カジュアルイタリアン?ピアンタ

1ヶ月前から女子会なんてものにお誘いを受けていて、この日までには夏風邪を治さねばなるまいと過ごしてきたおかげか、咳もほとんど治まり快調の方向だったので行く事にしました。
春から色々とお誘いを受けていたのに、リバウンドの発症等でタイミング悪くキャンセルが相次いだので今回はとちょっと力を入れておりました
レストランは予約されていてね料理もコース料理が頼まれていてとっても楽しみ
席にはパスタの素揚げが・・・プリッツの味がないバージョンのような感じかな。
8114.jpg
とりあうずは乾杯です 私は梅酒を・・・
8115.jpg
料理が次々と大皿で盛られて出てきます。 ちなみにこのお皿は3人分 計6人なので2皿ずつ出てきました。
8116.jpg
8117.jpg
8118.jpg
ワインのお替り 皆、お腹が空いていたようで黙々と食べておりました
8119.jpg
8120.jpg
8121.jpg
マンゴーカクテルだったかな。。。
8122.jpg
本命のピザパスタが出て来た時には、かなりお腹が膨れてしまって・・・
8123.jpg
8124.jpg
8125.jpg
8126.jpg
皆、お腹一杯でフィニッシュです。最後にウーロン茶とデザートなんですけど
8127.jpg
とっても可愛いデザートなんだけど、お腹が一杯過ぎて・・・
8128.jpg
久しぶりに会った友人たちとおしゃべりをして、大笑いをして楽しい時間が過ごせました。
スポンサーサイト

免許更新

咳はしつこく出るものの体調もずいぶんと良くなってきました
免許更新のお知らせが来ていたので、早々に警察署に出かけて免許更新をしてきました。
モチロン優良のゴールド免許証です
印紙3100円だったかなを購入して、を撮って教習とビデオを見ました。
8112.jpg
この本は車に入れてたまには見てくださいと言われました。
8113.jpg
無事に免許更新が出来ました。
次回も無事故・無違反で優良ドライバーになれますように

中華料理

夫婦共々つらい一週間がなんとか無事に終了しました
は私と違い体力には自信があるのでね海外旅行から帰って来て体調を崩すなんて初めてだったのでショックもちと大きかったようで 
私はと言うと熱はほとんど下がってきているようだけど(基本的に計らない・・・ 以前39℃を超えた時に見ただけでショックで倒れこんでしまった)夜になると咳が出て睡眠が妨げられて眠れない 眠れないと疲れがあまり取れないので疲労と風邪をズルズルと引きずっております
そんなしんどい中、がスタミナをつけにニラレバを食べに行こうって事で中華料理屋さん(店名を失念してしまいました)に行きました。
念願のニラレバ
8109.jpg
酢豚
8110.jpg
チャーハン
8111.jpg
この一週間は無性に甘い物を体が欲するので甘い物はいくらでも食べれるのですが、コッテリ系はまだちとキツかったです。

クオカード

書留が届いたのだが記憶に無い
なんだろうと開けて見ると〈当選おめでとう〉の文字が・・・やっぱり記憶にない。
に聞くと、カードをVISAからJCBに変えた時にキャンペーンをしていてその時に申し込んだと思うっお話なので、クオカードはにあげる事にしました。
あっあげる事にしたって言うと偉そうに聞こえるかもしれのせんが、一応 私宛に送られて来たクオカードですから・・・
8108.jpg

パッションフルーツ

ゴーヤは例年通り順調に育っていましたが、初めてのパッションフルーツは育つかどうか心配だったのですが、始めて花をつけました。
8106.jpg

疲労風邪熱で寝込んでいたはなんとか熱は下がったって事で根性で出勤していきました。
不思議な事にが寝込むと、さすがに2人で寝込めまいと言う気持ちが出るのか、しんどくてもささやかな食事を作り洗濯に後片付けと頑張っていたのですが、がこの日を境に良くなっていくのに私はこの日を境に風邪が悪化していきました
唯一の救いは暑さにもめげずに食も落ちず小秋が元気に過ごしてくれているのが何より嬉しいです
8107.jpg

お土産

友人が信州にでかけたからと言ってワインをお土産に持って来てくれました
8103.jpg

その後 稲庭うどんが届きました
8104.jpg
8105.jpg

朝は疲労困憊の体に鞭打って洗濯をしましたが、午後には疲れがドーーーーーーーーと出で動けなくなりました

私達の帰りを待ち受けていたようにが届きました
8102.jpg
この後夫婦揃って疲労と夏風邪でダウンしたので、このは本当に有難く美味しく頂きました

帰国Ⅱ

所要時間12時間の予定が1時間早くなり早朝の4時に羽田空港に到着です!
遅れてほしくない飛行機は遅れるのに、遅れてもいい飛行機は遅れるどころか時間を繰り上げて到着してしまうんですから
8101.jpg
さすが日本・・・入国手続きも荷物も全てスムーズに出てきます。
始発電車も出ていない時間に全ての手続きが終ってもちっとも嬉しくないですね
日本は7月12日 驚くような暑さですね
スーツケースは宅配便で送って身軽に帰ることに・・・
驚くことにスーツケースは当日配達されるんです
体調を大きく崩す事も無く、無事に我が家に帰って来れたのが何よりです

今回の旅行は25人と大所帯のツアーでしたが、気さくで楽しい人が多く本当に旅行中は仲良くしてもらい旅の楽しさも倍増しました
改めて心から感謝を気持ちをお伝えしたいと思います。
ありがとうございました

帰国・・・

長かった旅も終り、遅くまで荷造りをして今朝は早々に起きてスーツケースを出し異国最後の朝食を頂き、早々にリマ空港へ向かいます。
出国手続きをしてリマ発12時40分発でロサンゼルスに向けて飛び立ちます
8098.jpg
長い・長い約9時間のフライトに耐えロサンゼルスには19時20分着(ロス時間)
リマでロス経由羽田までのスーツケースが出来なかったので全員ロスでもう1度スーツケースを受け取り手続きをします ラン航空もうちょっと頑張って仕事して頂戴
出国手続きをしてロスではANAのラウンジで休憩します。
ここでもシャワー室を借りましたが、やはり羽田のラウンジにはかないませんね。
それでもシャワーを浴びてと軽食を頂き残りのフライトに向けて余力を残します。
8099.jpg
さすがANA定時の1時10分に出発です。
梅酒に軽食を頂き
8100.jpg

南米旅行・10日目

バイキングの朝食をたっぷり食べて今日は9時に出発です
8088.jpg
本日はアルゼンチン側からイグアスの滝を見学するので、国境を越えてアルゼンチンへ・・・
検問所でパスポートを提出してイグアス側を渡るとアルゼンチンです
8089.jpg
そしてアルゼンチン側からのイグアスの滝の見学です。
8090.jpg
8091.jpg
アルゼンチン側ではけっこう歩きました
今日は夜にはブラジルからペルーへ戻るので濡れないように完全防備で望みました。
蒸し暑くてちょっとゲンナリ・・・もう滝はお腹一杯って感じだわね
お昼は国定公園内のレストランで頂きました。
8092.jpg
その後、アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの3国国境地帯の観光へ・・・
8093.jpg
そしてブラジルに戻りイグアスの滝遊覧飛行へ
8094.jpg
本日は飛んでます 運転士さんを覗いて5人乗り・7人乗りだったかながあり、私は5人乗りのナント助手席(ヘリコプターでも助手席って言うのでしょうか)に乗りました。
8095.jpg
遊覧飛行を満喫した後は、イグアス空港へ向い出国手続きです。
8096.jpg
夕飯は機内食になるのですが、ラン空港の機内食は侘びしい・・・って事でおにぎり弁当も用意されていました。
いつ食べても自由ですって事なんですけど、荷物になるのでイグアス空港のカフェで食べてしまいました。
8097.jpg
イグアス19時55分発のLA2442便 リマには22時10分(ペルー時間)到着です。
その後、おなじみのホテルニューコルパックに向い最後の夜を過ごしました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・9日目

朝食を食べて9時にイグアスの滝ヘリコプター遊覧へ向かいましたが、空の模様が怪しいとのこと
本日は視界不良で運行は中止との事
しかしまぁー私達のツアーはゆとりのある行程なのでね明日もう1度チャレンジしましょうとの事であっさりとUターン。
8073.jpg
トイレ休憩を兼ねて寄った巨大お土産屋さんでショッピングタイム・・・
8074.jpg
ブラジルと言えばやはり珈琲 添乗員さんオススメの珈琲を購入
8071_20130730182141ee1.jpg
そしてブラジル・アルゼンチン・パラグアイと言えばマテ茶だそうで、珈琲や紅茶と並んで世界3大飲料の1つにも数えられているそうな そのマテ茶を飲む時に使うボンビージャというストローのような物です。
先の丸くなった所にお茶っ葉を入れてお湯の中をかき混ぜれば出来上がり
それで上からストローのように吸うそうですが、火傷しないのかちょっと心配ですよね。。。
8075.jpg
お土産屋の後には鳥園があり、ブラジルの国鳥・トゥカーノの等の鳥が飼われていて見学出来る様になっています。
ちなみに↓写真はトゥカーノではありませんよ
8076.jpg
この後は早めの昼食です本日は中華料理です。
8077.jpg
午後からはブラジル側からイグアスの滝の観光です
8078.jpg
今年は滝の上流のブラジル南部の大雨で水量は30年ぶりの大増水とも言われ、アルゼンチン側の悪魔ののど笛の遊歩道は決壊し危険水域とも言われるこの滝の観光は想像以上に水しぶきがすごくて、観光が終る頃にはビッチョリとなりました
8079.jpg
上は防水のカッパで防備していたのですが、下は無防備だったおかげでジーパンはビッチョリ・靴はチャプチャプです・・・この後、希望者はボートツアーに出かけるのですが私達夫婦はそそくさとホテルへ戻りシャワーを浴びて着替えをしました
8080.jpg
ホッと一息ついた後は、夕食までには時間があったので近場を散策する事に
すぐ近くは商店街通りのようになっていて、露天のようなお店が軒を連ねていました。
8081.jpg
南米の色鮮やかな鳥達を刺繍したランチョンマットがすごく沢山あって欲しかったのですが、まず全く英語が通じなかったのとUSが使えないようなので断念ブラジルのレアルへの両替は全くしていない私達です。
なのでお買物はあきらめかけてたんですけど、陽気なタオル屋さんのおじさんが鳥の刺繍入りのバスタオルを薦めてくれます。 しかしポルトガル語は全くわからないので、なんとなくとデスチャーのみでの会話・・・それって会話って感じなんですけど、結構わかりあえるもんなんですよね
USも大丈夫だというので、あまりの熱心さに2枚購入してしまいました。
8082.jpg
8083.jpg
近くのTシャツ屋さんのおばさんも商売っ気たっぷり やはり鳥の刺繍のTシャツを並べて分からない言葉で満面の笑みで勧めてくれますが、どれもこれもビックサイズ
大きすぎると身振り・手振りで伝えると、そりゃあ店中から探してくれるって感じ さすがにこれだけひっくり返して何も買わずに帰る勇気はないですよね・・・ 結構しお値段もお手頃だしUSなので購入しました。
8084.jpg
そしてホテルに戻り夕飯を頂いた後は、ブラジルに来たらサンバを見ねばって事でラファイン・シュハスカリア・ショーでサンバやタンゴや民族舞踊を楽しみました。
8085.jpg
8086.jpg
8087.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・8日目

朝食を食べて8時半にリマ空港へ出発です
リマからブラジルのイグアスに向うので国際線になってしまうので、またしても出国手続きをして、ペットボトルは手荷物検査の所で捨てなくてはいけませんしょうがない事だけどもったいないし、中の飲み物は高いしとっても理不尽・・・それで無駄な待ち時間だけは多いのが許されないわね
はペルーではインカコーラが結構気に入って飲んでおりました
このインカコーラはペルーではコカコーラのシェアをダントツ抜いて国内のトップシェアを誇るゴールデンコーラ・・・黄金のコーラなのです。
コカコーラを飲みなれている人にはの飲み物なのですが、飲食店でコーラと言えばペルーではこのインカコーラなのです。
お味はコカコーラよりも炭酸が弱く甘味が強いかな・・・基本的に炭酸飲料は好きではない私ですのでお味の批評はちょっと出来ないかな
8067.jpg
あまり暇なのでお店をブラブラしていると、熱心な商売上手なお兄さんにオススメされたピスコ入りチョコ
お味は不味くはありませんでしたよ
8072.jpg
そしてやっと搭乗したは出発時間の12時10分を過ぎても飛ぶ気配全くなし
8068.jpg
1時間ほど遅れてドタバタと何人かが駆け込みで乗ってきた さすがにウンザリしていたのですが、遅れて乗ってきたのは日本人・・・ 理由を聞くとサンフランシスコでアシアナ航空機が着陸に失敗した影響で乗り継ぎにものすごーーーーーーーく時間がかかったそうです。
それだけでもすごく大変だったろうと気の毒で私が待った時間なんて文句を言うと罰があたりそうなのに、スーツケースもサンフランシスコに置いた来たそうで 励ましのお言葉も見つからないですね。
ブラジルは日本とは時差が-12時間・・・ペルーとは時差が+2時間・・・到着時刻は当然予定よりも1時間以上は遅れたでしょうか・・・19時半頃だったかなぁー
ブラジル本土が窓から見えた時は嬉しかったですね
8069.jpg
ブラジルのイグアス空港は驚くほどチンケで出国手続きカウンターは1つ
そこからでホテルへ向かいました。
ホテルはスラヴィエロスイーツホテル
8070.jpg
チェックインをしてホテルでを頂きました。
8071.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・7日目

ホテルで朝食を食べて、8時半に出発なのでその前にチェックアウトを済ませて駅までテクテクと歩きます
8060.jpg
電車は8時53分発・・・構内では電車を綺麗に洗車していました
8061.jpg
行きと反対コースでオリャンタイタンボ駅からはバスでクスコへ向かいます。
8062.jpg
帰りはアンデスの山並みの絶景ポイントでバスを止めて写真撮影をしたり 途中スカイダイビングをしている人たちを見たり・・・こんな所でも人が住んでいるんだと感心をしたり・・・帰りは車窓を眺めながらアンデスの山並みを堪能しました。
8063.jpg
クスコ空港でナントちらし寿司のお弁当を食べて、15時40分発LA2072便でリマへ・・・
8065.jpg
リマ到着後は日本食レストランふじで日本食を頂きました。
8066.jpg
そしてリマでは前回と同じニューコルパックに宿泊
今日は移動の1日でした。

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・6日目

今日はお待ちかねのマチュピチュです
朝食をたっぷり食べて8時にホテルを出発です
8045.jpg
ホテルからマチュピチュに行くシャトルバス乗り場まではテクテクと歩いて5分ほどだったかな
途中沢山のワンに出会えます。
マチュピチュ村に限らず、ペルーはとてもワンが多いです。
一応はほとんど飼われているワンのようですが、繋ぐと言う事がほとんどなくほとんど野放し状態ですね
8046.jpg
マチュピチュまでのシャトルバスの道のりは中々のスリルとサスペンスの道のりで、その上スピードもとっても出ているんですよ
8047.jpg
マチュピチュ入口までは30分位だったかな
マチュピチュ遺跡の中にはトイレがないので、入口の有料トイレですませておくしかないのですが、そりゃあ驚くほどの大混雑ぶりでしたよ
私は基本的にトイレが遠いのでそんなに行く事はないのですが、たぶん今回の旅行で有料トイレはここだけだったように思います。
8049.jpg
そして遺跡の入場券を受け取りチケットとパスポートを提出して入場します
以前はパスポートはいらなかったそうですが、半日で観光を終えた人がその後に来る観光客にチケットを売却するって事が多発したために、チケットとパスポートを確認して他人に売却できなくしたそうです。
8048.jpg
午前の半日をかけてガイドさんの説明を受けながらマチュピチュ遺跡の観光です。
8050.jpg
お昼は遺跡前にあるサンクチュアリーロッジでランチです
途中から人も溢れるほどの大混雑 バイキングのレストランですが、食事代金もお味の割には美味しくない
レストラン利用者はレストランのトイレが使えますが、女子用トイレは2つしかなくここも大行列
8051.jpg
食後は自由行動でインカ道のハイキング等もありましたが、もう1度マチュピチュ遺跡をゆっくり見たいとのの希望で私達はもう1度遺跡へ入場しました。
まぁーこの時点でインカ道を歩く体力は私には残されていませんでしたが
十分マチュピチュ遺跡を堪能した後はシャトルバスで村に戻り駅前のお土産屋さんを見学です。
8052.jpg
基本的に言い値の4割位での購入ですね。
半額になるものもありましたが、それ以上は中々・・・ただ同じツアーのK氏ご夫妻は日本のお菓子をつけてこれでどうよなんてやり取りでお安くゲットしたなんてお話も伺いました。
まぁー ちょっとした会話と駆け引きを楽しみながらお買い物されるのがいいのではないでしょうか
結構お安かったので自分用にTシャツを購入
8053.jpg
8054_20130726115449.jpg
アルパカと民族衣装の女の子のキーホルダー
8055.jpg
8056.jpg
ピスコのお酒セット
8057.jpg
海外に行くと最近は必ず買うお皿・・・
8058.jpg
食事の前にシャワーを浴びたかったので少し時間の余裕を持ってホテルへ戻りました。
8059.jpg
部屋に入って電気を付けると付きません
部屋中のスイッチを入れてみましたがつきません・・・よく見渡すとどこも電気がついてない・・・お湯もでない
フロントでチェックインした時には何の説明も無くカギだけ渡された
添乗員さんの部屋に電話したが繋がらず・・・
部屋はどんどん暗くなるし、シャワーも浴びれないし・・・しょうがないので、昨日もらったバーでのピスコサワー無料チケットを持ってピスコサワーでも飲みに行こうって事になって、バーに行くと同じ理由で同じツアーの人がけっこういた。
そしたら、今日は村長選挙かなんだかでアルコールは飲めないとの事
さっき土産物屋の帰り道にお店でビール買ってはアルコール飲んでたでどこまでもガッカリの夕方となったのでした。
そして汗まみれで気持悪いまま夕飯なんだかドッと疲れが倍増した気分になる1日の終わりとなりました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・5日目

モーニングコールはなんと3時15分出発は4時半です
リマ空港からクスコへと向かいます
8027.jpg
ラン航空で搭乗手続きを済ませて朝ごはんはホテルで用意されたお弁当を頂きます
リマ空港は今回の旅行では何度も立寄るのですが、ここでスタバを見つけて同じ日ではありませんが結局スタバでこんなに購入しちゃったんですよね
マグカップ3つ タンブラー1つです
8028.jpg
8029.jpg
8030.jpg
8031.jpg
8032.jpg
8033.jpg
8044.jpg
そしてリマ発7時5分LA2019便でクスコへ・・・
標高3360㍍のクスコへ到着 すぐに酸素がなくなるわけではないのですが、何故か何度も深呼吸する私です
8034.jpg
体に酸素がたっぷりあるうちに一番高いサクサイワマン城壁跡の観光から始めましょうってことでクスコの郊外の北方1.5㌔ほどの標高なんと4000㍍の丘の上にある古代城壁跡です。
8035.jpg
絶対に走らない深呼吸をこまめにするこの2つを徹底させていたおかげか高山病は大丈夫のようでホッと一安心
見学を終えて駐車場に行くと民族衣装を来た沢山の売り子さん達 アルバかとを連れて『写真1㌦』と言って近づいてきます。
8036.jpg
お断りすると、次から次へと手品のようにあれこれと土産品を出してきます
マントや帽子・アルパカのキーホルダー等がほとんどなのですが、その中で珍しく小物入れを持っている売り子さんがいてちょっと見たのが失敗・・・その後のしつこさはすご過ぎ いくらか聞くと5㌦ってことだったので、高いのでいらないと言うといくらなら買うってピタリとくっついて離れない・・・2㌦って言うとOKだと言うので驚いたが、買わないわけにはいかなくなり結局購入
8037.jpg
この後はお土産屋さん寄ったりクスコの街並みを一望できる所での写真撮影等をしてアルマス広場へと行くとデモが大規模に行われていました。
8038.jpg
色々とこの辺りの世界遺産なども観光したのですが、このような大規模のデモを見るのは初めての私は一番印象に残ったのはこのデモ隊と警察官達かもしれない
8039.jpg
デモを見てちょっと興奮したからか、息苦しさと頭の重さを感じたので歩く速度を落として深呼吸を何度も何度もしながら昼食のレストランへ
8040.jpg
座っていると大丈夫ですねそれでも、何人かは高山病の症状が出てつらそうな様子だったので私も食後は早々にに戻り深呼吸をしながら安静に・・・
ここからで2時間ほどかけてオリャンタイタンボ駅へと向かいます。
オリャンタイタンボで標高は約2800㍍私の感覚では3000㍍以下は大丈夫だなぁーと
ここから高原列車・ビスタドームに乗って、この旅行最大の観光地マチュピチュへと向かいます。
8041.jpg
マチュピチュ村到着後はエル・マピホテルにチェックイン
8042.jpg
夕飯はホテルのレストランで頂きました。
8043.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・4日目

今日は6時半出発でパンアメリカンハイウエイを南下してピスコへ向かいナスカの地上絵の観光です
片道で約4時間・・・移動だけで往復8時間長い・長い道のりです。
途中、運転手さんの免許証等の確認する場所がありました。
地元民が体一杯に色々とぶら下げて物売りをしています。
8015.jpg
そして途中日系のドライブインでトイレ休憩です。
ペルーのお店のほとんどは高い塀の中にお店があり、が駐車場に入ると重そうな扉もガシャンと閉まります最初は治安がやはり悪いからなのかとその仰々しさに驚きました
8016.jpg
このドライヴインは日本人向けのお土産屋さんつて感じで、説明書きも日本文があるし日本語も多少は通じる
しかし、最近はさすがにもう旅行土産も飾る所がなくて買う気持ちもかなり下火になった私・・・は何も買いませんでしたが、は色々と物色しておりました。
このドライヴインは帰りもトイレ休憩で寄るってお話で、行きは下見でなんて言ってましたが、結構皆さん色々と買ってました
ゲット品
8023.jpg
8024.jpg
これはピスコと言うお酒で、ペルーの原産のブドウ果汁を原料とした蒸留酒でアルコール度数が42度だったかなあるお酒なんですが、入れ物がちょっとどうよって、私は思うんですけどねぇー
8026.jpg
11時前にピスコのに到着。。。
ここで体重を量ったりパスポートも必要手続きモロモロを済ませて、順番に乗るセスナ機を待ちます。
待っている間にナスカの地上絵の説明を受けたりしました
8017.jpg
セスナ機は7人乗り・14人乗りがあったと記憶しています。
左右の体重を考慮して機長が座る場所を決めるとの事等等の注意事項を聞きながら搭乗チケットを配られました。
今回のツアーは大人数で25人 3回に別れてセスナ機に乗ります。
ここで乗り物酔い薬を飲んだんですけど、これが後で大後悔する事になるとは・・・
8018.jpg
乗り場の売店でが見つけた石・・・ 何故かは石が大好きなのであります
そしたら、帰りのドライヴインの方が破格に安かったって悲しい思い出の石なんですけどね
8019.jpg
いよいよ初めてのセスナ機に搭乗です
8020.jpg
ナスカの地上絵に行くまでは普通の飛行だったんですけど、地上絵を見るためにあそこまで曲芸のような飛行で飛ぶとは酔う人が多数出るのも肯ける飛行時間でしたね。
8021.jpg
私も途中でデジカメの画像を眺めていたら危ないなと思い撮影中断で遠くを眺め深呼吸を何度もしましたが・・・セスナ機を降りる時に階段が3重ほどにぼやけて見えるし足はフラフラしてとにかく動悸がスゴイ
乗り物酔いとも思ったが少し違うような気もする。
セスナ機を降りて外の空気を吸ってそちらは解消されたように思う。。。だって乗り物酔い事態はたいしたことなかった・・・乗り物酔い薬の副作用ですね私は子供の頃は母の方針で薬と言うものを飲む事無く育ったので、二十歳を過ぎて始めて薬を飲んだときに効き過ぎて大変だったので、それ以降は子供分用だけ飲むようにしていた。
元々そんなに薬を飲んだりしないのですが、今回の乗り物酔い薬は一粒が大きくそれを2粒飲むと言うのは躊躇したのですが、この後乗り物酔いで4時間の帰り道は厳しいかと思い飲んだのがアダとなった・・・
強烈な眠気とフラつき・・・動機は治まらず、私はせっかくのは一口も食べれなかった
8022.jpg
その後の帰り道はずーーーーーと眠っていた
ホテル到着後の夕飯にはなんとか復活したが、2度と乗り物酔いは飲むまいと心に誓った私でした。

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・3日目

昨夜と言ってももう本日ですがとってもチェックインが遅かったので、今日はノンビリの11時30分の出発です
ゆっくりと朝食を頂いても時間があったので、ホテルの近くを少し散策しました
まずはガソリンスタンドと併設されている小さなスーパーへ
聞いてはいましたが英語はほとんど通じません
8005.jpg
近くに市場のような所が賑わっていたのでそちらも覗きました。
8006.jpg
驚くほどのどかな市場風景で人懐こいおばちゃんが話しかけてきてくれるのですが、言ってる事がサッパリパリパリわかりません 英語は全く通じず、お手上げ状態でも話しかけてきてくれるんですぅーーーー
8007.jpg
崩れそうなスーパーでもちゃんと営業しているんです
8008.jpg
お昼前にで観光に出かけますがまずはです。
ノリキーズレストラン奥様が日本人だそうで、ここでは地鶏料理を頂きました
朝、市場で見たが思い出されます。
8009.jpg
昼食後はラルコ博物館へ・・・
8010.jpg
博物館をゆっくりと見学した後はアルマス広場で大統領官邸やカテドラルを見学しました。
8011.jpg
観光の後はホテルのレストランでを頂きました。
8012.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。

南米旅行・2日目

ホテル出発は10時なのでゆっくりとアメリカンブレックファーストを頂き、その後またしても近所を散策
懐かしのセブンイレブンを見つけて入ってみましたが、外観は同じでも中はやはりちょっと違うねなんてくだらない所で、異国を実感する私・・・
8003.jpg
そして10時に集合後はまたしてもシャトルバスでロサンゼルス空港へ・・・
8004.jpg
ラン航空はツアーでは並びの席の確保が出来ない事もあると言われていましたが、なんとか並び席のチケットが手に入り、その後は空港をちょっと散策・・・
我が家の近くでは閉店してしまった小僧寿しがロサンゼルスでは頑張って営業していました
7999.jpg
そしてロサンゼルス発13時5分・ラン航空601便でペルー・リマに向けて出発です。
飛行時間はおよそ9時間・・・日本からロスまでは10時間強・・・南米は遠いのであります
8000.jpg
座席も全日空とは違い雲泥の差・・・長い・長い時間を耐えてようやくペルーに到着したのは23時45分・・・
日本との時差は14時間・・・ロスからではプラス2時間ですね。
もう時間の感覚はメチャクチャであります
閑散としたリマ空港をやっと脱出できたのは日付が変り1時になった頃でしょうか
8001.jpg
そこからバスで1時間弱のホテルニューコルパックへと向いました。
8002.jpg
ホテルには2時前到着して、それからチェックイン・・・
長い長い時間をかけてようやく南米に到着です。

ps.ペルーの空港では一応両替をしました
ペルーではほとんどがUS$が使えるのでペルーのソルは必要ないとも言われたのですが、10ソル紙幣にはマチュピチュの絵柄が描かれていて記念になると聞いていたので欲しくて交換しました。
表の男性はペルー軍の英雄飛行士ホセ・キーニョネス・ゴンザレスさんだそうです。
8013.jpg
硬貨の5ソルと2ソルにはナスカの地上絵のコンドルとハチドリが描かれていたので、こちらも記念に持ち帰りました
8014.jpg
ちなみにソルの両替が必要かと聞かれれば、ツアーで行くのなら必要ないと思います。
まず連れて行かれるところは全てUS$が使えますし、お釣りはソルでくれるのでトイレ銭が必要な場合はそのソルを使えばだと思います。
私が行った所でUS$が使えなかったのはフリーでフラリと入った屋台のようなお店と小さなお店の2・3件でした。
トイレ銭も割高になりますが1$払えばもちろん入れますよ

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。


南米旅行・1日目

0時5分発全日空1006便でまずはロサンゼルスへと向かいます
ちなみに↓写真は展望台から適当に撮った写真ですから、私達が乗ったってわけじゃあないんです
7990.jpg
今回は体力温存を考慮して大奮発のビジネスでの移動です
あっと言う間に熟睡してしまいました・・・ある意味とってももったいない
7991.jpg
同じでも、ビジネスだとアッという間に到着してしまうから不思議ですね
私は初めてのアメリカ大陸です
7992.jpg
アメリカはテロ対策のせいか入国にはかなり時間がかかります
指紋や写真撮影・・・今回はネットでESTAも取得しました。
私達はまだ1泊するのでしょうがないとあきらめもつきますが、乗り継ぎだけの場合でも必要なのですから徹底していますね。
ちなみにESTA取得には14かかります。
無事にアメリカ・ロサンゼルスに到着すると時差がマイナス16時間なので、1日に出発したけれど、到着は30日の18時20分なんですよね
そして本日の宿泊先のハシエンダホテルへはシャトルバスで向かいました。
7993.jpg
ホテルは空港から近くてバスで10分ほどだったかな
7994.jpg
ホテルの向かいはスーパーやファミレス街等のお店がたくさんあり便利な立地
7995.jpg
その中にスタバもあり、ロサンゼルスマグカップを見つけてしまいました
ロシアでマトリューシュカのカップが欲しくてすごーーーくがスタバを探し回っていたんですけどね。
探していないとすぐにあるものなんですよね
とりあえずロサンゼルスマグカップをゲット
7996.jpg
この後ロスのホテルもそうでしたが、何処のホテルでもカップが置いていなかったのでとても重宝しました

詳しくは【あゆっちの旅行記・南米】を見てくださいね。
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク