スイカ!

友人が育てた立派なスイカを頂きました(*^m^*)
その他にも茄子やキューリにバジル等♪ 相変わらず家庭菜園のプロの彼女の作る美味しい野菜や果物の恩恵を受けています。
スイカはやはり当たり・ハズレが大きいようで『甘くなくて美味しくなかったら、小秋ちゃんにあげてね。』と気にして何度も言う友人(笑)
彼女は可愛いラブのまいちゃんというワンを飼っているのですが、失敗作?のスイカはまいちゃんが美味しそうに食べるのだそうです(*^m^*)
残念ながら彼女の丹精こめて作ってくれたスイカは甘くてとてもジューシー♪
6517.jpg
小秋は食べ残りのちょびっとをお裾分け(^o^;。
6518.jpg
テレビで今年はスイカがすごく高くて、スイカ割りが出来ない!なんて言っていたので、ダーリンと豪華なスイカを週末のデザートとして美味しく頂きました。

スポンサーサイト

ナポリの下町食堂

この日は友人との約束で大宮へ・・・
考えていたお店は行列が出来ていたのであきらめて、すぐに入れそうな【ナポリの下町食堂】という所に入りました。
6514.jpg
クリームソース系の明太子とブロッコリーのスパゲティーを頂きました。
あまり期待はしていなかったのですが、生麺スパゲティーが売りのようでモチモチとしたスパゲティーもクリームソースも美味しかったですo(^▽^)o 大盛りも同一料金♪との事なので、お腹が空いていたので友人と大盛りを頂きました(笑)
6515.jpg
デザート♪ さすがにちょっとお腹一杯・・・それでも美味しく完食しました。
6516.jpg
体調はイマイチでしたが、久しぶりの友人とのおしゃべりはとても楽しかったです。

緑のカーテン!

イギリスから帰国して我が家の庭を見ればジャングルと化していた。
行く前にダーリンが頑張って草刈してくれたのになぁー(*´-д-)フゥ-
一番のビックリがゴーヤ! もう緑のカーテンの素晴らしさに感激だわ(☆。☆)!
6511.jpg
確かに内側に行くと2度から3度は涼しいわo(^▽^)o
6512.jpg
しかし、この大豊作のゴーヤはどうしたものか・・・
6513.jpg

イギリス土産

すごーーく疲れていたのに、眠れなかったv(≧□≦)v
時差ボケ? それとも疲れすぎ?
揺れる体に鞭打ちながら大量の洗濯物に後片付け! そしてイギリスで買った品々(☆。☆)
これがビックリするほど大量にあった\(◎o◎)/!(笑)
ダーリンの一番のお気に入りのお土産! 大英博物館で購入したロゼッタ・ストーンのレプリカ!
6494.jpg
6495.jpg
フォートナム・アンド・メイソンのクッキー♪缶はオルゴールになっています。
6496.jpg
そしてジャム・・・
6497.jpg
ダーリンが嬉しそうに購入!ストーンヘンジのキッド?
6498.jpg
大英博物館でダッシュで購入した日本語版のガイドブック。
6499.jpg
皇室好き?の友人に頼まれていた、ウィリアム王子とケイトさんだっけ?の結婚写真雑誌(笑)
6500.jpg
行く寸前まで知らなかったんですけど、友人のイギリスと言えばスコッチ!のお言葉に・・・夫婦してスコッチは飲めないですけどお土産用に。
6501.jpg
スコッチケーキ♪ これはドライフルーツがこんなに入れてどうすんねん!ってほど入ってて美味しかった(*^m^*)
6502.jpg
イギリス=紅茶でしょう。
6503.jpg
6504.jpg
何気に寄ったショップで見つけたケーキの石鹸o(^▽^)oあまりの可愛らしさに衝動買い!
6505.jpg
ダーリンが収集しているご当地キューピー!なんとロンドンにもありました。
6506.jpg
お土産用お菓子の数々・・・・・・・・
6507.jpg
6508.jpg
ついご当地のマグネットも購入してしまいます。
6509.jpg
イギリスのコンビにでは水は1ポンド以上するんだけど、1ポンドの新聞を買うともれなくミネラルウォーターがついてきたりします(笑)読めない新聞もせっかくなので持ち帰りました(~_~;)
6510.jpg

その他もあるのですが、多すぎて(~_~;)
それでも嬉しそうに何の参考にもならないだろうお土産をアップしました(^o^;。

帰国・・・

無事に飛行機は定刻通り9時5分頃に到着しました。
元気なBabyが最後まで泣き叫んでいたので、飛行機で寝ることは叶わずヘロヘロ状態。
出国手続きをして、スーツケースを受け取り自宅へ・・・
ビックリなのは日本も涼しい\(◎o◎)/!
暑い日本を覚悟していただけに驚きの涼しさ・・・
無事に我が家へ到着してからは、やはり忙しいね。
それでも無理をして出かけたイギリス旅行だったけど、無事に楽しく過ごせて本当に良かったと感謝しながら夕方から布団にもぐりこみました。

イギリス旅行・10日目

長いようであっという間のようなイギリスの最終日!
初日スコットランドで見て以来、見ていなかった快晴が広がっていた。
ゆっくり朝だったので、ホテルの周りを散策♪
イギリスではスターバックスとCOSTAのカフェがとても多かったのですが、日本に無いCOSTAの珈琲を好んでよく飲みました。 しみじみと見てしまいますね。
6488.jpg
ロンドン名物の二階建てバス! 昨日乗るのに本当に苦労したのが1日で笑える思い出となって心に残っています。
6489.jpg
イギリスは本当に沢山の花を道行く人に楽しませてくれる、心にゆとりある美しい国でした。
6490.jpg
6491.jpg
ホテルに戻り最後の朝食を食べてヒースロー空港へ向います。
6492.jpg
出国手続きを済ませて、時間があったので空港で残ったポンドを使い果たすまで買い物をしましたo(^▽^)o
普段出来ない無駄遣いはすごく楽しくワクワクしますね(≧∀≦)/
そして日本へ向けて・・・・
6493.jpg

イギリス旅行・9日目

この日はロンドン市内観光なんですけど、思ったよりも早めの出発!
連泊ですので荷物がそのまま置いておけるのは楽ですね。
最初にRegent's ParkのQueen Mary's Gardenに行きました。
早朝だったおかげか?私達のツアーのみ!と言う嬉しい散策♪
6473.jpg
バラはもう終っているかな?と思いながらのバラ園でしたが、まだまだキレイに咲いていて感激(≧∀≦)/
6474.jpg
バラを堪能した後は、夫婦共々いつの日か・・・と夢見てた大英博物館へ!
大英博物館には開館前から並び、入場してすぐにある一番人気のロゼッタ・ストーンをじっくりと見て下さい!とのガイドさんのお言葉。
6475.jpg
ナントこの大英博物館も写真撮影可なのであります!
日の沈まぬ国・大英帝国と言われた時代の宝物の数々・・・
6476.jpg
エッ! と言うほどの短い時間・・・とてもこの広大な博物館を見て回ることは出来ません。
ガッカリな気持ちを引きずって、ダッシュで日本語版のガイドブックを購入してダッシュで戻りました(^o^;。
その後は車窓からの沢山の観光!もうどれが何やら?(@_@)?
バッキンガム宮殿も衛兵交代式を見るために駆け足で場所取りです(*´-д-)・・・
でもガイドさんの頑張りのおかげで一番前! チビの私でも見えないって事はないわね。
もう、すごい人・人・人でした。
6478.jpg
やっと始まった衛兵交代式はすごい熱気!
6479.jpg
今までゆったり観光だったのに、ロンドンでは過密スケジュール\(◎o◎)/!もうギュゥって詰め込めるだけ詰め込みました!と言わんばかりに車窓からの観光の数々・・・
ロンドンオリンピックを控えて、道路工事の凄まじさと混雑・・・大都会ロンドン・エネルギッシュなロンドンを圧倒されながら眺めました。
ランチはロンドン市内のレストランでお肉料理を♪
6480.jpg
ここで夫婦会議を・・・(笑)この後はウィンザー城見学と自由行動との2手に別れます。
私達はウィンザー城を希望していたのですが、私はあまりにも慌しいロンドン観光だったので、ロンドンをもう少し見て回りたい!と思い、ダーリンは大英博物館で売っていたロゼッタ・ストーンのレプリカを買いたかったらしくお互いの意見は一致!と言う事で、私達はウィンザー城をキャンセルして自由行動に・・・
食事の後は皆で三越に行き、そこで解散となりました。
ロンドンの三越は私の考えていた三越とは全然違い、小さかった(´_`。)
そして私達はダーリンの衛星地図?カーナビのような便利な地図を持ったダーリンに導かれてテクテクと大英博物館へ行きました。
そりゃあ午前中とは比べ物にならない位すごい人!
ダーリンはロゼット・ストーンのレプリカを購入して、その後またしてもロゼッタ・ストーンに張り付いて写真を撮っていました。
私はエジプトの展示品をゆっくりと見て回りました。
6481.jpg
それでも大英博物館を満足するまで見るのなら、数日は必要だと実感しました。
その後はNATIONAL PORTRAIT GALLERYで美術音痴の私でも知っている名画を堪能させてもらいました。
6483.jpg
トラファルガー広場では、銀色のお兄さんが(☆。☆)
6484.jpg
銀座三越で見たライオン! こちらが本家だそうですよ(笑)
6485.jpg
この後は雨がv(≧□≦)v・・・それでもロンドンの建造物に浸り、お店を物色して楽しい自由時間となりましたが、この後が大変でした。。。。。
バス乗り場が工事中のために移動されていて、中々発見出来ず××親切な婦人に教えてもらい、なんとか辿り着きました。
ロンドン名物の二階建てバス! ハリーポッターの映画の宣伝バスがあちこち走っています。
ちょっと見ない間にずいぶんと大人になったなぁーとしみじみと思う私・・・(笑)
6486.jpg
バスチケットを買うのに大バトルを繰り広げ、チケット購入のために小銭を作りにまたしても歩き回り\(◎o◎)/!やっと乗れたバスは感慨深かったです。
海外ではこういうハプニングが後々は良い思い出になるんですよね。
6487.jpg
ホテルに戻り、夕食では皆で楽しかった自由行動の話などを語らいながら最後のロンドンのイギリスの夜を満喫しました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。


イギリス旅行・8日目

この日も朝からガッカリな雨・・・(´_`。)
ホテルで朝食を頂いてからは、目の前にあるカーディフ城の観光に歩いて出かけました。
6464.jpg
カーディフ城でも専門のガイドさんは付くのですが、英語での説明━━(= ̄□ ̄=)━━!!
イギリスではこのパターンが多かったのが残念!
最近出かけた海外では、日本語の喋れる専門ガイドさんが最初からずっと一緒で自国の歴史や観光地をわかりやすく、詳しく説明していてくれていたので、てっきりイギリスでもそうだと勝手に考えていたんですけどね。
自分の語学力を棚に上げて文句言える筋合いでもないのですが・・・(^_^;)
6465.jpg
城内はフラッシュ撮影がでなければ撮影はOKです。
6466.jpg
カーディフ城見学の後は、生鮮食料品のスーパーに連れて行ってくれました。
何を買うわけでもないんですけど、結構楽しかったですよ(^-^)
マフィンのお店♪
6467.jpg
その後はカーディフ市役所の中にある恐竜博物館?だったかを急遽見学♪
6468.jpg
そしてストーンヘンジへ向う途中のLEWIS ARMSで昼食です。
6469.jpg
ダーリンが今回のイギリス旅行で最も?楽しみにしていた世界遺産の巨石遺跡のストーンヘンジ・・・
私個人的にはふーーーーーーんって感じで終ってしまいました(^o^;。
6470.jpg
ストーンヘンジのグッズを購入した後は、イギリス最後の観光地ロンドンへ・・・
ロンドンは圧倒される熱気で車窓から眺めるだけで何故かワクワクしました。
夕食はロンドンの中華街で中華料理を頂きました。
6471.jpg
食後は少し中華街を散策してから、ヒルトン・ロンドン・オリンピアホテルへ・・・
6472.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。


イギリス旅行・7日目

ホテルで朝食を食べて、この日はコッツウォルズ地方へと向いました。
まずはコッツウォルズ地方のボートン・オン・ザ・ウォーター 雨でしたが、ここには清らかなます。ウィンドラッシュ川が流れています。
まとまった雨でちょっとガッカリ・・・
6452.jpg
イギリスで一番美しい村と称されたバイブリーへ・・・
雨も上がり美しい家並みを堪能しました。
6453.jpg
コルン川にはたくさんの鳥や魚が・・・
6454.jpg
そしてブレナム宮殿へ・・・
宮殿内は撮影不可です。
6455.jpg
広大な宮殿の見学を終えた後は、宮殿内のレストランでアフタヌーンティーを頂きました。
ここのスコーンはすごく美味しかったです(*^m^*)
6456.jpg
食事の後は広大な庭園の散策です。
私達は一目散にローズガーデンへ向いました。
6457.jpg
まだ咲いているかな?と不安でしたが、キレイに咲いていましたo(^▽^)o
6458.jpg
6459.jpg
天気も回復してさわやかなブレナム宮殿を見学し終えた後は、ウェールズの首都・カーディフへ向いました。
この日の宿泊先はホリディイン・カーディフシティーセンターホテルです。
6460.jpg
ホテルからはカーディフ城も繁華街も近いので、散策へ出ました。
6461.jpg
近くの大学の卒業式があったようですね。
帽子の色は色々とあって、学部によって色が違うと教えてもらいました。
6462.jpg
賑やかな若者たち! 何故かノリノリで『私も撮って~』と絶叫されたので、仕方なく一枚(笑)
6463.jpg
楽しい散策を終えて、ホテルに戻り夕飯を頂きましたo(^▽^)o

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。

イギリス旅行・6日目

目覚めると雨・・・(= ̄□ ̄=)!!
それでも美しい湖と風景・・・そして庭を散策せずにはいられません。
6439.jpg
ホテルの館内もとても素敵(☆。☆) 大好きなピーターラビット!
6440.jpg
散策後にホテルで朝食を食べてから、小説家・ブロンテ姉妹の故郷ハワースへ向います。
小説・嵐が丘の舞台となったヒースの荒野に到着した時には、すごい風雨v(≧□≦)v
一応、バスから降りてヒースの丘を歩きましたが、途中で挫折してUターンしてバスへ・・・もうビッチョリ。
6441.jpg
母の愛蔵書?の風と共に去りぬの隣にあった嵐が丘! 母がすごく暗い話で、ちょっと途中で読む気が失せるかも・・・なんて言うから結局読まずに過ごしたけど、やっぱり読んでおけばよかったなぁーとちと後悔。
その後はブロンテ博物館6442.jpg
パリッシュ教会の見学!
6443.jpg
6444.jpg
街中も少し散策して、その後はレストランで昼食♪イギリスを代表する(*^m^*) 念願のフィシュ&チップスを頂きました。
6445.jpg
ここからはおよそ250㌔離れたストラスフォード・アポン・エイボンへと向いました。
途中、ドライブインで休憩♪
6446.jpg
シェイクスピアの故郷、ストラスフォード・アポン・エイボンへ到着です。
シェイクスピアの生家の見学!
6447.jpg
そして街中を少し散策して・・・
6448.jpg
シェイクスピアの妻・アン・ハサウェイの実家へ・・・
6449.jpg
その後はホリデイ・イン・ストラスフォード・アポン・エイボンホテル
6450.jpg
そしてホテルから近い街中を散策に出かけました。
6451.jpg
散策の後、ホテルで夕食・・・長い一日を終えました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。

イギリス旅行・5日目

本日はお待ちかねの湖水地方へ・・・
エジンバラを出発して、最後のスコットランドの街・グレトナグリーンで休憩です。
ここは駆け落ち寺?で有名な鍛冶屋のBlack Smithさんの家がある所です。
6427.jpg
そしてスコットランド特有の毛長牛ハイランド・キャトルともお別れです。(しかし、イギリスでも一度車窓からこの毛長牛を見かけましたけど・・・)
6428.jpg
そして、今回の観光の中で一番ガッカリさせられた世界遺産・ハドリアヌスの城壁
6429.jpg
小雨降る中、牧場の中を延々と歩きます(~_~;) もうウ●チを踏まないように歩くのが大変v(≧□≦)v
6430.jpg
6431.jpg
ここで運転手が道を間違えたのでかなりの時間ロス(`ヘ´)
一番の楽しみのピーターラビットの絵本の風景が広がる湖水地方での時間がかなりの圧縮・・・
大急ぎでGlen Rothay Hotelのレストランで昼食です!
紫陽花やその他の花がキレイに咲く、とても可愛いレストランでした。
6432.jpg
詩人・ワーズワースが晩年過ごしたライダルマウントの庭園へ・・・
6433.jpg
ここの庭園は本当に美しい(*^m^*)  ウサギもあちこちで飛び跳ねていましたよ♪
木々の向うに広がるのがウィンダミア湖!
6434.jpg
そしてボウネスの遊覧船乗り場へ・・・ 
6435.jpg
ここでピーターラビットグッズのお店を見るのをすごーーーーーく楽しみにしていたのに! 時間が15分ほどしかないなんて━━(= ̄□ ̄=)━━!!
超特急で見てお終い・・・そして遊覧船
けっこうノンビリと長時間乗っていたように思います。
最初は気持ちよかった遊覧も途中から寒い・寒いv(≧□≦)v
6436.jpg
遊覧船の後は蒸気機関車
6437.jpg
本当におとぎの国のような湖水地方の観光♪
到着した駅は花が咲き乱れた美しい可愛い駅で感激!
そしてそこから近くのウィンダミア湖を望むLAKESIDE HOTEL
6438.jpg
このホテルは今回の旅行の中でピカイチ良かったホテルでした。

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。



イギリス旅行・4日目

ゆっくりとホテルで朝食を頂き、世界遺産の街・エジンバラ市内へと出かけます。
残念ながら雨がシトシトと降っておりますが、雨のよく降る国!と聞いておりますのでこれは致し方ないでしょう。
まずはエジンバラ市内の中心部にある小高い丘・カールトン・ヒルへ・・・
ここからは美しいエジンバラの街並みが一望できます。
6416.jpg
6417.jpg
そしてホリールード宮殿
6418_20110729110300.jpg

6419.jpg
セントジャイルズ大聖堂! 等等・たくさんの美しい建築物を見てまわります。
6420.jpg
そしてエジンバラ城へ・・・ 広大なエジンバラ城からの景色は素晴らしく・有名な観光地なだけに城内は大混雑でした。
涼しいスコットランドはクーラーとかないので、内部は蒸し風呂状態でヒドイ状況でしたねv(≧□≦)v
前にも進まずで途中で脱落・・・(^o^;。
6421.jpg
城内は自由観光でたっぷり時間がありましたので、満足な観光でした。
その後は城外の豚のユニークな置物のある店前に集合してランチに行くはずだったんですけど、一番お年を召したご夫妻が待てど・暮らせど時間が過ぎても来ない・・・なんてアクシデントが!━━(= ̄□ ̄=)━━!!
ランチは街中のINTERNATIONAL・HOTELのレストランRAMADAで鶏肉料理を・・・
6422.jpg
もちろん添乗員さんは迷子?になったご夫妻を探しに行っておりまして、私達が昼食を食べ終る頃に迷子のご夫妻と共にレストランにやって来ました(◎o◎)! 待ち合わせ場所を間違えていたようです。
見つかって何より・・・
午後は自由行動です。
まずは国立美術館へ・・・イギリスの素晴らしい所は、国立美術館や博物館等は無料なんですよね。
それでもどの異国のものでも国宝級の名画や遺跡が展示されているのです。
それもポンと・・・ 日本と違い芸術が本当に身近に幼い頃からあるのだな!と感心します。
6423.jpg
その後は賑やかな・美しい街並みをワクワクしながら歩きました。
6424.jpg
『あっ H&Mだ!』知っているお店を見るとつい撮ってしまいます(^_^;)
6425.jpg
楽しい充実した時間を過ごして、待ち合わせ場所へ・・・
その後 街中のレストラン・MERCHANTSで夕食! 魚料理を頂きました。
6426.jpg
楽しい一日はあっという間に終って、連泊のホテルへと帰りました。
連泊はやはり楽ですね。


詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。




イギリス旅行・3日目

早朝からカモメのうるさい鳴き声で起こされたので、朝の散策に出かけました。
大きなショッピングモールもたくさんのお店も立ち並ぶインバネスですが、お店は夕方の6時頃にはほとんどが閉まってしまいます。
イギリス人は夜は働かないのだそうで・・・
ネス川の方まで歩いてタイムリミット! Uターンでホテルへ戻りました。
6405.jpg
ホテルで朝食を食べた後は、バスでブレア城へ・・・
広大な敷地・・・木々の後に白亜のブレア城が! お城を思い浮かべていたのでちょっとガッカリな気持ちも(~_~;)
6406.jpg
ここでもスコットランドの民族衣装に身を包みバグパイプを吹くおじさん! 
6407.jpg
ブレア城は、大広間のみ撮影可でした。
広大な敷地には孔雀に鶏が歩き回っていましたよ。
6408.jpg
ブレア城の見学後はイギリスと言えばスコッチ!だそうで・・・私は初めて知りました(~_~;)
エドラダワーのスコッチウィスキー蒸留所の見学です。
試飲もモチロンありましたが、スコッチの美味しさはわからない私でした(^o^;。
6409.jpg
スコッチの後はPitlochry Hydro Hotelで肉料理の昼食を頂きました。
6410.jpg
このホテルのお庭は高台にあって、眺めも良く庭にはきれいに花が咲いていました。
6411.jpg
そしてセントアンドリュースへと向うのですが、これが高速道路 事故で大渋滞━(= ̄□ ̄=)━!!
ものすごい時間ロスで、明日へ切替え?なんて話も出たのですが、ゴルフコースの見学の予約がずらせなくて意地でも行く事に・・・(´A`。)
私はゴルフには全く興味がないから寄らなくても全然かまわなかったのになぁー。。
時間をかけてセント・アンドリュース大聖堂は駆け足での観光!
6412.jpg
そしてゴルフ発祥の地・セントアンドリュースのゴルフ場・・・
ここはまとまった雨が・・・コースの見学に行く人! 興味がない人はお土産屋さんで時間つぶし・・・と二手に分かれました。
6413.jpg
モチロン私は後者です(笑) 『私、ゴルフには全く興味がないから、私はこの辺りブラブラしてるからダーリン行っておいで!』と言うと『俺も全く興味なし・・・』との夫婦なのでありました(~_~;)
そしてやっとホリディ・イン・エジンバラホテルへ到着・・・このホテルには沢山の野ウサギがいました。
6414.jpg
イギリスではウサギは害獣なのだそうです。
6415.jpg

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。

イギリス旅行・2日目

目が覚めて、窓の外を眺めると素晴らしい快晴o(^▽^)o
6393.jpg
ワクワクした気持ちで服に着替えて散策へ・・・
可愛い小道の散歩道を見つけました(☆。☆)
ヒンヤリとした空気がとても気持ちいいです。
6394.jpg
散策を終えてホテルで朝食を頂いた後は、スコットランドの観光へ出発です。
最初の観光地はローモンド湖です。
6395.jpg
そして雄大なグレンコーの渓谷
6396.jpg
その美しい雄大な渓谷を眺める時には、横からバクパイプの音が聞こえてウットリ・・・診るとスコットランドの民族衣装を着たおじさんがバグパイプを吹いていた。
アンソニーと似ても似つかないのがちと残念(笑)
6397.jpg
その後はグレンコー渓谷のビジターセンターでの散策を楽しみました。
6398.jpg
そして昼食は素敵なHICHLND HOTELで魚料理を頂きました。
6399.jpg
昼食後、しばしバスを走らせた後、雄大な高原の中にある第二次世界大戦で亡くなった方達の記念碑と雄大な山並みを見学!
6400.jpg
山並みはどれがどの山やら・・・サッパリ(~_~;)
6404.jpg
その後は、ダーリンお待ちかねのネス湖へ!
ネス湖のほとりにある廃城のアーカート城も見学しました。
6401.jpg
フフフ ネッシーにもお会いしてきましたよ(爆笑)
ネス湖を堪能した後はインバネスの街へと向いました。
この日のホテルは駅の隣にあるTHE ROYAL HIGHLAND HOTELです。
6402.jpg
荷物を置いたら、インバネスの街中を散策です。
とにかく夜10時頃まで昼間のように明るいので時間の間隔がなくなってしまいます。
街中でとっても可愛い子供達に遭遇♪
6403.jpg
夕食の時間が迫っていたので、急いでホテルに戻りホテルで夕食です。
夜と明け方は海が近いせいか? とにかくカモメの鳴き声がうるさかったですね(`ヘ´)

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。

イギリス旅行・出発

この日は早朝3時半起き\(◎o◎)/!
成田に8時には到着しておきたいとのことで、余裕をもってダーリンから出発時間4時と告げられた(= ̄□ ̄=)━
なんだか興奮してほとんど眠れなかった(^o^;。
真っ暗な4時過ぎに我が家を出発! 渋滞に巻き込まれることなくスムーズに成田にナント6時頃には到着。。。
まぁー余裕をもって・・・と思えばいいのか(@_@) 朝食を食べてボーと過ごした後、出国手続き!
今回の飛行機はブリティッシュ・エアウェイズ! スーツケースの重量は23㌔(*^m^*)
少しでもたくさん詰めれるというのは心の余裕が持てて嬉しい。
6387.jpg
出国手続きを無事に済ませて免税店を見たりして海外に出かけるムードも盛り上がり、ダーリンは売店で缶のワインを購入(☆。☆) 缶ワインなんてあるんですね!!初めて見ました。 私はお茶。。。
6389.jpg
10:55発 BA0006便でロンドン・ヒースロー空港への12時間10分の飛行が始まりました。
6388.jpg
やはり10時間を越える飛行機はつらいなぁー(~_~;)と思いながら無事にロンドンに15:05(現地時間)に到着!
ここでスコットランド・グラスゴーへ向うために乗り換え・・・
時間に余裕があったので、ヒースロー空港の巨大ショッピングモールを散策!
そして17:40分発 BA1492便でスコットランド・グラスゴーへ・・・
6390.jpg
さすがに長い長い1日・・・グラスゴーに到着した時にはヘロヘロ。。。
19:00に到着したグラスゴーは明るかった。
空港からはバスでホテルに直行!
6391.jpg
アースキン・ブリッジホテルに宿泊です。
6392.jpg
到着後は即・お風呂に入りベットに潜りこみました。

詳しくは【あゆっちの旅行記・イギリス】を見て下さいね。

ゴーヤ

何時の間に?(@_@)?と思うほど急にゴーヤが育っていました。
6384.jpg
今年は例年よりも早い梅雨入りに梅雨明け\(◎o◎)/!
暑くて長い酷暑が始まるのでしょうか?
小秋は換毛がやっと落ち着いて、少しスリムになったよう(*^m^*)
6385.jpg
ダーリンは痩せたんじゃないか?とずいぶんと心配するのですが、体重は変更なし!
しかしここ数日の暑さで少し食欲が落ちてるような・・・
オヤツは食べるんですけどね(*´-д-)・・・
暑い夏!体調を崩さずに過ごして欲しいものです。
目の傷は本当にきれいに治りましたo(^▽^)o
6386.jpg

元気一杯!

我が家の緑のカーテンゴーヤは暑さと共にスクスクとグングンと育っています。
気になるほどではありませんが、ゴーヤ独特の匂いが葉からもします。
6380.jpg
花もビックリするほど沢山咲き(☆。☆)これが全部ゴーヤになったらスゴイな!と思ったり(笑)
6382.jpg
紫陽花は小秋のストレス解消?の穴掘りのターゲットにされて、めっきり弱り昨年末に土を入れ、大きく刈り込んだせいか、キレイな緑の葉っぱは生い茂りましたが、花は最近やっと1つ・・・それもお世辞にはキレイとはいえない紫陽花が咲きました。
やはり紫陽花も肥料とかあげた方がヨカッタかな?
6383.jpg
庭探索中、呼んでも来ない小秋(`ヘ´)
日陰と共に涼しい場所を追い求めて移動する小秋・・・涼しい玄関に寝転がり『小秋!』と呼んでも『何よ~』とチラリと振り向くだけ・・・
それでも、週末にシャンプーして換毛の毛が抜け落ちてちょっとスリムになったように見える小秋o(^▽^)o
毛もサラサラで獣臭かった臭さもとれさわやかな小秋ちゃんはとってもラブリーなのであります(笑)
6381.jpg

酒さ様皮膚炎

私が肌のトラブルを始めて抱えたのは高校生の時だったかな?
それからは、なんらかしら肌のトラブルを抱えては克服?してきたのですが、2年程前に貨幣状湿疹から自家感作性皮膚炎になりそして酒さ様皮膚炎となった。
6月末から顔の湿疹が広がり、ステロイドの副作用かと思い慌ててステロイド剤の使用を辞めてニキビ様の薬に切り替えたのですが、思ったように引かずあれこれためしている内に顔は赤らみ始め6月30日に目覚めた時には左目がちゃんと開かない状況になっていた。
起き上がりおそる・おそる鏡を見て悲鳴をあげそうになった××━━(= ̄□ ̄=)━━××!!
お岩さんのように顔は腫れあがり人相がすっかり変わっていた。
酒さ様皮膚炎・・・ネットで始めて聞くこの病名を読み漁り号泣した。
ステロイド剤の副作用で治療法がない事・・・酒さ様皮膚炎の闘病記のつらい日々を過ごしている人達のブログを読み号泣した。
ステロイド剤を使用しないなら治療法はない。
とりあえずでステロイド剤に今回も頼れば今よりももっと酷い副作用が起きる××
断ち切らねばなるまい!と強い決心をするのだが、鏡を見ると打ちのめされてこの先どうすればいいのか?と途方にくれた。
しかし落ち込むだけ落ち込んだら、後は浮上するしかないのだ。
泣いても治るわけでもない。
まず現実を見つめて、とりあえずステロイドに頼らないことから始めるしかないのだと言い聞かした。
1日の夜には私よりもダーリンの方が落ち込みが大きかった。
食欲も無く眠れない様子だった。
私と違い、この顔を見つめ続けるのは確かに凹むだろう。
病院には2度と行くまい!と決めていたのだが、ダーリンがネットで調べてくれたのでしょう。
私の住む県には脱ステロイドで治療している病院が3件あるから、その中でも一番近い病院に行こう!と言われた。
藁にもすがる思いで私はその皮膚科に出かけた。
ネットの書き込みでは、すごく怒る先生で見た目も・・・な事が書かれていたらしく、私にその情報を車の中で延々と語ってくれた(笑)
その情報通り怒られ続けた。
そして延々とステロイドの副作用の怖さについて語られ、写真を見せられ、いかに私が愚かな治療をしていたか!と言う事を聞かされた。
そして脱ステロイドを誓い、これから長い年月をかけてつらい治療で治すしかない事を納得して、飲み薬と塗り薬をもらって帰りました。
仕事も辞めようと決意し、夏休みの旅行もあきらめた。
しかし3日には腫れが少し治まってきた。
月曜日の朝には顔の腫れが引き、赤味は残るもののなんとか人前に出れるだけの顔に戻った。
涙が出るほど嬉しかった。
しかし、リバウンドもかなりあると言われていたので楽観は出来ないけれど治る希望があると言うのはやはり嬉しい。
仕事も明日からは復帰しよう。
旅行もギリギリまで様子を見て決めればいいとダーリンが言ってくれている。
前向きに・こもらずに治療していこう。
命かかわる病ではない! 心をしっかりともって前向きに治療しよう。
暗く・心沈む感想文は決してここには書くまい!と思っていたのですが、この決意が崩れぬように前向きな気持になれた証に書いておく事にしました。
何時の日か完治した時には、嬉しい感想文を書きたい。
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク