柚子ジャム

友人が大量に柚子ジャムを作ったのよと 手作りの柚子ジャムをくれました
甘さも絶妙で激ウマのジャムでした
112.jpg
我が家の柚子 今年も大豊作 頑張って柚子酒を作らねばなりませんね
114.jpg
スポンサーサイト

ワイン・新酒

友人が山梨のワイナリーに行って新酒などのワインを買い込んで来たから とお土産に新酒のデラウェアのにごりをお土産にくれました
111.jpg
新酒は甘いので好き嫌いがかなりあるようですが、甘党の私はこの時期に出回るワインのデラウェアの新酒は大好きなんです

備長扇屋

今日は友人と初めて焼き鳥屋さん・備長扇屋に行きました
たまーにが仕事帰りの水曜日に出ている駅前の焼き鳥屋さんで焼き鳥を買って来てくれるのですが、この焼き鳥 特にねぎまがすんごく美味しいの
それ以来焼き鳥にハマっている私なのですが一度として焼き鳥屋さんに行った事がなかったので、一度行ってみたいと思い続けて念願の焼き鳥屋さんなのです
101.jpg
まずは突き出しの枝豆
104.jpg
友人はビール そして裂きイカの天麩羅 これが驚くほど美味しいのよ~ と友人おススメの一品なのですが、確かに揚げるとこんなに美味しくなるのねと驚きの美味しさです。
103.jpg
私は梅ワインなんてのを頼んでみました。
102.jpg
そして念願の焼き鳥
105.jpg
ハッキリ言うと・・・期待が大きすぎたんですね ガッカリしました
不味いわけじゃないんですけど、そんなに美味しくなかった・・・ 胡椒がやけにようさんかけてあって、私好みの焼き鳥じゃあなかったわね。
106.jpg
それでも友人との話は弾みお酒も進んで・・・ホット杏子酒
107.jpg
キャベツの塩だれ
108.jpg
つくね鍋
109.jpg
その後、飲むのと食べるのとしゃべるのに忙しくて撮影を忘れました
最後にはプリンが出てきました
110.jpg
よく食べて よく飲んで とっても楽しい時間を過ごせました。

年賀状

今年も年賀状の季節になりました
12月に入ったら買いに行こうって思ってたんですけど、に年賀状買って来てないの
って何度か聞かれたのと、昨年の余った年賀状の交換の切手の枚数などを早々に書いていたので買いに行ってきました。
99.jpg
毎年 思うのですが昨年の年賀状の交換は今年の年賀状には交換してくれないんですよね
切手ってほとんど使う事が無いからなぁー
メールのおかげできっと手紙や葉書を書く人は激減したから、よけいこういう制限がかかるのかなぁー って思ってしまいます。
今年もお箸をくれましたが、こんなの要らないから手数料引いてほしいよって思うのは私だけ
100.jpg

新聞に元日と元旦の違いが書かれていました
違いなんて考えた事もなかったのですが、1月1日の事を元日と言い
元日の朝の事を元旦と言うそうです 
だから年賀状に1月1日・元旦って書くのは、新年の朝一番でお祝い申し上げます。
って気持を表しているんだそうです。
皆さんは知ってました

椿華亭

今日はの好きなニラレバを食べに椿華亭に行きました
98.jpg
私は酢豚定食を頂きました
レンコンになんとカボチャが入っていましたが、これまた美味しい
カボチャって発想が今までなかったので、新たな発見でしたね。
97.jpg

小秋・抜糸

やっと小秋の抜糸の日を無事に迎える事が出来ました
93.jpg
検査結果もですね。
91.jpg
92.jpg
抜糸後はちょっと血がにじんで痛々しい感じでしたが・・・
94.jpg
小秋はエリザベスカラーも取れて病院通いも無事終了 
でもまた舐められると困るので、ストレスの少ない布製のエリザベスカラーはしておくことにしました。
96.jpg
後は傷口が綺麗になって、毛が生えそろうとバッチリですね
それでも元気で無事に抜糸まで過ごせました。
たくさんの励ましを頂きありがとうございました

八天堂

何の番組だったか忘れたけれど、テレビ番組で紹介されていたクリームパンが新橋駅で売っていた 
って言って八天堂のとろけるクリームパンのカスタードと季節限定品のマロンを買ってきてくれました。
89.jpg
確かにふわふわで柔らかいスイーツのようなパンでした
90.jpg
袋にはこんな紹介のパンフレットも入っていました。
87.jpg
色んな種類があるんですね。
次は小倉とメロンパンのカスタードが食べたいですね
88.jpg

小秋・病院

しばらく様子を見ても大丈夫かな なんて思ったんだけど・・・の強い希望で本日小秋を病院へ連れて行こうと車のドアを開けると、小秋はクルリとUターンしてデッキへ・・・ 『あんさん1人で行っておいで』 って感じかしらね
抱いて車に乗せて病院へ・・・包帯を外した旨を伝えて診察へ入り先生に観てもらう。。
何気に先生が小秋の傷口に貼られたバンドエイドみたいなのをパリッと剥がした
小秋の雄叫びのような吠える声が轟いた。。
私の顔をすぐさま見て『今の見ました 酷いですよね 私がこんな目に遭ってるのに助けてはくれないんですか 私はもう帰らせてもらいます』 とばかりに台の上で飛び降りモード・・・
痛いってよりもビックリしたんだと思うけど、ふだん出さない根性で帰るモードたっぷり
痛かったよね 酷いよね 驚いたよね とナデナデしながら小秋をなだめながら、以前に病院勤めしていた時に痛風の患者さんが婦長に何気に声をかけられながら、一気に靴下を脱がされて絶叫していた姿を思い出した。
あの時、婦長はじわじわ脱がすと余計に痛いのよ 一瞬の痛みで終わらせてあげる方がいいのよって言ってたっけ
結局はなんともなくテープ剥がされただけで 『大丈夫ですよ』 って言われて、ちょちょと消毒して終わり。
もうテープも包帯も巻かずにらしい。
なんかドッ・・・・・・・・・ そして小秋のご機嫌とりで散歩をしてから帰りました
85.jpg
早く完治するといいね
86.jpg

やられた(>_<)

小秋は普段は庭で放し飼いなのですが、術後とということもあり夕方からは家に入れて明るくなってから庭へ・・・
家に閉じ込められていると思い不服だったのか、庭に放した途端に走り回る小秋・・・
何故にそんなに元気なの 傷口が開いてしまうのではとの不安もありやはり繋ぐことにしました。
オヤツをあげようとデッキに行くと
81.jpg
ヒェー これは取らないで下さいねと看護師さんに言われた包帯みたいなサポーターを剥がしてる
小秋はわざと私を見ずに『あっしは何も知りませんよ・・・』って感じ。
きれいにスポッて抜けてる せやけどかなり頑丈に強いゴム仕様やし・・・偶然に抜けてしまった・・・ってのは考えにくい。
やはり小秋が取ったのか 病院に電話を入れて連れて行った方がいいか確認しようとしたら留守電・・・
そう木曜日は定休日だわ
82.jpg
傷口も綺麗だしとりあえずは大丈夫かなって思いましたが、傷口だけは死守しなくてはと思い我が家の布製のエリザベスカラーも付けてWで傷口を守る事にしました。
83.jpg
驚くほど元気な小秋・・・傷口がふさがるまでは、小秋との仁義なき戦いです。
84.jpg

小秋・退院

小秋の経過も順調のようで 朝の電話で本日退院できるとの事でした。
嬉しい反面・・・そんなにすぐに退院しても大丈夫の不安もありましたが、経過が順調なら自宅の方がストレスが少ないので退院させた方が良いとの事なので午後に迎えに行きました。
も仕事を半休にして迎えに行きました。
先生から検査結果や術後の説明を受けて、それから小秋とのご対面
77.jpg
78.jpg
79.jpg
どんなにやつれているか しょんぼりしているか 痛みでつらそうなのか 悪い事ばかり考えていたわけではないが、あまりの小秋の元気さに驚いた・・・
元気一杯 帰る気マンマンの小秋を連れて、ちょっと拍子抜けしましたが我が家へ連れて帰りました。
80.jpg
食欲も衰えることなく元気な姿にホッと一安心です。
プラスチックのエリザベスカラーが嫌そうですが、これは抜糸までは我慢して貰わねばなりませんね。

株式会社 吉野家ホールディングス

吉野家の株主優待券が届きました
76.jpg
最近の株は乱高下が凄くて・・・

小秋・入院・手術

本日の午前10時に動物病院に入院
75.jpg
元気に無事にまた我が家に帰ってくることを願うのみです。
74.jpg
手術は午後2時過ぎの予定とのことでした。
夕方6時に病院に電話くださいって事でしたが、それまでは落ち着かないですね。
夕方6時に無事に手術が終り、今は麻酔も切れてゲージでお座りもしていますよとの連絡にホッと一安心です。
明日の朝に小秋の様子を見て退院できるかの連絡をくれるそうです。
本当にヨカッタです。
長い1日でした。

柚子

今年も柚子は大豊作
69.jpg
青から黄色へ・・・間もなく収穫時です
今年もお鍋等の料理に大活躍の
70.jpg
ブロッコリー 玉ネギ  葉物 順調に成長しているようで収穫が楽しみです。
71.jpg

食欲の秋の小秋はよく食べて・よく寝ます。
足の腫瘍さえなければ・・・とつい思ってしまう私です。
72.jpg

小秋・病院

舐め壊しの場所が悪化して膿んできたので、やはり病院行になった小秋 
先生にも手術で摘出を勧められた。
も塗り薬だけで治すのはかなり難しいと考えていたようなので、最終的に手術する事を決断してきました。
飲み薬を処方されました。
67.jpg
飼い主の不安をよそに気持ち良さそうにお昼寝する小秋
無事に終わる事を祈るばかりです。
68.jpg

愛犬・小秋

何年か前に左前脚に出来た脂肪腫 今年に入り急激に大きくなり気にはしていたのですが、痛みはないようだし生活に支障もないので年齢等を考えて経過観察・・・できればそのまま何事もなくと願っていたのですが・・・
66.jpg
今週に入って舐め壊しを始めたのです
とりあえずエリザベスカラーをして舐めれない対策強化
64.jpg
以前に病院で相談したら摘出には全身麻酔の手術になると言われている・・・
どうしたらいいのか 何が最善なのか 悩める私達なのでした。
65.jpg
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク