モロッコ土産

モロッコから帰ってくると日本は梅雨明けしている なんて思っていたのですが、梅雨明けはしておらず大量の洗濯物を前にどうしたものかと週間天気予報を眺めてため息が出てしまう
時差ボケでちとヘロヘロ気味の体を引きずりながら後片付けですね。
バブーシュの専門店のお店でずいぶんと値切って買ったクッション
袋から出すとあまりの臭さに倒れそうになりました
この臭いが取れない限りとても使えないです
618.jpg
モロッコ=バブーシュと言われるほどモロッコ土産の定番のバブーシュです。
620.jpg
スークで楽しく値切り交渉して購入したチュニック
すごく安く買えたのでシルクと言うのは嘘かなぁーと思っておりますが、意表をついて肌触りがよくとても涼しいです。
さすがに家の中でしか着れないですけどね
619.jpg
お気に入りの化石 安かったのでもっと買えば良かったと後悔しておりました
621.jpg
コレクションの壁掛けお皿。
622.jpg
ラクダの絵柄が気に入って買ったモロッコワイン
623.jpg
アルガンオイルの専門店でオイルを購入した時にサービスでくれた・・・
泥パックで使うんだと思うんですけど、どうしたものかと悩んでおります
624.jpg

モロッコではスーパーでもらえるビニール袋 買い物袋ですが、昨年だったと思うのですが製造中止となり現在お店などでもらえる袋も在庫が尽きるまでとの事で、ほとんどのお店で袋は頂けないので、モロッコでお買い物する時には携帯の買い物袋を持っていると便利ですよ。
現地ガイドさんにどうして製造中止になったんですか とお聞きしたら 環境によくないから と簡潔な答えでした。
便利さよりも環境への配慮の決断に心打たれ感動した私でした。
日本ではどんなにエコが叫ばれてもこの決断は絶対に出来ないでしょうからね。
私も反省せねばなりません。
スポンサーサイト

帰宅

カタール航空のサービスで航空券のチケット半券を見せると・・・って話でしたが、渡すとですね。
平和島温泉と言う羽田空港から送迎バスで20分ほどだったでしょうか にサービスで泊れます。
泊れると言ってもソファーベットのようなのが50ほどでしょうか そこにお風呂に入って体が休められます。
お世辞にも良い温泉施設だったとは言えませんが、まぁー無料で行けるのなら有り難いですね。
ここでお風呂に入って少し仮眠をとって 5時過ぎに平和島の駅までテクテクと歩き 
始発で我が家へと帰りました。
616.jpg

夕方には宅配便で送ったスーツケースが我が家に届きました
スーツケースの代金はVISAカードを旅先で使うとワンコイン100円で送れる 
というサービスを利用しました。
617.jpg

とっても元気に帰って来たつもりでしたが、やはり家に帰ってくるとドッと疲れが出るんですね
早々に寝ました・・・

ハマド国際空港・ラウンジ

ドーハーに到着したのは現地時間で24日を過ぎた頃だったかな
そこからあの広々した空港を歩くんですけど 深夜って事で人も少なく真っ直ぐの道を延々と歩くと、この空港の広さに改めて驚きます。
やっと見つけた黄色のベアー
遅いから人もまばら・・・ よく見ると熊って言われなきゃ熊ってわからなかったかもね
599.jpg
ラウンジに入りシャワールームの予約を取るのにかなり苦労しましたが なんとか無事にシャワーを浴びてサッパリ
広々としたゴージャスなシャワールームでしたがを持って行くのを忘れて残念ながら写真はありません。
1つ難を言えば広々としているのに椅子がなくてちょっと使いずらかったですね。
着替え等する時に椅子があると物を置いたりできるので重宝ですからね
サッパリと落ち着いてから、行に食べたあの美味しかったサントイッチを食べにレストランへ・・・
さすがにガラガラ・・・
600.jpg
ですが24時間営業しているようで、注文すると熱々のホットサンドイッチを持って来てくれました。
今回はビーフサンドイッチです
601.jpg
スープも頂きましたが、これもまた美味しい
602.jpg
603.jpg
お腹もふくれて一段落した後はこの広いラウンジを少し探検しました
607.jpg
いろんな椅子の寛ぎコーナーがあります。
604.jpg
605.jpg
606.jpg
ここはルームかな
608.jpg
 噴水 もあります。
609.jpg
ゴージャスな階段・・・
610.jpg
上がってみるとここもレストラン
611.jpg
ガラガラですが営業しています
612.jpg
せっかくなので少し食べてみる事にしました
614.jpg
613.jpg
お腹も一杯で睡魔が襲ってきます
しかしこのまま寝てしまうと爆睡してしまって起きれなくて に乗り遅れてしまうのでは という恐怖があり私はずっと本をよみました。
ちなみにラウンジには睡眠ルームっていうのかしら寝れる部屋もあるんですが、それこそ2人して爆睡してしまい2度と起き上がれなくなってしまうと怖いですから行きませんでした。
それでもドーハー空港のラウンジにカタール航空は私の大のお気に入りとなりました
またの機会があればカタール航空に乗りたいですし、乗継便の時はドーハー経由がいいなぁーと思うのでした。
ドーハー発・6時45分6時過ぎまでラウンジで過ごし搭乗口へ向かいました。
そしてドーハーから羽田へ向けて出発です。
615.jpg
東京・羽田には23時少し前に到着しましたが、それからスーツケースを受け取り宅配で送る手続きを済ませると田舎の我が家の最終電車にはやっぱり間に合わないですねぇー

モロッコ・8日目

アッという間にモロッコ最終日
マラケシュからカサブランカへと向かいます
車窓から日の出を見る事ができました
587.jpg
3時間ちょっとでカサブランカの街へやって来ました
古い城壁で囲まれているカサブランカのメディナが見えて来ました。
588.jpg
そしてモロッコ最後の観光地はモロッコ最大のハッサン2世モスクを見学
589.jpg
モスクからは雄大な大西洋を眺めることが出来て海風がとても気持ちいいです
フェズブルー のお洒落なベンチで最後のモロッコを満喫しました。
590.jpg
観光を終えた後はカサブランカ空港へ・・・
入口から入場検査は厳しく見送りも制限されているのですが、ペットボトルの水は なんですよね。
有り難いようで不安なようで・・・エジプトと同じく不安な心境です。
591.jpg
カサブランカ空港ラウンジはとっても混雑していました。
592.jpg
カサブランカ発14時50分発に乗るために余裕をもって搭乗口へ・・・
593.jpg
搭乗口からバスで移動なんですが、バスが到着してバスがバック・・・
けっこうなスピードでバックしてて危ないなぁーと思った瞬間にガッシャーン ってぶつかった大きな音・・・・・・・
594.jpg
私達は乗用車で飛行機に行きましたが、結局飛行機は1時間ほど遅れての出発となりました・・・。
飛行機に乗る時、ほとんど人が居なかったので少し飛行機見学をしました。
595.jpg
596.jpg
スタイル抜群のお姉さんが脱出時の実演をしてくれてたんですけど、足の長さにウットリとしてしまう私でした。
597.jpg
598.jpg
カサブランカからドーハ―へ7時間10分・・・
到着は23時59分の予定だけど過ぎちゃうよねぇー

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。

モロッコ・7日目

ホテルでのバイキングの朝食 モロツコに来た日に現地ガイドさんから初日と最終ホテル以外ではジュース…オレンジジュースは飲まないで下さいと言われていた。
レストランでお金を支払って飲むオレンジジュースはだけど、ホテル等のバイキングでのジュースは水道水を混ぜているものがほとんどで、日本人はお腹を壊す可能性が高いとのお話でした。
エジプトでも氷入りのジュースや生野菜はと言われていたのでモロッコでも用心せねば と思っていましたが、ホテルの朝食も危険なのか とかなり驚きました。
お腹は強いと自負している私でしたが、やはり想像以上の暑さと疲労で万に1つでもと思うとずっと朝食ではジュース類は飲んでいませんでしたので、初めて今日は朝食でオレンジジュースを飲みましたが、毎日のようにお昼はフレッシュオレンジジュース生絞りを飲んでいたせいか 水臭くて不味く感じたので一口で止めました・・・
578.jpg
朝食の後はマラケシュの駅がホテルから近かったので駅の見学に行きました。
579.jpg
駅にはマクド ケンタッキー等の見なれたお店もありました
580.jpg
本日の最初の観光地はマラケシュのシンボルと言われるクトゥビアの塔を見に行きました。
579.jpg
それから旧市街地やジャマ・エル・フナ広場の散策です。
582.jpg
散策を楽しんだ後はレストランでランチ
583.jpg
ランチの後はマジョレール庭園の観光
584.jpg
その後はスーパーマーケットでのお買い物 等を楽しみました。
スーパーでは日本にはないザクロジャムがオススメ なんて言われたものですから皆が買いにいくものですからザクロジャムだけが完売状態
お店の人は日本人はザクロが大好きなのか って驚いたかもしれませんね。
585.jpg
ツナ缶でさっぱりレモン味のツナ缶が私のお気に入りなの って添乗員さんが言っていたので私も買ってみました。
トマト味もあったのでそれも
586.jpg
お土産屋さんよりもスーパーでのお買い物の方が断然楽しいですよね
モロッコ最後の宿泊 夕食の後は荷造りをしてゆっくりと部屋でモロッコワインを飲みました

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。

モロッコ・6日目

モロッコで一番つらい夜を過ごした
クーラーが全く効かなかった 
部屋は1階で窓を開けるのはためらわれ、自分の体温で熱くなる布団・・・寝返りを何百回とうちあまりの暑さに耐え切れずに何度もシャワーを浴びた
耐え切れず窓を開けた・・・ちょっとだけマシだけど寝れなかった
モロッコではクーラーの効きには部屋によって当たり外れが大きく、寒くて眠れない人・あまりにクーラーが効かずに部屋を替えてもらった人やクーラーを直してもらった後、部屋が水浸しになった人などトラブル続出だったようですが、あきらめずに部屋を替えてもらったようです。
私達もクーラーが効かないとクレームを入れて見てもらったら直りましたって事だったのよね
私達も部屋を替えてもらうんだったと思ってもしょうがないねぇー・・・
つらい朝を過ごして、暑さでヘロヘロになりながら荷造りをしてトットとチェックアウトした。
モロッコは初めてなので暑さに対してはどうなのかと質問されると『暑いので覚悟して行って下さい』と答えてしまうのですが、きっと季節によっても違うのではないかと思います。
私も行く前はエジプトと同じで日なたは暑くても日影に行けば湿気がないからきっと涼しいんだろうし、店内やホテルはクーラーが効いている
って思ってたんですよね。
私の個人的な意見のクーラー情報ですが・・・
しかしモロッコでは店内にはほとんどクーラーは無く、あっても広々とした店内に家庭用の馬力の小さいクーラーが申し訳程度に動いているだけ・・・ってのがほとんどでしたね。
運よくクーラーの風向きの一番近い席に座れたら御の字ですが、それ以外は暑いですね。
モロッコでは大抵がタジン鍋などの暑い料理が多いので暑さ・辛さは倍増でした

ホテルではクーラーは全室付いていましたが、効きに当たりハズレがあるので必ずクーラーはすぐに付けて確認した方がいいと思います。
それでも『これが最強です』って言われる事もありますが、季節が違ったからか
 モロッコでは夜も寒くなるほど涼しくなるって事はなかったです。
暑さ対策と窓を開けた時の虫対策は必ずしていった方がいいと思います。


話がずいぶんとそれてしまいましたが、ホテルで朝食を食べた後は映画博物館の外観を少し見学
567.jpg
そして世界遺産の要塞都市アイト・ベン・ハッドゥを観光です。
あの要塞都市の頂まで歩きましたよ
568.jpg
569.jpg
帰り道では民家訪問でお家の内部を見学させてもらったりミントティーをご馳走になったりしましたが、あまりの暑さで熱いミントティーはお断りしました。
暑い時には熱い飲み物を なんて言いますが気温も40℃を超えると頭では理解できても体が拒絶してしまうんです
570.jpg
観光後はティシュカ峠を越えてマラケシュに向かいますが途中アルガンオイルのお店とレストランに寄りました。
モロッコでしか取れないアルガンオイルの実を丁寧に手作業で実を取り出します。
571.jpg
アルガンオイルのショップの隣のレストランでランチです。
このお店もクーラーはありませんでしたが、窓を開けたら標高が高いから少し風が気持ちよかったです。
あくまでも少しですよ 
謎としてはモロッコはクーラーが無くてもほとんどのお店が窓は開けてないんです。
何故なのでしょう
572.jpg
楽しみにしていた大都会マラケシュのモカドールオペラホテルに到着です。
このホテルは連泊なので、クーラーが効かない部屋だと断固としてクーラーの効く部屋と替えてもらうぞ 
と強い意気込みで部屋に入りましたが、部屋は驚くほど涼しくて嬉しさで涙が出そうでした
573.jpg
今回の旅の夕食は全てホテルでだったのですが、このホテルはアルコール提供はありませんでした。
と言う事で近くの(歩いて5分強)酒屋に行きました。
ハッキリ言って教えてもらわなければ、ここが酒屋ってわからない場所と店構えですね。
モロッコのアルコール事情
モロッコはイスラム教ですがモロッコ産のビールも2種類あります。
アルコール提供されているお店ではフラグともう1種類↓写真のビールとバドワイザーかハイネケンが置かれていました。
バドワイザー&ハイネケンの方が輸入品と言う事で大抵100円ほど高めでした。
店内で飲むアルコールは日本と値段は変わらないですね。
ワインもモロッコ産がありますが、フランスの植民地だったと言う事でフランス産ワインを置いてあったりしました。
しかしどこのレストランでもワインの種類はそんなにはないです。
白か赤かたまーにロゼを選べる程度ですかね。
しかし酒屋やスーパーで買うとやはりお安く買えますが、何所の店にでも置いてあるわけではないですからね・・・

部屋には空冷蔵庫が置かれていたので、いそいそとビールにワインに水を冷やしましたよ。
冷たい物が飲める幸せをかみしめます
574.jpg
を浴びて、夕食を食べた後は夜のジャマ・エル・フナ広場へ行きました。
575.jpg
涼しくなってきて沢山の人が賑やかな街へと繰り出してきます。
広場を一望できるカフェへも行きましたよ
576.jpg
カフェでファンタ・オレンジを飲んだ後はフナ広場や近くのお店を楽しみました。
577.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。

モロッコ・5日目

今朝は3時起き
1週間前にで寒さ対策でフリースを持参して下さい と言われて、色々と寒さ対策を用意してきた。
しかし寒いモロッコは何所って聞きたいほどの気温
朝3時過ぎ 暑くはないだけ・・・半袖で十分だよ長袖なんて着たら暑いよって気温だよね。
お月さんがとっても綺麗な中、トヨタのランクルでサハラ砂漠へと向かいました
558.jpg
途中から道なき道をスゴイスピードで砂漠へと突入していきます
そして砂漠のオアシス 入口 に到着すると予約していたラクダさん達が私達を待っていてくれます
559.jpg
この・・・ 乗せてもらってこんな言いぐさはよくないけど、乗り心地が悪いんですよね。
エジプトのギザのピラミッドの時も思ったけど、今回は日の出の見えるポジションまで30分は乗ったかなぁー
揺れる・揺れるで怖くて片手撮影なんてとても出来ない
痛いお尻を気遣いながらも、月の砂漠を口ずさみ サハラ砂漠の移動に浸る私でした
560.jpg
雲が多くて もしかして日の出は見れないかと不安がよぎりましたが、雲の合間から美しい日の出が見れた時は本当に感動しました。
頑張ってここまで来た甲斐があったととても嬉しく・感激しました
そして来た道をに乗り戻りました。
帰りはちょっとだけに慣れましたよ
朝食は砂漠を眺めながらですがが元気一杯に出てくると暑いですわね
561.jpg
サハラ砂漠を堪能した後はホテルに戻りシャワーを浴びて 服を着替えてカスバ街道でワルザザードへと向かいました。
途中、地下水道跡やオアシスのパノラマを見ながらバスは進みます
562.jpg
563.jpg
そして切り立った絶壁でロッククライマーが遠くから訪れるとトドラ渓谷へ・・・
564.jpg
それから遅めのランチです。
565.jpg
そして映画アラビアのロレンスの撮影の舞台となった場所を見ながらル・フィントホテルへ到着です。
566.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。




モロッコ・4日目

ホテルで朝食を食べたら、今日はフェズからエルフードへ大移動です
途中、モロツコのスイスと称されるイフランへ・・・
この近辺には驚くほどたくさんのコウノトリが飛び交っており、緑も豊かで建物もとってもオシャレ
551.jpg
それから途中のオアシスでランチタイムです
ここではモロッコで最初で最後の魚料理を頂きました。
552.jpg
それからはモロッコのグランドキャニオンと言われる険しい山道を走り続けます。
553.jpg
それから化石の採石場に寄りました。
554.jpg
化石を取り出すのは大変な作業ですね。
555.jpg
もちろん販売もしています
は嬉々として見ておりましたが、私にはあまりその素晴らしさがわかりませんで
しかしは帰国してからも、やっぱりもっと買っておけばよかったと後悔しておりましたが、そんなに化石買うてどうするねん と心の中で思う私でした
556.jpg
木々が生い茂る素敵なエルフード・ル・リヤドホテルに到着です。
557.jpg
夕飯はホテルで食べて、明日早朝に向かうサハラ砂漠のために早めに休みました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。



モロッコ・3日目

ホテルで朝食を食べた後 フェズ市街地の観光へ…
まずはフェズ市街が一望できる高台へと行きました。
541.jpg
それからフェズ陶器の工房へ連れて行ってもらいました
驚くほど暑い中でたくさんの人が働いていました 本当に暑さの強さには脱帽です。
550.jpg
もちろんここでフェズ陶器を買う事も出来ます フェズ陶器と言えばフェズブルーなのですが、今はカラフルな色んな絵付けのお皿やタジン鍋やテーブルや噴水等々 なんでもござれですが、が気に入ったのはフェズブルーに鮮やかなオレンジで縁どられ、真ん中にはアラビア語でフェズと書かれているお皿です こちらを購入しました。
543.jpg
それからフェズ旧市街地へ・・・
544.jpg
旧市街地を歩きながら、その中の民家でミントティーをご馳走になりました。
545.jpg
その後も引き続き迷路のような旧市街地を散策
546.jpg
フェズ観光の後はメクネスへ・・・
メクネスでは遅い昼食を頂きました 
暑い暑いメクネスで熱い・熱いタジン鍋
547.jpg
そして暑い・熱いメクネス市内観光
548.jpg
そしてモロッコ旅行で一番過酷な観光だった古代ローマ遺跡ヴォルビルスです。
気温43℃日影がほとんどない遺跡を汗ピチョビチョになりながらの観光・・・
549.jpg
ヘロヘロになってフェズのホテルへ戻り夕食を頂きました

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。

モロッコ・2日目

ホテルで朝食を食べた後は世界遺産のティトゥアンの街へ・・・
テイトゥアンの街に降りての驚きは沢山の紫陽花の花
530.jpg
ハッサン2世広場には王宮に王様がいたのか たくさんの警官がいました。
531.jpg
モロッコにはすごく沢山のネコがあちこちに寝ていました
532.jpg
533.jpg
旧市街地メディナでスークを散策したりしました。
卵屋さん 店にはたくさんニワトリが動きも逃げ出しもせずにジッとしているのに驚きました
534.jpg
ティトゥアンの観光を終えてシャウエンへと向かいました
途中ドライヴインで1度休憩
ドライヴインでのトイレチップはどこも1DH(ディルハム)です。
トイレ使用の場合はチップはどこも1DHですが、食事に入るレストラン等ではトイレチップはいりません。

トイレットペーパー等が備え付けられていない所も なんて話もあったのでトイレットペーパーを持参するといいと言われて持って行きましたが、残念ながら私はドライヴインでは一度もトイレに行かなかったので詳しくはわからないです。
ただ、モロッコはホテル以外ではトイレットペーパーは流さないで 備え付けのゴミ箱に捨てるんです。
間違って流してしまうと、トイレのつまりの原因や逆流の恐れがあるので気をつけて下さい と念押しされました。
535.jpg
モロッコの中でも楽しみにしていた青の街シャウエンにやって来ました
536.jpg
まずはシャウエンで昼食です
ここでは残念ながらアルコールの提供はありませんでした
537.jpg
このレストランには以前、テレビ撮影で菅野美穂さんが来られたらしく写真が飾ってありました
538.jpg
食事の後はおとぎの国のような青の街シャウエンを散策しましたが、やはり人気の観光地のようで沢山のお土産屋さんに観光客で賑わっていました
それにしても暑いですよ
539.jpg
シャウエンからモロッコ最初のイスラム王朝の都フェズへ・・・
フェズではミンズ・ザラー・フェズホテルに泊まりましたここは連泊です。
夕食はホテルのレストランで頂きました
540.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。



モロッコ・1日目

カサブランカからバスで ラバトへと向かいました。
1時間半ほどバスで走り ラバト市内にあるムハンマド5世廟ハッサンの塔の観光を楽しみました。
527.jpg
観光の後はシャウエンに向けてバスは休憩を2度ほど取りながら走り続けました
ラバトから4時間ちょっとかかり22時過ぎにアトラスシャウェンホテルに到着・・・
528.jpg
チェックイン後すぐにホテルのレストランで夕食ですが、皆疲れ果てているようでした
529.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・モロッコ】を見て下さいね。

出発

早寝早起きの私・・・日付変更線が変わっても起きているなんて1年のうちでも指折り数えて数日・・・
あまりの眠さに倒れそうになりながら やっと出発。
カタール航空0時30分発です
初めてのカタール航空 ちょっとです。
512.jpg
素晴らしい 今まで乗った中で一番素晴らしい座席かも
513.jpg
小物入れの充実 右側の小物入れにはイヤホンとミネラルウォーターが入っています。
514.jpg
左側の小物入れは空でちょっとした私物を入れておけます。
515.jpg
足元入口には靴入れもありそこにはスリッパが入っていました。
516.jpg
リクライニングも簡単仕様で使い勝手バッチリ
517.jpg
なんとパジャマまで付いていました
526.jpg
524.jpg
アメニティグッズはジョルジオ・アルマーニ
ポーチの中には中にはアイマスク・耳栓・靴下・ハンドクリーム・リップクリーム・ブラシ・香水が入っています。
歯ブラシが入ってない って思ってる方もいるかもしれませんが、これがトイレには使い捨てにはもったいないほどのちゃんとした歯ブラシがいつ行ってもちゃんと補充されて置かれていました。
歯ブラシは大抵は早い物勝ち なのか数時間後には大抵無くなっていてトイレの遠い私としては困ってしまうのですが、こんなにいつも補充している航空会社は初めてです素晴らしい
525.jpg
そして11時間15分かけてドーハ―へ・・・
しかし45分ほど早くドーハ―時間の朝5時(日本-6時間)に到着
初めてのドーハ―の空港は驚きの広さです
519.jpg
乗り継ぎの飛行機を確認
518.jpg
ドーハ―発7時半まで少しの時間ですがラウンジでしばし休憩
520.jpg
そしてドーハ―7時30分発・同じくカタール航空1395便でモロッコ・カサブランカへと向かいました。
521.jpg
カサブランカには現地時間の13時25分頃に到着 (日本-8時間)
カサブランカ空港でモロッコの通貨ディラハムに両替します。
日本円からダイレクトにディラハムに両替出来ます。
本日のレートは1ディラハム11円でした。
大きなお土産屋さん等ではユーロ&ドル&円も使える所もありますが、基本的にはディラハムがいいと思います。
レストランやスーパーや屋台などはディラハムしか使えませんでしたし、使える所もディラハムに比べて割高になります。
カードは使用できる所でもJCBが使えない所がほとんどだったように思いますので(カードは一度しか使いませんでした。 危険なのでなるべく使わないように・・・と言われたので) 出来ればモロッコに行く場合はJCB以外のカードをお持ちする事をおススメします。
暑い日差しが照りつけています
お待ちかねのモロッコの旅の始まりです。
522.jpg




羽田空港・さくらラウンジ

明日の早朝と言うよりも深夜にモロッコへ行きます
いつも買うるるぶではモロッコが無かったので 色々と探し回り3冊も買ってしまいました。
の写真以外に地球の歩き方もあります。
旅行ガイドブックの王道ですが、私はあまり好きじゃあないんですよね
496.jpg
497.jpg
昼間の大雨の影響で電車の遅れ等が出ているとの事なので余裕をもって早めに羽田に向かいました。
は職場から直接羽田へ来るので空港で待ち合わせです
498.jpg
出国手続きをすませてさくらラウンジへ・・・
499.jpg
500.jpg
羽田のさくらラウンジは初めてですが、成田よりも和を強調していてシックで良い感じだなぁーと思いました。
501.jpg
502.jpg
503.jpg
504.jpg
羽田のさくらラウンジにはマッサージのサービスがないのが一番残念だったんですけど 
マッサージチェアールームがあり、このマッサージチェアーはかなり気持ち良いです
505.jpg
アルコールも豊富でつい笑みがこぼれます
506.jpg
507.jpg
はシャワールームでとりあえず汗を流して着替えてから一服です。
残念ながら写真撮影はしてきてはくれませんでした
そして旅の始まりにです
509.jpg
さくらラウンジはカレーが一番のおススメですが確かにカレーが一番おいしいですね
うどんも置いてあったので、カレーうどんとカレーライスにして頂きました
508.jpg
他にもお稲荷さんやサンドイッチ等もあります。
510.jpg
出発まで2人で呑んだくれてしまいました
511.jpg

和歌山の桃が届きました
493.jpg
494.jpg
甘い桃の香りが私を幸せな気持ちにさせてくれます
492.jpg

携帯シール

母の携帯を設定して母特別仕様の説明書をセッセと作り
可愛く携帯シールを貼りました
ちなみにシールをチマチマと貼ってくれたのは、もちろん器用なです。
思ったよりもとっても可愛く仕上がりました
488.jpg

私の携帯
489.jpg

本日午前中に母から携帯電話が届いたので、最後にアドレスを入れて宅急便で送りました
遠いと使い方を教えるのもかなり大変・・・
力作の説明書だけで使えるようになってくれるといいなぁー

ドコモ・ガラケー・P-01H

携帯の買い替え時期になりました
2年ごとに携帯を替えている我が家ですが、最近は一括0円もガラケーもとっても少なくなり探すのも大変になりました
このまま現在の携帯を使い続けるという選択もあるのですが、auで唯一許せないのが個人情報を勝手に使って電話をかけてきてセールスをする 0120944124の表示でかかってくるのですが、○○様の奥さまですか? との名前を言いながら光等のセールスを始めるんです。
私は2度目からはこの電話表示が出るとスルーするのですが、母はわからないのでその都度出て嫌な思いをしたようで・・・
ソフトバンク・ドコモと2年ごとに携帯を買い替えているのですが、こんな失礼な事をするのはauだけですよ
だから何が何でも今回は携帯の買い替えをしたかったのですが、美味しいガラケーの買い替え先が中々なくて・・・
がやっと見つけた大宮のドコモのツイッター情報 当日のみなのですがツイッターにお得な一括0円等の情報が流れて、電話で予約するとその携帯を当日限りで取り置きしてくれます。
店舗にはそういう張り紙や情報はなくツイッターを見た人のみのお買い得品のようで、この1週間ずっとP-01Hが出るのを待っていたのですが、中々出なくてあきらめていた所にP-01Hの一括0円がアップされました
は半休をとって大宮で落ち合いP-01Hをゲットしました
485.jpg
このP-01Hにこだわるのは私達の母も同じ携帯を使ってもらうので、この文字がかなり大きくなり見やすいこの携帯がヨカッタんです。
白が一番人気のようでこれは在庫1台のみとのことでした。
は4色取り置きをお願いしていたようです
白・黒・赤・金です
486.jpg
数年前までは乗り換えで数万円の金券やポイントがもらえたのですが、さすがに最近は安倍さんの意向でそういう美味しい話もなくなり今回は一括0円で出来ただけで御の字だねって言ってたのですが、帰りにさわやかなお兄ちゃんがドコモヒカリーをくれました
487.jpg

話は全然変わりますが、この担当のお兄ちゃんの歯が驚くほど真っ白なのです
そういう歯のクリーニングがあるのは聞いた事があったのですが、見たのは初めてであまりの白さに感動してお兄ちゃんの歯をかなり見つめてしまいました
ホンマに漫画に出てくるキラって輝くでした。
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク