プリンター

が昨年末から欲しがっていたプリンター・・・
悩みに悩んだあげくにようやく購入
プリンターを買い替えるのとインクリボンを買うのとあまり値段が変らないってちょっとどうよって思っていたけど、プリンターを安く売ってインクリボンでその儲けをペイするそうで・・・ 私個人としてはプリンターを全うな値段にしてインクリボンを安く売って欲しいなぁーと思うのですがもその売り方は日本では全然受け入れられず売れなくて今のこの逆転現象的な売り方が主流となっているそうです。
7768.jpg
7769.jpg
新しいプリンターは両面コピーに連続コピーと色々と出来るようでご満悦の
7770.jpg
新しい電化製品に慣れるまでとっても時間のかかる私としてはちょっと気が思いのですが頑張って使いこなせるようにならなくてはと思っております。
スポンサーサイト

朝起きた時は雨だった・・・それが霙になり雪に変った
スーパーでお買い物を済ませて駐車場に出た時は一面の銀世界
7760.jpg
慌ててに帰り、小秋と遊んであげようと思ってもつれない・・・
必殺のおやつを手にして雪に投げると・・・
7762.jpg
7761.jpg
ちゃんとご飯はあげているんだけどねぇー いつまでも『まだこの雪の中にオヤツがあるんじゃないか』としつこく探す小秋
7763.jpg
7764.jpg
滅多にない雪なのでテンションの上がった小秋を連れてちょっと散歩に・・・
7766.jpg
四つ足の小秋と違い、慣れない雪道での2足歩行は大変
すぐにギブアップですが、小秋はかなり楽しかったようです
7767.jpg

自家感作性皮膚炎

想像以上に今年の冬は寒くて乾燥が酷い
旅行中も旅行後も大きなリバウンドもおこらずに無事に過ごせて嬉しい限りなのだが、酒さ様皮膚炎を発症させた原因の自家感作性皮膚炎が悪化し始めた・・・
これを抑える為に安易にステロイドを使い大きな代償を支払う事になった私・・・
もうステロイドは使えない・・・使わないで頑張ってきたので、特効薬ではないけど何も塗らないよりはマシなので久しぶりに病院に行ってベシカム軟膏を貰う事に・・・
久しぶりに会った看護婦さんもなんとあの口の悪い先生も『綺麗な顔になった』とすごく喜んでくれた。
確かに今の倍以上に赤鬼もビックリなほどに腫れあがりただれた顔。。。本当によくここまで治ったと一緒に喜んでくれる先生と看護婦さんの言葉に思わず涙がこぼれそうになった。
今も全くリバウンドがない訳ではないが、たまに目の下が少し赤くなる程度・・・
しかしベシカム軟膏を塗ると1日か2日で治まる程度・・・腫れるのは昨年の9月が最後だったかな
自家感作性皮膚炎は免疫の病気なので完治は難しいとの話なのですが、酒さ様にかかる前に比べれば症状もマシの様に思えますし、何よりもあの酒さ様皮膚炎のリバウンドに比べれは耐えられない事はないだろう・・・
先生には痒い時は叩くか保冷剤で冷やすかにしないさいって言われたけど『先生、こんな寒いのに背中とかに保冷財で冷やしてたら心臓止まってしまうよ』なんて笑える余裕もあります。
ずいぶんと良くなって来ていたのでもう病気のことは書くつもりはなかったのですが、年末からお正月にかけて酒さ様皮膚炎で何人かの人が度々ブログに訪れているようなので書く事にしました。
きっとつらい・つらいお正月を過ごされたんでしょうね。
沢山の闘病記や治療方法を読み病院を変えたり、薬を替えたり、漢方を試したり・・・あらゆる事をして治る手がかりを探している事とお察しします。
確かに簡単には治らないし、特効薬もありませんでしたが必ず治ると思います。
人によってステロイドの強さによって治る年数は違ってくるようですが、ステロイド使用年数×1.5~2倍の年数はかかると言われました。
私の場合は2年近く使用したので3年~4年の覚悟が必要と言われた時はかなり絶望しましたが、その年数ビッチリと症状があるわけではなく、良くなっている時もあるし2度目・3度目とリバウンドの度に症状は軽減していきます。
そして、リバウンドの間隔も広がっていきます。
だから決してあきらめないで、心を強く持って過ごして下さいね。
7759.jpg

お土産

昨日も今日も洗濯・洗濯・洗濯
スゴイ眠いのに時差ボケで夜眠れなかった 
今年初めての5時起きでお弁当を作りました。
も時差ボケでつらそうでしたが、頑張って本日初出勤・・・
すごく眠いしフラフラの本日ですが、昼寝とかするとまた夜眠れなくなりそうで頑張って後片付けをした。
毎回たいして買ってないように思うお土産だけど、毎回片付けがてら撮影するとあるある
7744.jpg
7745.jpg
7746.jpg
旅行記を作成する時に重宝する本ですが、これが結構重いんですよね重量オーバーの一因になってしまいます。
7747.jpg
そして重量オーバーの一因のもう1つがアルコール
悲しい事に闘牛の角がポキリ・・・
が慌てて瞬間接着剤で補修してました。
7748.jpg
7749.jpg
7751.jpg
7752.jpg
ピサの斜塔を支えるスヌーピーのTシャツ
7750.jpg
食べ物類
7753.jpg
7758.jpg
ナポリだったかで、クルーズの前で黒人さんが一生懸命売りに来た一品・・・
木彫りでしっかりしていて、ちょっと気に入った私は値段を聞いてサヨナラ 40は高いやろ
同じツアーの新婚さんの若奥様もちょっと気に入ったほかったけど・・・15位なら買ってもいいけど・・・と言うことで2つで30で交渉最後まで渋っていけど交渉成立で
私のは3つ入れる所があるけど2つ4つ色々な種類がありました。
7754.jpg
7755.jpg
いつものマグネット・・・
7756.jpg
そして今回一番最低のスプーン・・・ 箱に入ってたのを購入したんだけど、もうひび割れ・割れ等がある粗悪品
7757.jpg
その他も多少ありますが、やっぱり色々と買ってますね

帰国

長い・長い飛行機も間もなく成田国際空港に到着
7743.jpg
16時頃に無事に成田に到着です
入国ラッシュでかなりの混雑を覚悟していましたが思ったほどではなく入国したが、しかしスーツケースが中々出てこず・・・ しかし長い旅で仲良くなった人達とお別れの挨拶ではジーンとしてしまう
無事にスーツケースも出てきてここから我が家へ・・・
頑張ってが車を運転してくれました。
日本は驚愕するほどの寒さ
我が家は冷蔵庫のように冷え切っておりましたが、無事に帰宅できて何よりです。
2週間ぶりのはやっぱりいいですねぇー。

クルーズ旅行・13日目

最後の朝を迎えました。
名残惜しくウィンジャマカフェに行き、なパンケーキを3枚・・・残念ながらレーズンは無くて今日はのパンケーキ
てんこ盛りのフルーツも食べて、更にもう1度名残惜しげに取りに行き・・・ お腹パンパン。
7738.jpg
食後に甲板に出てクルーズもお終いだなぁーとしみじみ。。。
7739.jpg
下船してスーツケースを確認してバスでバルセロナ空港へ向かいます。
昼前には到着したバルセロナ空港・・・出発は15:50分です。時間をもてあまします
ちょっとバルセロナ市街で自由行動の時間でもとってくれればいいのになんて思いながら、バルセロナ空港でお土産みたりお昼食べたり・・・
ここで食べた・・・スパゲティーとピザが一番失敗がないかと思って食べたけど、今まで食べた中で一番高かったのに一番不味かった
7740.jpg
ルフトハンザ航空1129便・15:50分発でフランクフルトへ・・・
7741.jpg
フランクフルト18:10着
覚えている限り乗り継ぎ便での旅行は新婚旅行以来かなと思うのですが、やっぱり乗り継ぎは時間のロスに体力のロスを考えるとウンザリしてしまいますね
フランクフルト空港ではドイツに来たらビールにソーセージでしょって
ホンマによう食べる
せやけど、ここのソーセージは美味しかった
7742.jpg
そしてやっとフランクフルト20:45発 全日空210便で帰国へ・・・

クルーズ旅行・12日目

本日はチュニジアの代りに行く事になった、スペインのマジョルカ島に寄港しました。
最後の観光なのにドンヨリ空・・・
バスでバルデモサの村に向かいました。
小高い山の上にあり登っていくとおとぎの国のような村が見えてくるのですが、残念な事に山の上は・・・
それでもバスを降りて石畳の美しいおとぎの国のような村を歩いてカルトウハ修道院へ向かいます。
7731.jpg
カルトウハ修道院ショパンとジョルジュ・サンドの愛の逃避行地として有名な所だそうです。
かなり空いていて中もゆっくりと見学する事が出来ましたが、生憎のでせっかくの景色も中庭もイマイチだったのが残念。
7732.jpg
7733.jpg
修道院見学の後は村の散策自由行動でしたが、なんだか閑散としていて・・・
この村の名産のパンをご馳走になったり、お土産屋さんを見たりして時間をつぶしました
7734.jpg
この後、港近くの大聖堂へ・・・
下界に下りるとていました。
やっぱり青空だと気持ちがいいですね。
こちらの大聖堂でもガウディー作の鉄製の天蓋や装飾のステンレスを見学しました。
7735.jpg
大聖堂見学後は船に戻り遅めの昼食をたっぷりと頂きました。
ここ2年程は大好きなポテトフライを止めて摂生していたんですけど、今回のクルーズでは毎日のようにてんこ盛りでポテトフライを食べてしまいました
帰国してから体重計に乗るのがちと怖いですね
でも旅先ではやっぱり食べなきゃね
7736.jpg
そして荷造りです。。。。
今回は移動がないので、スーツケースの荷物を全て出していたので荷造りも本格的です。
スーツケースは本日の23時までにドアの前に出しておかなければなりません。
毎回お土産はたいして買ってないように思うのですが、荷造りするとけっこうあるのよね
今回は荷物も結構多かったので、はキツくなったスーツや、全然着なくなって洋服ダンスに眠っていた服等を持って来て捨てて帰る算段でしたから帰りは余裕なんて考えていましたがけっこう重たい・・・
そして最後のディナー
7737.jpg
最後はウェイターの歌や行進等もあり盛り上がりました。
毎日決まった座席で決まったウェイターがサービスしてくれます。
本当にしもうぜって気持ちで毎日気持ちよく楽しく接してくれたウェイターさん達には感謝の気持ちで一杯です。

詳しくは【あゆっちの旅行記・スペイン】を見てくださいね。

クルーズ旅行・11日目

今日はチュニジアのチュニス港への寄航予定でしたが、アメリカ大使館襲撃事件でチュニジアへの渡航禁止となり急遽スペインのマヨルカ島へ変更となったので本日も終日クルーズです
いつものように朝のストレッチで体をほぐしウィンジャマカフェで朝食
7712.jpg
クルーズも後半になってくるとクルーズショップ内のセールが結構多くあり、午前中には10ドルがあると言うので覗いて見ましたが・・・
時計のは結構盛況でした。
7713.jpg
セントラムでは社交ダンス教室が
昔、母が社交ダンスにのめり込んでセッセと教室に通っていた時は冷ややかに眺めていましたが、こういう所では優雅に踊れると素敵だろうななんて思ったりもする私でした。
7714.jpg
そして今日はもう【下船についての説明会】があります。
旅ももう終盤なんだなぁーとしみじみと感じますね。
分かりやすく・丁寧に何度も何度も同じ事を繰り返し言い・用紙にして渡し説明を繰り返します
本当に添乗員さんは大変だなぁーと
7715.jpg
1時間ほどで説明は終わりました。
無料のイベントに出ようとイソイソと出かけた私達でしたが、クルーズ通信の書き間違え(日本語版は添乗員さんが訳して渡してくれるやつです)で場所が違い何故かアートオークションでスパークリングワインをご馳走になりながらオークション見物
7716.jpg
その後はウィンジャマカフェで
7717.jpg
天気がとってもいいので外で食べると気持ち良さそうなのですが、さすがに海風は冷たいですね
7718.jpg
ブラブラするのも飽きて部屋でを読むことに・・・
くつろいでを読んでいると甲板がちょっと騒がしい
なんだろうと窓から外を眺めると
7719.jpg
は急病人が出てヘリコプターが来るんだよって言うけど私はちょっと半信半疑・・・ でも航路も逆戻りしてスピードもかなにアップされてる・・・
7720.jpg
これはスゴイ・・・ここの部屋からならヘリコプターがバッチリ撮影出来るじゃないと思いカメラを構えて待機する私。。。
館内放送で前方デッキは立ち入り禁止との放送が繰り返し流されている。
これはヘリが間違いなく来ると夫婦でカメラ構えて窓に張り付き状態。。。
私達の部屋は前方の左から3つ目の部屋なんです。
ほぼ真正面から見る事ができます。
7721.jpg
Uターンしてからかなりの時間が経ってやっとヘリコプターの音が聞こえてきた。
しかし上空を旋回してすぐには着陸しないのか出来ないのか
7722.jpg
あーヘリコプターが着陸し始めました妙に興奮する私・・・軍のヘリコプターなのか普通のとはちょっと違う感じ
こんなに忙しい時に部屋を叩く音がする・・・ヘリの音で中々気づかなかったけどずーーーーーーーーーーと叩いてる。 撮影に忙しいのでシカトしてたんだけど、スゴイしつこい
あっ もしかして仲良しになったMちゃん夫妻かも 私達の部屋からなら見れると思って来たのかも・・・と思いに出てもらった。
そしたら英語で言い合う声が・・・ 部屋から出てくれって言ってるとの事・・・丁度ヘリ着陸で撮影に忙しい私・・・中から人が出てくるって構えた時に腕を掴まれて外に出るようにたくされた
思わず日本語で『スカート履いてないのに外になんて出れないでしょ』と言ってもレギンスだったんだけどね。 ゆっくりゆっくりスカートを履いていると引きずり出された
隣の部屋のファミリーの兄弟達もデジカメ持ったまま追い出されたようだ
兄弟達が抗議してその人の気をひいてる時にお姉さんが弟をサッと部屋に入れた高校生位かな・・・4人いたけどかなり粘っていたが、弟もまたしても追い出されて部屋のルームカードの所にはレッドカードがさされた
さて、部屋からはデジカメ握り締めて出て来ただけで何も持ってないしデッキは全て出入り禁止になっているようだし・・・カフェにでも行くしかないのかなぁーと思って歩いているとMちゃん夫妻に会った。
ヘリコプターを見ようと最上階からずーーーと開いているデッキを探したらしいが、何処にも出られず見れなかったとの話・・・私達は部屋から追い出されたけどもう大丈夫かなって事で4人で部屋に行ったら、前には屈強そうなお兄さんが部屋に入れない様に見張っている。
先ほどの兄弟達は部屋の前で4人地べたに座って入れるのを待っているようだ。。。めげない若者達だ
行く所のない私達はMちゃんご夫妻のご好意でバルコニー付きのお部屋に招いてもらいました
やっぱりバルコニー付はいいですねぇー
7723.jpg
そして飛び立つヘリをバルコニーから撮影させてもらいました。
7724.jpg
Mちゃんは毎晩バスタオルで作られている動物達を全て取り置きしてあり、部屋はバスタオルのぬいぐるみであふれていた
ルーム係の人に作り方まで教えてもらったと私達の部屋では作ってもらったことのないお猿を作って披露してくれました。
7725.jpg

ヘリコプター騒動ですっかり時間が経ち、ディナーの時間が迫ってきた。。。
本日はフォーマル仕度をせねばなるまい。。。
しかし自分はともかくとして、着飾った子供達というのはなんと愛らしい
7727.jpg
ディナーの最中も今日のヘリコプター騒ぎでの話題に集中でした。
7726.jpg
今晩は頑張ってショーを見に行きました。
7728.jpg
7729.jpg
7730.jpg
ショーの最中に船の揺れが大きくなってきたので部屋に戻る事にしました。
やっぱり大型客船ってのは全然揺れないんだなぁーって思ってたんですけど、始めてこの日は午後から揺れ始め夜にはかなりの揺れに・・・
夜横になっていたので酔わなかったけど、昼間起きてた時だとちょっと厳しい揺れかたでした。

詳しくは【あゆっちの旅行記・マルタ島】を見てくださいね。

クルーズ旅行・10日目

元旦は終日クルーズでノンビリデーです。
始めての海外でのでは年が明けたぞぉーって気分にはならなかったですねぇー
とりあえずはフィトネスで朝のストレッチ
毎日出たわけでありませんが、1日交代で男性・女性のインストラクター2人がやってくれるのですが、これが中々の美男美女なんですの ヨガ教室もあったけどこちらは有料で10㌦ 決して高くはないけどお金払ってまで・・・と思うと有料のイベントや催しには参加しなかったですね。。。
そして朝食を食べた後はウィンドショッピング
結構色んな物が売っていますが結局は何も買わなかったです。
買う物がなかったとも言います
7703.jpg
この後はパブで無料のカード作り教室があったので参加しましたが、中々本格的なカード制作キットを頂いて大満足の楽しい教室でした。
ここでは仲良くなったMさんが本日目出度いだと聞いていたので、バースデイカードを作成しました
7705.jpg
この後は旅行会社主催のニューイヤーパーティーがありました
美味しいカクテルや添乗員さんからの差し入れの日本酒にお豆にお饂飩の心づくしを頂きながら何故か旅行も終盤にさしかかって自己紹介をしました
7706.jpg
7711.jpg
色々と個性的な人が多いからか話題の事欠かないメンバーでの旅でしたが、昨日のカウントダウンパーティーでもちょっとした出来事があったようで、そのお話で盛り上がる私達数人のグループなのでありました

はいつもウィンジャマカフェのバイキングで頂いていたのですが、今日はダイニングでニューイヤーブランチって事なので、始めてお昼にダイニングに行ったのですがものすごい人・人・人
並んでやっと入ったダイニング・・・フルーツや野菜のカービングは華やかで素敵でしたが、とにかく混雑していて落ち着かないし、今日はダイニングもバイキングのようだし(いつもはダイニングだと座席に一品ずつ運んでくれます)一皿サクッと食べてウィンジャマカフェで食べなおしする私達でした
7707.jpg
その後ちょっとクルーズ内を散策したりしましたが、このままでは夕飯がとても食べれないと思いフィトネスに行き運動する事に・・・卓球やバスケやビリヤードやプールやパットゴルフ等もあるんですけどね。
7704.jpg
夕飯はたいしてお腹がすいてなくてもちゃんと頂きます
7708.jpg
毎晩ワインもフルボトルで飲みましたし・・・
ちなみにクルーズではアルコールは全て有料です。
持ち込みも不可でかなりチェックもされますが、そこはやはり色々と裏技があり私達は焼酎と果実酒を持ち込みましたが、部屋でノンビリ飲む時間はなかったのでほとんど捨ててきたのが現状です
アルコールは免税でお手軽なお値段でなんて書かれていましたが、私個人的な意見では高かったと思います。
グラスワインだと9ドル前後だったでしょうか・・・銘柄によって全然違います
ビールも8ドル前後かなぁー
なので、私達はちょっとお徳になる10本購入をしました。
これは5本・10本・12本・・・と色々あり、日本で言う松竹梅のコースがあります。
プラチナ・ゴールド・梅がなんやったかはちょっと忘れちゃったけど、一番お安い梅コースでも350ドル(サービス料等全て込み込み値段)ほどしました。
それでも、やっぱりワインがあるとの美味しさも格別ですからね。
7710.jpg
食事の後はイベントも色々とあったようですが、やはり睡魔には勝てない私でした
7709.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・マルタ島】を見てくださいね。
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク