのですが犬猿の仲と言われる両者ですがいがみ合ったり喧嘩したりはしないんですね。
汗ビッチョリでエレファンタ石窟群に到着
924.jpg
エレファンタ石窟群よりもサルのケンカの方が見ごたえがあったりして
925.jpg
帰りは階段の両脇にあるお土産物を冷やかしながら船着き場へ・・・
926.jpg
ムンバイの港からはバスで空港へ向かいました。
時間がなくバスでお弁当です
927.jpg
ムンバイ空港から国内線でオーランガバードへ・・・
オーランガバード空港からラマインターナショナルホテルへ直行
928.jpg
このホテルの近くにはナント酒屋があるとIご夫妻が情報を仕入れて来てくれました
ずっと酒屋がないねぇーとIご夫妻と探し回っていたんです
I夫妻も旅好きでお酒好きそしてすごく楽しいご夫妻なんです。
このインド旅行はIご夫妻と一緒だったからこんなに楽しめたんだと言っても過言ではないほど楽しませてもらいましたよ
話はそれてしまいましたが、チェックインの後 Iご夫妻とテクテクとガタガタで交通量の驚くほど多い道路を歩きながら酒屋を求めてお出かけしました。
ホントにあるの と不安に思っていた所でI奥様が看板を見つけました
929.jpg
4人で笑顔で駆けて行きましたよ
初めての酒屋 やっぱりインド人が買う店だとワインもビールも安いのね
私達も大量買いです その後近くにスーパーがあると言うのでスーパーでお買い物
インド豆知識・スーパー編
スーパーに大きな荷物袋は持ち込めず、入口に預けると言うか入れる下駄箱のような箱に入れました。
ちゃんとガードマンがいます。
そして帰りに受け取る時に買った商品とレシートを見せるので、インドのスーパーで商品を買ったら絶対にレシートは捨ててはいけません。
8割方チェックされます。
私達はスーパーでのお買い物では必ずチェックされました。
部屋で久しぶりにワインとビールをたらふく飲みご機嫌な私達なのでした
夕飯はホテル内のレストランで頂きました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・インド】を見て下さいね。





インド・5日目

朝食バイキングで私の一番のお気に入りは目の前で作ってくれるオムレツです
これがあると必ず頼んで作ってもらってサンドイッチ風にして食べます
912.jpg
そして最初にピンクシティーの顔風の宮殿を見学
そして今回のインド旅行で私が一番良かったムガール帝国時代の要塞とアンペール城の観光です
914.jpg
アンペール城を堪能した後は庭の綺麗なレストランで昼食です
915.jpg
それからジャイプールの空港へ向かいエア・インディア612便でムンバイへ向かいました。
916.jpg
ムンバイ到着後はジ・ラリットホテルに直行です。
今回のインド旅行はホテルにハズレは無かったのですが、その中でもこのホテルは一番ヨカッタです
917.jpg
夕飯もこのホテルで食べた夕飯が一番美味しかったですね
大奮発してワインをフルボトルで頼みました
918.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・インド】を見て下さいね。

インド・4日目

今日は飛行機に乗らない日なので、なんとなくホッと一息ですね。
その代りバスでの長距離移動です バスと飛行機の移動・・・どちらの方がいいかは、どちらも一長一短でどちらが良いとは言えないですね。
ジェイピー・パレスホテルは客室のバルコニーが広く、そこから広々とした庭が眺められるのが素敵です
905.jpg
ホテルで朝食を食べて最初の観光地ファテープル・シクリへ・・・
906.jpg
そしてジャイプールへ向けて出発です。
本日のインド風イタリアンなんて言っていましたが、とっても美味しいイタリアンで大満足でした。
907.jpg
そして天才学者マハラジャに造られたジャンタル・マンタル天文台の見学へ・・・
それにしても暑い・・・
デリーが春アグラが初夏でジャイプールは夏かしら
908.jpg
そしてシティパレスを入口からチラリと見学
909.jpg
ジャイプールの名産インド更紗のプリント技術の見学とお買い物へ・・・
ここではサリーを着せてもらいました
とても皆様に写真を公表する事は出来ませんが・・・
910.jpg
そして本日のフォーポインツ・バイ・シェラトンホテルにチェックインです。
911.jpg
ここはホテルの隣がスーパーなんです
いそいそとお買い物に行きましたがアルコールは全然無かったです
インドではお酒は酒屋さんでしか買えないようです
それでも色んなお買い物が出来て楽しかったです
異国でのお買い物はやはり地元のスーパー等が一番楽しいですね。

詳しくは【あゆっちの旅行記・インド】を見て下さいね。




インド・3日目

朝日に染まるガンジス河での沐浴見学の為に真っ暗な早朝にホテルを出発です。
昨日と同じ場所で降りてガンジス河まで歩くのですが(バス降りる前にマスク着用) 昨日以上の驚愕の光景が・・・
早朝なので歩道 に牛がギッシリと寝ています
そこまではいいんです・・・歩道が土からコンクリよくわかりませんが、ちょっと違った歩道だったと思うんです。
暗かったので定かではありませんが、牛に続いて次は人間がズラリと寝ているんです
数人じゃあないんです・・・ ちょっと見るのが怖い光景・・・ 皆無口でなんとなく早足のような・・・
インダス河では手漕ぎの船の用意がされていました 
887.jpg
早朝に洗濯屋さんがセッセとガンジス河で洗濯していました。
889.jpg
大きな袋に洗濯物を詰め込んで上から転がしてきたのを下にいる人が受け止めて選択するんです
中々のアイデアですかね
888.jpg
沐浴などを見学している間に明るくなり1時間ほどのクルーズを終えました。
帰りは人間さんも牛さんもほとんど起きていましたがやはり衝撃的な光景です。
890.jpg
ホテルで朝食です
891.jpg
朝食の後はブッタの説法の地・ムルガンディ・クティ寺院
892.jpg
仏塔ダメーク・ストゥーパ
893.jpg
そしてベナレス空港へ・・・
894.jpg
空港内のレストランで昼食
895.jpg
昼食の後、ベナレス→アグラへ・・・
出発も到着も遅れてアグラに無事に到着 南下するたびに気温が上がっていくので、国土の広さを実感します。
896.jpg
まずはアグラ城を見学
897.jpg
驚くほどたくさんのリスが走り回っていました
898.jpg
そしてインドの至宝タージ・マハルです。
899.jpg
ここではサルが走り回っていました
900.jpg
そしてインドの名産品大理石のお店に連れて行かれました
働くお兄さんはユニークでカメラ目線で仕事します
901.jpg
そしてジェイピー・パレスホテルに到着
なんと花の首飾りをかけてくれながらのお出迎えでした
902.jpg
そしてホテルのレストランで夕食
インドでの驚きは沢山ありますがお酒の値段も衝撃でした。
グラスワインが一杯日本円で1500円~1700円なんですよ 
最初ハーフボトルかフルボトルの値段と勘違いしてしまいましたよ・・・物価の安いインドは私の妄想
レストラン・ホテルは外国人向け値段と言うのもあると思いますが、税金が高いんです 38%って言ってたと思います。
お金支払うのも大変です
小額紙幣が大半なので皆、何十枚の紙幣を何回も数えて支払うんです
お金の支払いがとっても大変なインドです。
904.jpg

インド・2日目

今日は早朝からデリー市内の観光へ出発です
まずはデリー旧市街地に建つムガル帝国の栄光を偲ぶラール・キラーを見に行ったのですが・・・
870.jpg
すぐ側のバザール そしてインドの交通事情の凄さに圧倒される私でした。
871.jpg
次はタージ・マハルのモデルにもなったと言われるフマユーン廟へ・・・
たくさんのワンが出迎えてくれました
872.jpg
早朝だったせいか空いていてじっくりと観光できたのがヨカッタです。
873.jpg
次は勝利の塔と呼ばれるクトゥブ・ミーナールへ・・・
875.jpg
そしてインド最古のイスラム遺跡群を見学しました。
876.jpg
遺跡群を見学した後はデリーの空港へ
877.jpg
時間節約のため 昼食はインド風中華のお弁当を空港で頂きました。
878.jpg
空港でスタバ発見
879.jpg
が蒐集しているマグカップを買いました。
880.jpg
デリーからベナレスへ向かいます
ベナレスの空港からガンジス河へ・・・
881.jpg
ガンジス河へ行くのに少し街中を歩くのですが、この街中が凄いんです。
インドは犬も多いけど牛も匹敵するぐらい多いんです。
飼われている牛じゃあないんですよ 野牛って言うのかしら そりゃあ道路や歩道のあちこちに歩いているんです。
豚にヤギにラクダにサル・・・町は動物園のように色んな動物がいて、その動物の落し物がすごくて・・・それが砂と一緒に舞っているのよ・・・ デリーは大気汚染で空気が汚れているなぁーと感じたけど、ベナレスは空気も町も汚れているなぁーと思いました。
驚き過ぎたのと、バスを降りてからガンジス河への歩いている間は子供の強烈な押し売り攻撃に遭い続けで写真を撮る余裕もありませんでした。
ガンジス河は思ったよりも汚くなかった・・・ ゴミや生活排水・・・死体が浮いているなんて聞いた事もあったから
↓写真に写っているのは豚さんです
882.jpg
ここからはガンジス河クルーズって響きはいいけど、この船に乗るんだって思う船・・・
883.jpg
それでもガンジス河のクルーズでの風景を堪能したり、ヒンドゥー教プージャの儀式を見学たりと盛りだくさんの観光を楽しみました。
884.jpg
早朝から夜までたっぷり観光の1日を終えてホテルへ向かいました。
885.jpg
夕食はラマダ・プラザホテルで食べてからチェックインしました。
886.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・インド】を見て下さいね。






インド・1日目

成田空港からエア・インディア307便11:30分発でインド・デリーに向けて出発です
エアインディアの口コミのおかげで何の期待もしていなかったのですが、期待をしないと言うのはちょっとした事で『あら 思っていたよりは良いじゃない』と寛大な心に慣れるのが良いですね
スリッパも歯ブラシのサービスも無いと書かれていましたが、ちょっとヨレっとしていましたがスリッパはありました(持参していたので使いませんでしたが・・・)
歯ブラシも早い者勝ちですがトイレに置かれていたようです 残念ながら私が行った時にはありませんでしたが、が行った時にはあったそうです。
一番のガッカリは何故か私は食事がウナギだと思っていたんです
根拠はネットで見たんですよね。
思い込みだけだったのかなぁー かなり期待していたのでこれだけはガッカリ度が大きかったです。
866.jpg
一番感激したことは富士山がとても綺麗に見えた事です。
867.jpg
成田からデリーまでは約10時間・・・
インドと日本の時差は-3時間半でデリーには現地時間で18時に到着予定でしたが、少し早い目に到着しました
遅れて当たり前のエア・インディアと書かれていたので幸先は良いですよね
デリーの空港でルピーへの両替・・・ 今回の旅でスーツケースの重量と同じく一番の心配事でした。
11月8日インドのナレンドラ・モディ首相がテレビ演説で通貨ルピーのうち金額の高い1000ルピー紙幣と500ルピー紙幣が演説の4時間後の9日には法的通貨でなくなると発表しました。
9日は政府の指示でインド国内の全銀行が休業し、両紙幣を持つ人は翌10日から12月末までの間に銀行や郵便局に足を運び10日より新たに発行された新紙幣と交換するか預金するかでしか保有する現金の価値を維持できない事態となりました。
同国では決済に占めるクレジットカードの割合がわずか2%! 
現金決済が圧倒的で国民預金比率も約5割とタンス預金の比率が高いそうです。
このため貧困層を中心に大混乱の真っ最中ってわけで、紙幣が圧倒的に不足しているのと銀行は大混雑なのたそうです。
何故突然こんな事にの理由として
パキスタンに本拠を持ち、インド国内で活動するテロ組織が高額紙幣の偽札を使っていること
資産隠しによる脱税や汚職に使われるブラックマネーを一掃したい
という2点が挙げられているそうですが、何も私達が旅する時に・・・と言う思いが出てしまうのはしょうがないですよね。
前回のツアーでは並んだ末に途中で『紙幣が無くなったので両替は出来ません』と言われたそうな・・・
様子を見てから並びましょう っ事だったんですけど、空港の両替所は行列がほとんどなく両替できそうなので急いで並びました。
1人上限は5000円までですがルピーへと両替が出来ました。
途中ホテル等でも両替は出来たのですが、空港での両替が一番割が悪かったです。
新紙幣の2000ルピーは新品でピカピカでした。
868.jpg
両替が無事に終えてバスでウェルカムホテル・ドゥワルカへと向かいました。
869.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・インド】を見て下さいね。

CHINA AIRLINESラウンジ

出国手続きを終えて今回は初めてCHINA AIRLINESラウンジへ・・・
初めてのCHINA AIRLINESラウンジです。
856.jpg
とっても清潔感のある広々とした素敵なラウンジです
857.jpg
865.jpg
858.jpg
飛行機が見えるカウンター席もあります
859.jpg
お酒の種類も色々とありますが、やはり日本酒系のお酒の種類は見劣りしますね。
860.jpg
しかしこんな変わり種のお酒がありました
アルコール度数3㌫と低いので日本酒と割って飲みましたが
861.jpg
食事はおにぎりにミニカップめん
862.jpg
パン
863.jpg
フルーツ お腹が空いていなかったのでフルーツとお菓子を少し頂きました。
864.jpg

期待はしていなかったラウンジなので清潔感があり広々としていて、何よりもガラガラで空いていたのがゆっくりと過ごせてヨカッタです

インド旅行出発

今回は成田なのでで空港へ・・・
渋滞や事故等を考慮しての出発になるので早朝に我が家を出発しました。
有り難い事に渋滞も事故もなくスムーズ過ぎるほどに成田へ到着したので、途中に酒々井SAの松屋で朝定食を食べてから空港へ向かいました
空港でも時間の余裕があったのでラウンジで休憩・・・
852.jpg
は朝からビールです
853.jpg
その後エア・インディアでスーツケースを預ける等の手続きをしに行くと、インドの雰囲気を漂わせたキャラが私達を出迎えてくりれました。
854.jpg
855.jpg
スーツケースを預けて出国手続きですやはり旅立の前はワクワク度が増しますね。

エア・インディア

今日、添乗員さんからがありました。
17日から行くインド旅行の最終確認のです。
年末にはギリシャか バルト三国か のんびりクルーズもいいなぁ
なんて思ってたんですけど、インド旅行のチラシを見てが何故かインド旅行を熱望しました。
今まで一度もインドに行きたいと思った事がなかったのでだったのですが、のインドへの熱い思いに負けてインドに行く事になりました。
それでも行くとなったら嬉しそうにいそいそとガイドブックを購入
いつもはるるぶを買うのですが、今回はまっぷるにしてみました。
849.jpg
こちらはネットで格安で買えたそうです
850.jpg
最初に私達を驚愕させたのが、旅行会社から届いたインド旅行のオリジナル資料
851.jpg
国内線のスーツケースの重量が15㌔
今回は国内線にはほとんど毎日かってほど5回ほど乗るんです。
私は絶対に無理かな なんて思いながら荷物の厳選・・・この作業だけでインド旅行への情熱が
多少の重量オーバーはしょうがないとあきらめていたのですが、添乗員さんにで聞いたら『エッ そんな話は聞いてないです・・・ 今Eチケット見ましたが25㌔ですよ』との返事・・・ じゃあ あのまぎらわしい資料に書いてあったのは
最終的には25㌔で、私達の今までの苦労は悩みはってとこなんですけど、は一番小さなスーツケースからいつもの大きさのスーツケースに荷物を詰替えて、そして水を新たに買い足して詰め込んだ私達でした。

小銭入れ

友人が手作りのマカロン小銭入れを作ってくれました
846.jpg
なんて器用なんでしょう 
お裁縫が一番苦手な類の私にとっては、こういうのを手作りできる人は尊敬してしまいます。
847.jpg
チャックを開けると500円玉が3枚入る様になっています。
お財布を忘れた時のための小銭入れだそうです
848.jpg

大阪出張

昨日から大阪に行っていたの豚まんをお土産に買って来てくれました
この時期に食べる豚まんは美味しさも倍増ですよね
844.jpg
こんなものも買っておりました
845.jpg
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク