クルーズ旅行・9日目

今年最後の寄港地はマルタ島のヴァレッタ港です。
7690.jpg
朝食の後は港からほど近い世界遺産のヴァレッタの旧市街を観光しました。
7691.jpg
7692.jpg
7693.jpg
7694.jpg
ざっと観光地を午前中観光した後は自由行動です
とりあえず小腹が空いたので軽くを頂きました。
とても楽しいウェイターのおじさんのレストランで楽しい昼食を頂きました。
7695.jpg
食事の後は旧市街の繁華街のお店を見て回ったり、海岸沿いや展望台を見て回りました。
7696.jpg
7697.jpg
歩き疲れたのと、本日の夜はフォーマルと言う事で時間に余裕を持って船に戻りました。
喉が渇いたのでクルーズ船のカフェに行き飲み物をと思っていたのですが、ついついデザート等の余計な物も食べてしまう私達でした
7698.jpg
大晦日の本日は特別メニュー
7699.jpg
7702.jpg
本日は夜通しカウントダウンパーティーがあると言うので夜は苦手な私もすぐには部屋には戻らず、ダンスを見たりカジノを覗いたりもしましたが、遅いランチでもワインをフルボトル1本・・・ディナーでも1本 7700.jpg
7701.jpg
やっぱり寝てしまいましたとさ

詳しくは【あゆっちの旅行記・マルタ島】を見てくださいね。
スポンサーサイト

クルーズ旅行・8日目

本日はメッシーナ港に寄航です。
ここはシチリア島 マフィアで有名な島でありますって、私のシチリア島に関する知識がそれしかないんですけどね。
ゆっくりの朝なのでフットネスセンターで朝のストレッチを受けてからウィンジャマカフェで朝食ををと移動の時にシチリア島が見えてきました。
7679.jpg
今日の朝食はのお気に入りを紹介しましょう 
他にも色んな種類のドーナツがあるんですけど、このが大のお気に入りのようで毎日のように食べてました
7680.jpg
メッシーナ港の入口では、金色の【手紙の聖母】が私達を出迎えてくれます。
7681.jpg
快晴の中、私達はバスでメッシーナへと向かいました。
7682.jpg
途中から道が狭くてバスが通れなくなるので車に乗り換えて高台へ・・・
途中、木々の合間から見える景色は素晴しいです
7683.jpg
まずはギリシャ劇場 ここから眺めるタオルミーナの景色は絶景です。
それからノーヴェ・アプリーレ広場に・・・ここから眺める景色も素晴しい
7684.jpg
7685.jpg
広場で解散して自由行動です。
美しい景色を堪能し、名産品等を見て楽しみました。
日曜日で年末・・・お店はほとんど開いてないでしょうと添乗員さんに言われていたので嬉しい大ハズレ 何故かお店はほとんどオープンしていました。
7686.jpg
何度も何度も何度も集合場所を説明していた添乗員さん・・・それは必ず遅れて来る人がいるから 集合してからトイレに行きたいとかよく言うし だからあんなにしつこいほどトイレは集合時間までにお済ませ下さい。集合場所は○時にここです その努力も空しく遅れて来る人数人・・・ その中でも何10分たっても戻って来ない人1人・・・この人の場合は1人で旅行に来たということ自体がちょっと信じられない・・・ 82才83才で、歩くのもちょっとおぼつかず空港ではずっと車椅子でした。 当然歩く時は杖をついて観光されるのですが・・・・・・・・・・・・・
1度お話した時に『私最近ボケてるようで、着替えを下ばっかり入れてきちゃって上の洋服が無いの・・・』って言われたんですけど、ちょっと返答に困りました。
当然旅行に参加させた旅行会社が悪いと言う会話があちこちで聞かれました。
今回のツアーには他にも82才かなのご夫妻がいらっしゃいましたが、健脚で元気一杯で年齢を聞いてもちょっと信じられないほどです。
エジプトの時にも80代のご夫妻がいましたが、毎日1万歩のウォーキングをしており元気で皆に迷惑をかけないようにと健気なほど心がけていましたし、当然集合時間に遅れたり迷惑をかけたりする事などありませんでしたので、今回初めて旅行会社の決めている規約の中にツアーに参加できる条件と言うのがあるのかなぁー・・・仮にあったとしても断る事があるんだろうかと謎が残りました。 
まぁー 探しに行った添乗員さんが無事に保護して帰って来たのでヨカッタ・ヨカッタでしたけどね。

お昼過ぎにメッシーナ港に戻ってきたので少し近くを散策しました。
7687.jpg
ちょっと暑いほどの陽気 ヨーロッパの冬は寒いと思っていた私には、本当にイタリアは驚きの国ですね。
美味しそうなアイスクリーム屋さんを見つけたのでアイスクリームを頂く事に これが種類も豊富で美味しい
7688.jpg
船に戻って遅めの昼食を食べて(後で夕飯のためにお昼は抜いた)って話を聞いて、私も食べなきゃよかったと後悔・・・
7689.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・イタリア】を見てくださいね。


  

クルーズ旅行・7日目

本日はナポリ寄航です。
思ったほどの疲れは残っておらず一安心・・・旅先ではやはり気がはっているからか結構ハードスケジュールでもこなせてしまったりするが、帰国してドッと疲れが出ることが多い しかし今回は夜遅くまで観光という事もないし、荷物の移動もないので時間的にすごく余裕があり体力的に楽なのが嬉しい
私のように体力に自信のない人間にはピッタリの旅だなぁーと実感する
食事もグーですし 朝から毎日モリモリと食べてしまいます。
朝一番のお気に入りはレーズンのパンケーキと出来立てのオムレツとメロンとスイカ これが激ウマで毎日食べてました。 オムレツはトッピングも選べてその場で焼いてくれるんです。
毎日・毎日オムレツを焼いてもらいに行くからか、1度チーズを言い忘れたら『今日はチーズは』なんて聞いてくれたりもします。
クルーズ船内で働いているスタッフは本当にサービス精神旺盛で楽しませようって気持ちがあふれていて毎日エキサイティングな気持ちになれます。
7670.jpg
ナボリを見てから死ね なんて言われますが、船室から外を眺めるとちょっとワクワクする景色が広がっています。
7671.jpg
出発は9時 バスで1時間ほど走りポンペイの遺跡へと向かいました。
ポンペイ遺跡は広大で想像よりもたくさんの遺跡が残っており感激しました。
またヴェズーヴィオ山と遺跡のコントラストの美しさ・・・本当に素晴しいですね。
たぶん1日中ポンペイにいても飽きる事無く見学出来ると思うのですが、時間の制約があるのが本当に残念です。
7672.jpg
広大なポンペイ遺跡の観光を終えてお土産屋さんのある広場へ・・・ 
あちこちに見かけられるレモン 大きなレモンから見慣れたレモン色々あります 乾いた喉を潤すのに名産のレモンジュースを 甘味をつけて飲み易くしてあるので美味しいけど種が多い
7673.jpg
この後はバスに乗ってナポリ名物のボンゴレスパゲティーを食べにレストランへ・・・
ここナポリはピッツア・マルゲリータ発祥の地と言うのでピッツアもせっかくだから注文して頂きましたが、昨日食べたピザの方が美味しかったかな 後ナポリ名物の【ラ・クリマ・クリスティ】って言うワインこちらもフルボトルでお願いしました。
食べた・飲んだ お腹一杯です。
は何故かボンゴレスパゲティー2人前食べたし 本当に今回の旅はよく食べている私達です。
7674.jpg
ナポリは治安が悪いと言う話なので、港近くの大通りを少しウロウロしてお土産屋さんをちょっと覗いて粗悪品を買っちゃってクルーズ船に早々に帰りました。
ちょっと食べ過ぎの私達は夕食に備えて船内を散歩 広い船内は結構楽しく散策できます。
甲板に出ると綺麗な夕日と景色が広がります。
7675.jpg
7676.jpg
7677.jpg
しかし夕飯は思ったほどお腹が空かず・・・ それでもちゃんと食べてしまうから怖いですね
ちなみに夕飯は前菜・主菜・デザートとあり、その日の数種類のメニューから好きなのを選べます。
前菜は何種類頼んでもよくて、たいてい2種類ほど頼みます。
最終日に全メニュー頼んでいた人がいましたけど、さすがに食べられず悪戦苦闘しながら同テーブルの人間に手伝ってってと頼みまくっておりました
7678.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・イタリア】を見てくださいね。

クルーズ旅行・6日目

本日のフリータイム 
は ずーと【真実の口】に行きたいって言ってたんですけどね 私は・・・・・・・ それに昨日歩きすぎてかなり疲れているけど、このまま船でノンビリ過ごすのも確かにもったいないし、今後ずーーーーと行けなかったって言われるのも嫌なので、根性入れて朝食をモリモリ食べてシャトルバスでチベタベッキア駅へ向かいました。
シャトルバスを降りてすぐ近くにチケット売り場があったんですけど閉まってた
しょうがないので駅の窓口で買うことにしました。
7651.jpg
駅の窓口は英語が通じます
ローマテルミニ駅までの往復を2枚買ったら、昨日のチケット売り場では12だったのに、駅の窓口で買うと10だった・・・ 自販機で買うともっと安く買えるのだろうか
7652.jpg
通勤時間だからかローマ行きの電車の本数は思ったよりもたくさんありました。
7653.jpg
今日もお天気が良いいし絶好の観光日和 8時2分発に乗ってローマへ・・・
7654.jpg
1時間半ほどでローマテルミニ駅に到着 驚きの広大な駅です。
7655.jpg
どこから出ればいいのやら出た所は何処なのかしばらくはGPSでもうまく現在地を把握できなくてウロウロ・・・
7656.jpg
公園を通り抜け・・・
7657.jpg
通りの名前を確認しながら真実の口を目指してテクテクと歩きました。。トラムを横目に・・・
7658.jpg
途中、教会や遺跡を眺めながらローマの街並みを楽しみました
7659.jpg
7660.jpg
昨日見学したコロッセオが見えてきました
7661.jpg
コロッセオ驚愕の大行列・・・真実の口もどれ位並んでるのかなぁーと考えるとちょっとブルーに
7662.jpg
の歩きが早くなります それでなくても身長差が約30㌢・・・ 彼の2歩と私の3歩でなんとか追いついて歩けるのです。 それに足腰ちょっとガクガクモードでかなりつらい私・・・最後の気力で歩きましたよ
やっと見えてきました 
7663.jpg
思ったほどは大行列してないですね。
7664.jpg
この中に入れると20分ほとですね。 この後、外も大行列・・・危機一髪ですね。
後に並んでいた中国人の男の子と交代で写真を撮りあいました
彼は現在ノルウェーに留学中の22才だそうで英語はペラペラ日本にも京都・東京・北海道に遊びに行ったと言っておりましたが、とても好青年で反日のテレビで見る中国人とはずいぶんと違っていました。
7665.jpg
真実の口での撮影を終えた後はもれなくサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の中に入るようになっていて、上手く誘導されて1で地下聖堂も見学させられました
7666.jpg
その後はお土産屋さんで真実の口のレプリカをいそいそと購入する
その後はコロッセオを見学して高台の公園を散策しながらローマテルミニ駅へ向かいました。
7667.jpg
7668.jpg
さすがにローマテルミニ駅に着く頃には足はガクガクで腰はくだけそうになっておりましたしお腹もペコペコでしたが17時までには船に戻るように言われていましたし、イタリアの鉄道はよく止まったり遅れたりする事もあると添乗員さんから何度も言われていたのでとりあえずチベタベッキアまで戻ることにしました。
帰りの電車ももうホームに入っていてスムーズに帰れたので、チベタベッキアの駅近くで遅いランチを頂く事に・・・
ちょっと路地裏のレストランでしたが、とても陽気な女性に誘われて入りましたがこれが大当たり
片言の英語しか喋れないと言いながら、身振り手振りでお話してくれます。
私達も片言の英語しかしゃべれないと伝えるととても嬉しそうに、それでもジャポネラヴと言いながら娘が以前に岩手県に行った事があるなんてお話をしてくれたり、チベタベッキアには日本ゆかりの教会がある話などをしてくれまて、私達が昨日見に行ったと言うととても喜んでくれました。
ビールとワインで乾杯しながら、イタリアと言えばパスタにピザという事で1つずつ頼んだけどすごいボリューム・・・だけどスゴイ美味しい
7669.jpg
お腹一杯で大満足 お値段も間違えているのではと思うほどお安く、とても幸せな気分でお店を後にしました。
イタリアはボッタクリやスキミング等も多いと聞いていたし、かなり今回は対策もしていた・・・だけど当然だけどそんな人ばかりじゃあないんですよね。 私はとっても親切で温かいレストランで一気にイタリアになったのでありました
この日も軽く2万歩超え 明日起き上がれるか・・・心配な私でした。

詳しくは【あゆっちの旅行記・イタリア】を見てくださいね。

クルーズ旅行・5日目

朝7時頃にチビタベッキア港に寄港しました。
早朝から観光に出かける人を横目に恒例になった朝のストレッチをし、その後はウインジャマカフェでバイキングの朝食
私達の観光は午後からで時間がたっぷりあったのでチビタベッキア港近辺を散策する事にしました。
港の一番端に止まっていた私達のセレナーデ・オブ・ザ・シーズ・・・
7636.jpg
その後には私達の船よりもはるかに巨大なクルーズ船が
しかし船が大きいから当然なんだけどねこの港沿いを歩くだけでもかなりの距離
7637.jpg
港を出るまでにも軽く1㌔以上はあったと思う・・・そして驚く陽気
7638.jpg
明日のフリーにはローマに行きたいと言うの希望でチビタベッキア駅の下見に・・・
途中、ちょっと遠回りをしてしまったせいでかなりの距離を歩かされたがなんとか無事にチビタベッキア駅に到着
7639.jpg
その後、日本聖殉教者教会に行きました。
教会の中では子供達が演劇の稽古をしていてかなり驚きましたが、邪魔にならないように見学しました。
7640.jpg
午後の観光出発の時間を考えると船に戻らねばならない時間です
せっかくなので海岸沿いを歩いて戻る事に・・・それにしても暑い
7641.jpg
広場には巨大な人形が
7642.jpg
商店街で日本語発見 嬉しそうにパチリと1枚
釣り道具屋さんでした
7643.jpg
マクド発見 喉カラカラだったし疲れていたので甘い物が飲みたくてシェイクを買いに入りました
7644.jpg
その後はシャトルバス乗り場でこれに乗ると船に帰れるのではと思いましたが[MSC]のシャトルバスばかりで、私達の船のシャトルバスがよくわからずやはり歩く事に・・・はっきり言ってものすごく疲れた
船でチェックインする時に歩いて駅まで行った話をしたら『オー クレイジー』と言われた・・・
万歩計は午前だけで軽く一万歩を超えていました
急いで昼食を食べて 13時にフロント前に集合してローマへ向かいました。
ローマまでは1時間強だったでしょうか・・・
ヴァチカン市国
7645.jpg
コロッセオ
7646.jpg
トレビの泉・・・ローマの観光客はシーズンオフとは思えないスゴイ人・人・人でしたが、トレビの泉は凄すぎて絶句しました 泉・・・見えへんし わざわざここに来る前に【ローマの休日】を見て、私もトレビの泉で寝転がって記念撮影でもとかアホな事を考えておりましたが泉の前に行くだけでも大変・・・
7647.jpg
スペイン広場やサン・ピエトロ寺院等もまぁースゴイ人でビックリ さすが世界に誇る観光地ですね。
この後はチャペルコンサートだったんですけどね、これがハッキリ言わせて頂くと最低でした
7648.jpg
そして皆 冷え切った体とペコペコのお腹でDa Pancrazioレストランへ・・・ここは古代遺跡を利用した良い感じのレストランでイタリア民謡を歌って聴かせてくれるんですけど、これが素晴しかったし・楽しかった
大盛り上がりで、同じツアー客の人も歌うは踊るわで何度も何度もアンコール
さすがに最後の方はお店のウェイターさんがちと嫌な顔をしておりました
7649.jpg
7650.jpg
長い・長い楽しくて有意義な一日が過ぎていきます。
いつもは早寝の私もこの日は夜更し・・・今日1日で歩いた歩数はナント3万歩超え 
過去最高かも・・・ それよりも足腰ガクガク・・・ 明日起き上がれるかしら こういう時は湯船にゆっくり浸かりたいなぁーとシャワーしかない船室で眠りにつく私でした

詳しくは【あゆっちの旅行記・イタリア】を見てくださいね。

クルーズ旅行・4日目

朝7時頃にイタリアの要塞都市リボルノ港に寄港しました。
8時半にクルーズのフロントに集合して花の都フィレンツェへ向かいます
2000人に滞在客の大半が観光に出かけるので船から出るのもちょっとした混雑・・・港にはてくさんの観光バスが待機しています。
7627.jpg
バスで2時間弱ほどでフィレンツェに・・・
フィレンツェでは世界遺産の歴史地区の散策やルネッサンス絵画で有名なウフィッツィ美術館ドゥオモを見学しました。
7628.jpg
7629.jpg
7630.jpg
7631.jpg
はフィレンツェ名物をBaroncelliレストランで頂きました。
7632.jpg
昼食の後は、今回の旅行でを争うほど楽しみにしていたピサの斜塔へ・・・
短い滞在時間で運良くピサの斜塔に登る事が出来るチケットを手に入れられたので、頑張って登ってきました。
7634.jpg
近くで撮ると傾いてるのがわからないわね
7635.jpg
楽しかった観光を終えてクルーズ船へ・・・

詳しくは【あゆっちの旅行記・イタリア】を見てくださいね。

クルーズ旅行・3日目

この日は終日クルーズの一日です
1日のスケジュールは前夜にベットにCRUISE COMPASSで知らせてもらえす。
7616.jpg
モチロンこんなのが私に読めるはずありません(エラソーに言うセリフでもないですが・・・) 添乗員さんが日本語に訳したスケジュールを配ってくれるんです
早速7時半~フィツトネスでやっている【朝のストレッチ】に参加する事にしました。
基本・船内でのイベントやショーはほとんど無料ですが、たまに有料も有りその場合は横に値段が記載されています。ちなみに私達が乗った船はアメリカの船なので船内は米となり、乗船のお客が全て持つシーパスカード・・・これは部屋の鍵&財布となりこのカード1枚で船内のお買い物が全て出来ます。
支払いは乗船手続きの時に記載したクレジットカードでの引き落とそれます。
7620.jpg
私達の部屋は7階の一番前のお部屋・・・フィトネスは12階です。
クルーズでは食事が何回でも頂けるので運動不足&デブまっしぐらと聞いていたので、私達はエレベーターは使わずに歩く事に決めて必ず歩くようにしましたが、まずは階段までも遠い・・・
7612.jpg
7613.jpg
ちょっと早かったので10分ほどウォーキングをしてからストレッチをしました
金髪のスレンダー美女の先生でした
7617.jpg
軽く朝の運動を終えて朝食会場に・・・11階にバイキングスタイルのレストランと4階・5階にメインダイニングがあります。
どちらで食べてもOKなのですが、私達はバイキングレストランオンリーで朝食を頂きました
種類も豊富で中々美味しいの
7614.jpg
その後は船内散策ツアーに参加して、広い広い船内を楽しみました
7618.jpg
7619.jpg
セントラムではサンタさんが子供達にクリスマスプレゼントを
7621.jpg
シアターでは、クリスマスのホリデーショータイムが
7622.jpg
そして夕食のディナーはフォーマルです
カジュアル船だと思って大した事はない・・・と思っていたのですが
やはりクリスマス気合が入っていました。
子供達は超ラブリー
7624.jpg
ディナーはクリスマスメニュー
7623.jpg
食後はセントラムでダンス
7625.jpg
酔っ払いでシアターのクリスマスのショータイムを見に行きましたが睡魔に勝てずそのままお部屋でバタンキューの私でした
7626.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・スペイン】を見てくださいね。

クルーズ旅行・2日目

今朝は8時半の出発・・・ 昨晩が強行軍で遅かっただけにちょっとつらい朝
昨夜はバルセロナ到着は真っ暗だったので異国情緒が全く味わえなかったので、カーテンを開けてスペインに来たぞぉーって気持ちを味わおうとワクワクしながら外を眺めたが異国情緒全くなし
7604.jpg
ヨーロッパにしては豪華な朝食を朝からモリモリと頂き、楽しみにしていたサクラダ・ファミリアへ・・・
バス車窓から見られるガウディーの建築物の数々 ガウディーの街バルセロナと言っても過言ではないですね。
観光バス規制が厳しいので、かなり手前からバスを降りてサクラダ・ファミリアへ・・・さすがに見えてきた時はちょっと感激しましたよ 
7605.jpg
生で見るサクラダ・ファミリア 今なお建築途中のこのサクラダ・ファミリアは2026年のガウディー没後100周年に完成予定だそうです。 その時にもう1度行きたいですねぇー
7606.jpg
サクラダ・ファミリア観光後は、エウゼビ・グエイ伯爵とアントニ・ガウディの夢が作り上げた分譲住宅跡のグエル公園へ・・・
7607.jpg
公園の散策の後は、ランブラス通りにあるサン ジョセップ市場へ・・・
ナントここで同じツアー客がアイフォン(結構デカイやつで私のタブレットと大きさほとんど同じ・・・その大きなアイフォンでずっと写真を撮っていました)を盗まれたそうで
7609.jpg
買い物の後はお待ちかねのクルーズ乗船です
噂どおり乗船手続きには大行列が出来ていてかなりの時間がかかりました。
1時間近く並んだでしょうか・・・並んでいる間はタブレットの漫画を読んで時間をつぶしていたので待ち時間はあまり気になりませんでした
7611.jpg
このクルーズのお値段の安さのは、添乗員さんが言うにはクルーズ船が古い(就航年2003年8月)のとカジュアル船で豪華客船とは違う事そしてシーズンオフで、以前はこの時期にエーゲ海をクルーズする船はなかったとか・・・モロモロの理由があるそうですが、私はこのクルーズ船セレナーデ・オ゛ブ・ザ・シーズを見ても全然古いとは思いませんでしたし、気持ちのワクワク度はだったかも
7610.jpg
やっとの思いで乗船・・・しかし乗船後は結構忙しく、慌しく昼食を頂いた後は避難訓練があります。
以前は参加しない人もいたようですが、イタリアのクルーズ船座礁以来うるさくなり全員参加が徹底されているそうな・・・そして荷物を片付けたりしているとアッという間に夕食の時間
ドキドキのディナーの席は決まっていて同じツアー客の人達と同じテーブル(大人数なのでテーブル数は4つありました)なんですけど、たまたま隣に座ったご婦人が添乗員さんに『私、あんな狭い部屋は耐えられません! あれじゃあスーツケースも満足に広げられないわ』 しまいには、絨毯の柄も気に入らないとか 私は内心《広い部屋がよければスイート泊ればいいのに・絨毯気に入らなければ買ってくればぁー》と思いながら耳がどんどんダンボになっていった。
そしてトドメは『私 こんな気分でお夕飯なんて頂けませんわ お部屋に帰らして頂きます』ときたもんだ。。。 気の毒な添乗員さん・・・
だいたい団体旅行となるとトラブルメーカーが1人いたりするものですが、今回の旅は2日目でトラブルメーカーやなぁーと思える人がすでに数人 添乗員さんのこの先の苦労が偲ばれます。
ちなみに添乗員さんは女性でテキパキとしたエキゾチックな美人 このH添乗員さんは2度目ですが素晴しい添乗員さんですよとの大ファンのお客様もいらっしゃいました。
クリスマスムードたっぷりのクルーズ初日でしたが、寝不足と疲れでアルコールがまわり早々に爆睡してしまった私でした

詳しくは【あゆっちの旅行記・スペイン】を見てくださいね。

クルーズ旅行・出発

集合時間に近くなったので集合場所へ行きスーツケースを預けたりのチェックイン作業を済ませて添乗員さんから挨拶や注意事項を聞きます。
今回は老若男女36人37人だったかなの大所帯です。 
若男女は少数なんですけどねまぁークルーズですからこれは予想していましたが、中々個性的な人が多そうですな・・・どんな旅になるのか 旅の幕開けです。
全日空209便フランクフルトに向けて出発
まずはワインで旅の始まりを乾杯
7599.jpg
フランクフルトまでが12時間強・・・ 飛行機も10時間を超えるとかなりつらいんですよね。
7601.jpg
7600.jpg
フランクフルトに現地時間で16時35分着(時差8時間)かなりヘロヘロで乗り換えです
ルフトハンザ19時発1134便でバルセロナへ・・・
食欲をそそらないパンが出た 眺めただけで手をつけなかった・・・
7602.jpg
2時間弱の20時55分にバルセロナ・・・そしてフロントエアーコングレスホテルに到着
7603.jpg
体力の乏しい私はもうバッテリー切れ 部屋の鍵をもらってそそくさとエレベーターに乗り込むも添乗員さんの注意事項がまだ続いていた
私ともう1人名前がなんと一字違いのMさん2人でエレベーターに乗ったままだった。
Mさんの優しいだんな様が『先に部屋に行ってていいよ』なんて優しいお言葉・・・致し方なくかも先に行っていていいとのお言葉 2人でエレベーターを閉めて階数を押すがエレベーター動かず・・・何度も何度も挑戦するが何故か動かずロシアのようにカードキーを差し込むのかとも思ったが差し込む場所もない・・・Mさんと2人開いたり閉じたりするエレベーターで悪戦苦闘 エレベーターが厭くたびにチーンって音がするからかなりヒンシュクだったのではと思うのだが、1度乗ったエレベーターからは絶対に降りないとの強気のMさん パッと見た感じはとても可愛いキュートでシャイに見える彼女だが、中々ユニークで気さくな彼女との出会いは旅の楽しさを倍増してくれるものとなった。
結局は暗証番号を押してから階数を押さないと動かないと言う驚きのエレベーターだったのです。
疲れも吹っ飛ぶほど大笑いをしながら2人で部屋へ・・・
すごーーーーく疲れていたけど、クルーズではシャワーのみなので湯船にお湯をはり日本から持参したバスクリンを入れてゆっくりと今年最後のお湯に浸かりました
そして小腹が空いたので日本で多量買いしたおにぎりを食べて持参した焼酎で飲みを飲みバタンキューで眠りました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・スペイン】を見てくださいね。

成田空港

さていよいよ出発です
いつものようにたっぷり余裕を持っての出発・・・余裕の3時間近く前に到着・・・
成田空港はクリスマスムードたっぷり
7593.jpg
7594.jpg
お腹が空いた私はレストランに食べに行こうとを誘い和食のお店を探していたんだけど、何故かオムライスに目が奪われを食べる事にしました。
7595.jpg
7596.jpg
はカレーライス・・・
7597.jpg
それでも集合時間まで余裕なのでラウンジで寛ぎタイム
は朝からもうビールです
7598.jpg

嬉しいプレゼント

年末年始に始めて出かけるクルーズ旅行
今までのスーツケースでは荷物は入り切らないという事で新に大きなスーツケースを買いなおした。
それでも重さを重視して大きさの割りに軽いスーツケースなのである
それでもマックスの23㌔を超えたので、出したり入れたりと最後まで荷造りは悪戦苦闘している所にが・・・
旅行会社からでクルーズの客室の事で連絡があったのです。
話は少しそれますが、始めてエジプトでナイル川クルーズに乗った時にその楽さとクルーズの素晴しさを見聞して私も1度本格的なクルーズ船に乗って旅してみたいと夢見ていました。
しかし、クルーズ=高いと思っていた私に今回のこのクルーズのお値段はかなり驚愕でした
クリスマス~お正月と12日間のクルーズでこのお値段それでも普段私達が行く旅行にしてはちょっと高い・・・どうしようかと悩んだあげくやはり行く事にしたんです。
お部屋は一番安い内側ツイン 
はせめて窓のある部屋の方が・・・と渋っていたのですが、海側ツインだと1人5万円高で×2で10万円高になるこれでは予算オーバー
以前クルーズを熱心に勧めてくれた添乗員さんが部屋は一番安い内側ツインで十分ですよ昼間はレストランや甲板・・・楽しめる所ね寛げる場所もたくさんありまからねとの言葉を信じて割り切っていたんです。
そして話は本題に戻って旅行会社からのは私達が予約した内側ツインがオーバーブッキングしていて、客室が海側ツインに変更になったとのお話だったんです モチロン追加料金などは無く内側ツインの料金で海側ツインのお部屋って事で私達はもう最高のクリスマスプレゼントをもらったようで嬉しくて2人で祝杯をあげたのであります
旅行の楽しみも倍増・・・イタリアの旅行本を眺めながら最後の荷造りへ突入です
7591.jpg
7592.jpg

頂き物

美味しそうなみかんが届きましたが食べきれるかな
7587.jpg
そしてお菓子・・・
7589.jpg
7588.jpg
お気に入りのだし醤油
7590.jpg

唐庄酒家

今年最後の友人との 前回美味しかった中華に再度出かけてチャーハン制覇を
今回は炙りチャーシューチャーハンだったかなぁー・・・今回はちょっと かなりトーンダウン
7585.jpg
混んでいたからだと思うけど、前回みたいにラーメンもチャーハンも熱々じゃあなかった
これが大きな敗因かなぁー 一気に心も冷めて3種類のチャーハン制覇もこれで終了だなと思う私でした。
しかし3人で話は大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごしてきました。

友人が連休に信州に出かけたからとワインを買って来てくれました
7586.jpg

干支

この時期になると大叔母から干支の手書きの絵が送られてきます
今年はナント4枚も送られてきました。
絵も字も上手な大叔母・・・絵も字も下手な私としては羨ましい限りなのです。
7581.jpg
7582.jpg
7583.jpg
7584.jpg
大掃除が一向にはかどらない私ですが額縁を綺麗に拭き、干支はちゃんと入れ替えて新年の準備を始めたいと思います

柚子酒

今年も大豊作の柚子
やっと根性を入れて柚子酒を作りました
むくのが大変なんです。
7580.jpg
今年は超簡単 柚子茶の作り方を見つけたので柚子茶も挑戦してみます

株式会社 ココスジャパン

優待券1000円とココス5%割引カード・・・そして配当金なんですけど
いくらだったかなぁー・・・
7578.jpg
7579.jpg

株式会社 ノジマ

株主優待の割引券と配当金900円(税引)が届きました。
7577.jpg

日本庭園

ニューオータニーに日本庭園があったので寄ってみる事にしました
紅葉が綺麗でした
7572.jpg
7573.jpg
7574.jpg
7575.jpg
成人式の写真かな 笑顔がキラキラと輝いていて思わずこちらも笑顔になりました。
7576.jpg

株式会社リンガーハット・株主報告会

記憶にない株主報告会の入場券が届いたのは1ヶ月ほど前でしょうか・・・
7562.jpg
7561.jpg
が楽しいらしいから1度行っておいでって事で勝手に送ってくれていたのが当選したようです。。。
当日は雨気持ちはかなり萎えていましたが、根性で赤坂見附のホテルニューオータニーまで出かけました。
またこのニューオータニーが迷路のように広い駅からよりも、ホテル内に入ってからの方が迷い時間がかかる有様でした。
7563.jpg
初めての体験でドキドキでしたが、隣の方は80才で株主総会などはあちこち出かけていると言う強者で5月は毎日のように何処かの株主総会に出かけていたとかこういう人がいる事は聞いてたけど隣にいるとちょっと驚き・・・何よりも年齢よりも若々しくてシャキシャキしているのが素晴しい
13時から始まった報告会は最初は会社のあゆみや業績などを見た後に会長・社長などの挨拶と業績や今後の目標等の話がありました。
7564.jpg
7565.jpg
私はリンガーハットは大昔に2度ほど行った事があるだけでリンガーハットが豚カツ屋さんから始ったとか、現在の野菜と麺の小麦粉は全て国産に切替えているなんて事は始めて知りました。
安いチェーン店は今やお米も中国産に切替えていく中、国産に切替えていき近々には餃子の皮の小麦も全て国産化にしたいと言っておられました。 国内の農業の活性化・そして自給率の上昇を熱く熱く語っておられましたが、これにはすごい感銘を受けました。 私も全てとはいきませんが経済的に許す限り国産を買うように心がけています。 
この後30分間の株主の質問受付があったのですが、30分もそんなに質問する人なんていないよ・・・って内心で思っていた私には驚きの質問タイムでしたね。
時間が足りないほど それでも何が言いたいのか趣旨がよくわからない質問が多い中でも、株主様様でどんな事柄にも真摯に応対しますって態度で臨む姿は生で始めて見るとスゴイなぁーと・・・感心するやらあきれるやら
ちょっとナナメからひねた見方しか出来ない私でした。
その中でも一番の驚きは大きな声で矍鑠と名前と年齢を名乗られたご婦人がいたのですが、なんと90才でまぁーそれはそれはスゴイ叱咤・・・激励もちょっとあったかなぁー
その後は隣で長崎チャンポンや浜勝のチーズカツ・そしてニューオータニーのデザートを用意しているとのことでしたが、抽選で人数を絞ったと言っても700人・・・の人間が一斉にガッツクんですから凄かったですね。
7566.jpg
もう満員電車のような有様で豚カツと長崎チャンポンを頂きましたが、豚カツは時間が経っていたせいか冷めてキャベツの水を吸ってとても美味しいといえる代物ではなく、長崎チャンポンはずーーーーーーーと温めてたからか煮詰まっていて一口食べたらそれ以上箸は進まなかった これが先程自慢していた国産のチャンポンなのか・・・と気持ちがトーンダウン。。。どちらも申し訳ないけど一口でご馳走様・・・
7567.jpg
7568.jpg
果物やスイーツもあったようですがとにかくもの凄い人で食べ物の争奪戦は驚愕の一言。 
10分もたたないうちに会場を後にしました。
初めての株主総会・・・株主報告会ですね。良い勉強にもなりましたが、これが最初で最後かなぁー
お土産に角煮を頂戴しました。
7570.jpg
7569.jpg
ホテルの入口のクリスマスツリーがちょっぴり心を和ませてくれました。
7571.jpg

スターゼン株式会社

株主優待券・レストランローマイヤ店の20%オフ券が届きました。
姉妹店が日本橋にもあるんですけどこちらでは使えないんですね
日本橋店の方がお手頃で良さそうなんですけど・・・
セコイですよねぇー。。。
7560.jpg

プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク