大阪土産!

ダーリンが大阪へ出張♪
関西帰省した時にビックリするほど店舗が増えている551のお店・・・ここにもあそこにもあるやん!って感じなんですけどね。
そこの豚饅とシュウマイを買うてきてくれました(*^m^*)
6550.jpg

小秋の傷口もずいぶんと落ち着いてキレイになってきて一安心です。
6549.jpg
スポンサーサイト

誕生日

こんなにつらい誕生日を迎えるのは初めてかも・・・と思えるほど凹んだ誕生日を迎えた。
リバウンドの症状は思ったほどには回復せず気持ちは焦るばかり・・・
友人と行く恒例の誕生日温泉旅行もキャンセルを決めた(~_~;)
なんとか28日までには・・・キレイに治らなくてもせめて行けるようにと願ってきたのに。
キャンセルはダーリンに行ってもらった。
本当にダーリンには迷惑のかけ通しで頭は垂れる一方である。
早退でキャンセルの手続きをしてきてくれたダーリンは私の大好きな米八のお弁当を買って来てくれました(≧∀≦)/
6547.jpg
6548.jpg
大きな口が開かないので、小さく小さくしてスプーンで食べました。
久しぶりに食べた米八のお弁当はとても美味しくてダーリンに感謝♪しながら涙が出る誕生日でした。

小秋!入院

以前から小秋の背中にプチッとイボ?脂肪腫?みたいなのがあって、大きくならなければ大丈夫とお墨付きを頂いていたのですが、最近は気になりだしたら止まらない?それとも痒みか痛みがあるのか、気づくとすぐにガシガシと齧っていたんです・・・気にかけて止めさせてたんですけど、見えない所に行くとガシガシやってたようで・・・ちょっと傷をつくって気になる状況でしたのでダーリンが病院に連れて行ってくれました。
帰って来た時には小秋はいませんでした━━(= ̄□ ̄=)━━!!
全身麻酔でそのイボ?脂肪腫?を芯まで摘出するために1泊入院となったようです。
表面だけ取る事も可能のようですが、それだと芯が残るので再発するとの事だそうです。
次の日の午前中にそそくさと小秋を病院に迎えにいってくれました。
小秋は『酷い目に遭うてしもたやん!(`ヘ´)』って・・・(~_~;)
6538.jpg
ずいぶんと切られちゃったのねぇー。
痛々しい姿の小秋・・・抜糸は一週間後です。
6539.jpg
甘えた倍増!食欲は落ちていなくてちょっと一安心でした。

ダーリン誕生日♪

この一ヶ月は、どれほどのご迷惑とお世話をかけたか・・・
ダーリンは何もいらない!と言ってくれるが、せめてケーキでも買ってお祝いしようと、帽子を深くかぶりサングラスをしてマスクもしたかったのだけど、さすがにそれじゃあ反対に危なすぎる人になるので、帽子とサングラスで病院帰りにケーキを買いに寄りました。
もう、心は犯罪者の心理・・・ 帽子をこれ以上深く被れないというほど深く被り大き目の黒のサングラス!そしてうつむき加減でケーキ屋に直行!
大好きなフルーツタルトを買ってそそくさと我が家へ・・・
日々のお礼をこめて、ささやかなお祝いをしました。
ケーキはすごーーーーく美味しかった(*^m^*)
6535.jpg
ダーリン♪ 心からの感謝をこめて・・・

酒さ様皮膚炎 3

またしても篭りの生活が始まり、顔は前回とは比べ物にならないほど腫れ上がり続けました・・・v(≧□≦)v・・・
同じ脱ステの人の闘病記やブログ・その他を読み漁って、両目が開かないほどはれあがる人もいるんだ。なんてその時は他人事のように考えていた私・・・
6日には更に腫れ、目は線と言うよりも糸のように細くなり回りが腫れているからか目が窪んでいった。
夜になるとその窪んだ目にリンパ液がタレ流れて難儀した×××
7日には私も左目は開かなくなった・・・そして8日朝・・・目覚めると目が開かなかった・・・ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
とりあえず這うようにして洗面所に行き、顔を洗ってリンパ液のこびり付を取るのだけど、もう顔中ひび割れだらけで悲鳴をあげるほど痛いのv(≧□≦)v もう生き地獄ってこんな感じ?かしら・・・なんて思いながら糸の様な目をメイ一杯広げて生活するのはとっても疲れる。
夜眠れないので、朝か昼にちょっとうたた寝する。
食べるのも大変・・・顔を動かすとあちこちのひび割れが悲鳴をあげて絶叫したくなるんだけど、絶叫すると口の両端も割れるから絶対に絶叫は出来ないのよね。
2回目のリバウンドが一番つらい・・・その通りでございます。
よく皆様耐えてらっしゃる。。。とどの人の闘病記を読んでも褒め称えてあげたい気持になる。
8日の腫れをピークに少しずつ・少しずつ腫れはひいていきましたが、赤鬼もビックリな真っ赤な顔はそのまま・・・顔中のひび割れも劇的に治る事も無く、これが一番つらいかなぁー。
しかしダーリンが弱酸性で洗うと痛みも和らぐ!と教えてくれたので、私でも出来そうな弱酸性の水作りを始めた。
クエン酸小さじ1杯に1カップの水!
これを大さじ2杯(私は適当)程度を洗面器に入れてぬるま湯に混ぜる。
簡単これで出来上がり♪
痛みが全く無くなる訳ではありませんが、これでかなりましに洗顔が出来るようになりました。
それでも一日の中で洗顔・・・と言ってもぬるま湯ですすぐだけなのですがこれが一番の苦行であります。
次は突然襲ってくる無秩序な痒みでしようか・・・(*´-д-)フゥ-
お風呂に入ると夜布団に横になるとお決まりごとの様に襲ってくるんですよねぇー。
お風呂上りには、以前友人がプレゼントしてくれたオリーブ油を数年前から使っています。
傷口には流石にしみますが、化粧水やありとあらゆる物が使えなくなった私は今もオリーブ油だけは大丈夫で使用しています。
お風呂上りに全身に薄く延ばしながら体に塗ると痒みがスーーーーと引いていきます。
保湿にもなりかなり◎です。
6533.jpg
しかし、この春から愛用していたオリーブ油も大きく値上がり━(= ̄□ ̄=)━!!
値段は上がるし、量は減っているし・・・これから冬に向けて消費量が増えるので、もう少しお手頃な代用品が無いかと探していて見つけたのがコレ(*^m^*)
6534.jpg
そりゃあ何よりも気に入ったのがお手頃なお値段♪
まずは足から使ってみましたが、全然大丈夫のようo(^▽^)o 徐々に使う場所を広げて、顔と首以外は現在はこちらを使用しています。
15日頃には懐かしの二重瞼が少し戻ってきて、あー治りだしてるのね!と喜ぶと、赤く腫れた炎症が首に下がってきている。
17日には熱を持ったように顔から首まで真っ赤というよりも、ドス赤く腫れ上がった顔から首にガッカリ(´_`。) 一進一退××一喜一憂××の毎日が続きます。
一体 何時治るのか? この腫れはどこまで広がるのか?
手首にも腕にも少し症状が出ているが、広げてなるものか!と戦っている。
首は戦いに一戦目にあえなく敗退して、赤黒さを増し腫れ続けている(~_~;)
二戦目は負けてはなるまいと鏡を見ながら心に誓う。。。
ここまで耐え忍んだのだから、絶対に後戻りだけは出来ない! 前進するのみよ!なんて強気な事を言いながら、ベソベソと泣く私もいる。
泣くと傷口に沁みるし、これ以上目を腫らしてどうすんねん!と自分に突っ込みをいれる。
必ず治る・・・これは信じている。(信じてないと耐えられない)
しかし何時とはわからない・・・このまま2度目が長引けば、そのまま3度目のリバウンドに突入した人もいるようだ×(◎o◎)×それだけはご勘弁を!と願いながら復帰の目処の立たないまま、職場を続けるのも難しく仕事は辞める事になった。
パートとはいえ、長年勤めたので色んな感情もあるがとにかく治す事に専念しようと決めた。
治る事を夢見る、健康のありがたさを心から感じる毎日であります。

博多明太子

友人がお土産を持ってきてくれました。
せっかく来てくれたのに、会う勇気がまだまだ持てない私であります(~_~;)
6530.jpg
色々と入っていて、どれもご飯のお伴にピッタリ(≧∀≦)/
6531.jpg
我が町の名産品?の梨も入ってました(*^m^*)
6532.jpg

大英博物館 Ⅱ

本の分厚さは全然変らないのに何故か200円も高くなっている(`ヘ´)
どうしょうか悩んだが、図書カードがまだあったのでダーリンにお願いして買ってきてもらいました。
6529.jpg
まだサラリとしか読んでいないけど、エルギン卿が持ち帰ったアクロポリスの丘そびえるパルテノン神殿の彫刻の持ち帰り方・・・お持ち帰りというよりも、それはもう略奪以外の何者でもない凄さだと関心する。
神殿からわざわざ彫刻の装飾を剥がしてイギリスに運んだのだからスゴイね。
6536.jpg
6537.jpg
これをイギリス政府が買い上げたのだから、まぁー略奪の博物館と言われてもしょうがない所もあるのだろう・・・見ただけの感激とはちがい、その入手方法にも歴史がありそして現在進行形でギリシャ政府が返還を求めているのだから解決されていない歴史がここにあるのだと実感する。
いつの日かギリシャのアクロポリスの丘にそびえるパルテノン神殿をこの目で見てみたい♪という夢が叶う頃には、この彫刻たちは長い時を経てパルテノン神殿に帰っているのだろうか?

Canon G9

新しいデジカメを購入してからはめっきり活躍の機会が減ってしまったG9だったけど、イギリスではダーリンが使う♪と言う事で大きな活躍の場となるはずだったG9・・・
イギリス旅行4日目・・・エジンバラでの朝、G9はウンともスンとも言わなくなった。
昨日の夜まではご機嫌で何らおかしな事は何もなかったのに・・・ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
予備のバッテリーに交換しても何をしてもウンともスンとも言わずご臨終状態。。。
驚愕の一言である。
この時に、旅にはやはりカメラは2台必要だと実感した。
修理は一律12075円・・・ 安いのか・高いのか・・・微妙なお値段だけど、愛着のあるデジカメ!
やはり一度は治してやらなくてはなるまい。
と言うことで入院させていたのですが、元気に帰ってまいりましたo(^▽^)o
故障の原因は電源ユニットだったようです。
6527.jpg
ダイヤルは新しく交換されて新品の輝き♪
6528.jpg
平成19年のクリスマスに購入したんだから、最低でも後6年は頑張ってもらわないと・・・
私の電化製品の基本は最低で10年ですから・・・ あくまでも最低で・・・ですから(笑)

九州の芋焼酎

大きな箱が届きました。 なんだろう?
6521.jpg
すごーーーーーい(☆。☆) 芋焼酎だ! ナント6本も(≧∀≦)/
6522.jpg
6523.jpg
6524.jpg
嬉しいですね♪ このリバウンドが治まったらこれで乾杯させてもらいましょう。

そして小さな箱も入ってる。。。
6525.jpg
おつまみかな? こちらは保存食としても優秀なので食糧不足に備えてしばらくは置いておきましょう。
6526.jpg

酒さ様皮膚炎 2 

爆弾の皮膚炎を抱えて出かけたイギリスは戦々恐々としていたけれど、15日に左目の上が少し腫れたが2日ほどで治まってホッと一安心。
しかし旅行中に耳と足の湿疹は拡大し続けました。
耳は両耳とも耳たぶ全体に湿疹が広がりつぶれて夜にはリンパ液が流れるようになった。
毎日イソジンで消毒してその後 病院でもらったベシカム軟膏を塗った。
最終日の飛行機の中では乾燥が酷く両耳ともリンパが亀の甲羅のようになりかゆみと気持悪さで耐えられず、何度も触ってしまった。
飛行機を降りてから、トイレでキレイに洗い流し消毒をしてベシカム軟膏を塗ったが、23日を境に両耳は悪化を極めた。
湿疹は背中にも広がっていて、足・背中・耳・腕・・・ベシカム軟膏を塗っても何も改善せずに日々を過ごした。
その中でも一番耐えられなかったのが、耳から出るリンパ液! これが不思議と夜になると出始めるのである。
最終的にはもうポタポタとしたたり落ちるようにあふれ出るので、それを拭き取り抑えているだけで夜は眠れない日々が続くようになりました。 そして新聞屋さんが朝刊を入れに来てくれる音が聞こえるとリンパ液が止まるのです。不思議ですよねぇー。
後、夜はかゆみとの戦いもあった×××耳以外はそれでも耐えられたけれど、耳はほんとうにただれてそのうちもげてしまうのでは?と恐怖を覚えるほどになった時には、ちょっとだけステロイドを塗ってとりあえず一度治した方がいいのでは?と脱ステして1ヶ月で弱い心がムクムクとv(≧□≦)v
すぐに、ここで負けてどうする!とその後のつらいリバウンドの症状に耐えている人達の闘病記を読み、私なんかまだまだマシやん!と叱咤激励しながら耐えた。
7月末には口の上の方にヘルペスが出来始めた。 すぐに薬局で買っていたアクチビアを縫って抑えたが水疱のようなプチプチが口の回り中に広がり、夜になるとそれもリンパ液なのか水泡が敗れて流れ出るようになった。
病院に行ったがもうヘルペス菌はなくなっているので、これもリバウンドの1つなのでベシカム軟膏を塗るしかなかった。
夜は耳と口からのリンパ液の垂れ流しとなり、睡眠不足にますます拍車がかかった(´A`。)
口は朝起きると、口の周り中がガヒガヒになっていてパリパリと割れていった。
こうなると口を開けるのも拷問のようになり、食事をするのもつらかったが小さなスプーンで細かくして食べた。
帰国から一度もまともに寝ていなかったのと、この食事がまともに取れない!というのは私の体力を一気に蝕んでいくようだった。それでも仕事の日数が先月からかなり減っていたのでなんとか持ちこたえることができた。
こう考えるとトラブル続きで本当に嫌な思いをしたけど、神様が今を見越して仕事の日数を減らしておいてくれたのかな?なんて思ったりもしました。
8月2日にダーリンがインターネットで脱ステで使っている人達のよく効くと評判の漢方薬を買って来てくれました。
タイツコウ軟膏と紫雲膏の2つです。
6519.jpg
このタイツコウ軟膏が私には劇的に効きました(≧∀≦)/
グチュグチュした両耳と右足の大きな湿疹はリンパ液が多くて固まらなかったこの2ヶ所を集中的に塗りました。
2日ほどで劇的にキレイになっていきました。
しかし紫雲膏の方は塗って10分もしないうちに、気が狂いそうなほどの痒みが襲ってくるので、即使用中止としました。
人それぞれで効く・効かないがあると思いますので、もしこれを読んでこの軟膏を使用しようと思う人は、必ずダメージの少ない場所でためし塗りしてから使用してくださいね。
耳と足が劇的に良くなるのに比例して、顔が赤くなり始めた。
2日の仕事中に顔にピリピリとした痛みのようなのが絶えず走り熱をかなり持っていきました。
帰ってからいそいで、きれいに顔を水洗いしてベシカム軟膏を塗りましたが日に日に顔は赤くなり
4日には両目とも腫れあがり1カ月前の恐怖の顔がまたしても帰って来ていました×××
またしても仕事を休み、5日には病院へ行きました。
いつも冷たく・厳しい先生ですが、この日はずいぶん優しくてホロリとしました。
本格的なリバウンドです。
今回はかなりつらくなると思うけど、近道はなくてここが耐えどころだと言われた。
ここで半分近くの人が脱落する。
そしてこのつらさを先送りして、もっと酷いリバウンドで後悔しながら辛い思いをするのだと・・・
ここでステロイドに戻るとこの先こうなる!と言うことを淡々と語られて病院を後にしました。
これは私の弱さでステロイドに帰らないようにと喝をいれてくれたのでしょう。

闘病記を書くつもりは全然なかったのですが、私自身がつらい脱ステの闘病中にたくさんの闘病記のブログを読み勇気をもらい、私だけではないのだと強く思えた事・・・そして、私のブログを同じように脱ステで苦しむ人が見に来ている事を知って、やはり少しずつですが書くことにしました。
私に効いてもあなたに効くとは限りません。
私も紫雲膏は全然ダメでしたから・・・しかしタイツコウはかなり効く人も多いようで、これは痒みもかなり軽減しますし、何よりもリンパでただれた皮膚には画期的に効きました。
これを最初から知っていればステロイドなんて使うこともないのに!と思うほどです。
他の人のブログでは、タイツコウにはステロイドが入っているのか?なんて書いている人もいたので、効く人には本当に効く薬だとおもいます。
ダーリンは上野駅の漢方薬のお店で買ってきてくれましたが、ネットでも簡単に購入できますしネット購入の方が値段も安く手に入りますよ。

大英博物館 Ⅰ

買おう・買おうと思いながら中々本屋さんに行く事が叶わずにやっと購入!
やはり一度足を運んで見た所は、愛着が湧くとでも言うのでしょうか? 深く知りたくなりますね。
日の沈まぬ国・大英帝国時代に強大な力と富で収集された世界の至宝をじっくりと堪能しよう。
6520.jpg
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク