食あたり

疲れすぎたせいか すごく眠たいのにあまり眠れなかった。
年を重ねるごとに眠るのが下手になるのか うまく眠れない事がたまにある。
神経質になってもしょうがないので気にしないようにしているし、実家なのでゴロゴロとノンビリしようと二度寝をしようかと考えていた時に母からメールが届いた
一瞬自分が何所に居るのか真剣に考えてしまいました・・・
メールには目覚めたら母のベットに来てほしいと書かれており、飛び起きて母のベットへ走りました。
体調を崩した母が弱々しく寝ておりました
自力で起きる事も出来ない母をトイレに連れて行きながら<ノロウィルスなら共倒れになるな・・・とりあえず病院に連れて行くにしても日曜日だし車ないし・・・やはり救急車を呼ぶしかなかのかなとか色々と考えながら・・・手を石鹸で洗ってうがいをしてマスクをしてゴム手袋すれば私は間に合う 共倒れは笑えないし・・・悲惨だし・・・> 色々な事を考えながら母の寝室を片付けながらインターネットでノロウィルスの検索をかけた。
トイレから母をベットに戻すのもかなり大変だった・・・歩けもせずヘロヘロなのに救急車も病院も嫌だと最後の気力で私に抵抗する母・・・ 母は大の病院嫌いなのです。
そしてノロウィルスではなく昨日食べたものが良くなかったのだと小声で話しました。
私が帰宅した頃に発病したようなのですが、その時は寝ていれば治ると思ったのと疲れて帰ってきた娘にすぐにこれでは気の毒だと思ったようです。
とりあえず食あたり・食中毒でネット検索をかけなおし、水と白湯を用意してラブの散歩へ・・・
それから病院を調べたりしたがやはり救急車が一番手っ取り早いと思うのだが、母がベットにしがみついて嫌だと言うし・・・情けなさで涙が出そうになるのをこらえながら水だけは飲んでくれと懇願して少しずつ白湯を飲ませた。
お昼過ぎには少し落ち着いてきていびきをかいて寝始めた。
私は朝から飲まず食わずだった事を思いだし、近くのスーパーへテクテクと歩いて行きました。
フードコートでたこ焼と明石焼きのセットを頼んで食べました。
1095.jpg
1096.jpg

少し休んでスーパーでお買い物・・・ 
使い勝手の悪い母の家のキッチン 何所に何があるかもわからないし、1つ何かしようとするとストレスが溜まっていくようです。
とりあえず水やヨーグルトや果物等の消化に良さそうな物を買占めて、すぐに湧かせるT-falの湯沸かしポットが広告の品で安かったのでそれも買った。
普段は車でしか買い物に行かない私 この大量の荷物を持って歩くのがどんだけ大変か
一番ムッとしたのは昨年まではタダだったスーパーの袋が有料になってた
これだけ買って歩いてだとスーパーの袋が無いととても持って帰れない・・・それでも悔しいので湯沸かしポットは小脇に抱えて帰った。
車と言うのはなんて贅沢な乗り物なんだろうとしみじみと思いながらトボトボと歩いて帰りました。
まさしくトボトボですな
ふと朝から一度もトイレに行っていない母を強引にトイレに担いで行った。
トイレから出てきて白い顔がさらに白くなった母がおしっこが黒いと言うではないですか 脱水症状が進んでいる・・・
ネットとは便利で症状もどうなるかちゃんと書かれているんですよね。
水よりもスポーツドリンクの方が良いと書かれていたのでコンビニに買いに走りました。
何時でも空いてるコンビニ・・・普段コンビニなんて行かない私ですが、この時はコンビニの存在に初めて感謝しました。
これ以上症状がひどくなったら救急車やで と言う私に、アクエリアスはお水より美味しいとゴクゴク飲むのでちょっと安心・・・
その後もいびきをかいて寝ていたので私も寝る事にしました。
ドーーーーーーーーーーーーーーと疲れましたが、この日もあまり眠れませんでした
スポンサーサイト

風邪

インドで後半は鼻水&咳が出たりしていた
しかし花粉症の時と同じように目がショボショボしたり涙が止まらなくなったり
アレルギーかなぁー と自分でも風邪かアレルギーかがよくわからなかった。
今思えば、きっとどちらもあったのでしょうがしんどくなかったのが幸いでした。
しかし家に帰ってきて気が緩んだのか 夜は体が重く咳が出てけっこう辛かったです
それでもは仕事なので、フラフラとしながら5時に起きた。
起きただけで、お弁当も作らなかったけど
お天気もイマイチなので、ノンビリとまったりと過ごすとかなり体調は良くなってきた
寂しい冷蔵庫&食料品・・・
いそいそとスーパーに行き食料を買い込み栄養をたっぷりとつけるために夕飯はお鍋
日本の料理はやっぱり美味しいよねぇー何を食べても美味しい

そして宅急便の贈り物を本日再配達してもらいました
郵便局の郵便物や新聞は不在届で止める事ができますが、宅急便やメール便等は止める事ができないのが難点ですよね。
最近はメール便・・・特に旅行冊子等は分厚いので郵便ポストに入れられると帰って来た時にひどい事になっています
そんな巨大な郵便ポストではないので、海外に行く時はこのメール便が困ってしまいます。
皆様はどのようにされていますか
何か良い対策があれば教えて下さい。

そして届いた美味しそうな林檎
一杯食べて、風邪を一気に治したいと思います。
961.jpg
962.jpg

大腸内視鏡専用検査食

が大腸の内視鏡検査を15日に受けるので、今日は1日検査食です。
今はこんなスゴイ食事が用意されるんですねぇー
9829.jpg
9830.jpg
しかしお昼は職場で食べるのでおかゆを温める事は出来ないって事で朝は鶏とたまごの雑炊を食べ
昼は家で温めてお弁当箱に入れたじゃがいものそぼろあんかけクラッカーと消化の良さそうなパンを2つ持って出勤
そして夜に卵粥ビーフシチューを食べたのでした。
しかしこのボリュームって誰の基準なのかな
成人男性では全然足りんやろ と思うんですけどね。
でもお味は良いようです 
9831.jpg
それから夜は下剤・・・
9838.jpg
9833.jpg
9834.jpg
翌日は病院でまたしても2㍑の下剤を飲むそうな・・・
検査も大変なのであります。

浄水シャワー

酒さ様皮膚炎も自家感作性皮膚炎も完治の道のりは遠く日々悪戦苦闘を続けています。
酒さ様は今回は耳の下と鼻の下とあご周りの治りが悪くダラダラともう1ヶ月以上も続いている
ただ、見た目にはほとんどわからないのと生活にほとんど支障がないのであまり気にしないようにはしているのですが、問題は足の自家感作性皮膚炎のほう
足は人前には絶対に出せないほど汚い足となり、治る見込みが全然たたない・・・酒さ様になるまではステロイドで抑えていたのでこんなに悪化するのも始めてだし、ステロイド使わないとこんなになっちゃうんだなぁーと
ゲンタンシン軟膏で細菌を殺してアクリノール亜鉛華単軟膏で湿疹を固める 最初は結構いい感じだったのですが、途中からはやはり痒みとの戦いと、ちょっとよくなったのをいい事にゲンタシン軟膏を減したのが敗因かまたしても一気に悪化またしてもスタート地点からのやり直しで、1日に3回ほど足をぬるま湯で流しゲンタンシン軟膏を塗るというのを続けています。 しかし気温の上昇のせいかアクリノール亜鉛華単軟膏を塗って湿疹を固めると痒みがマックスを超えとても我慢できる許容を超えて悪化となるのでアクリノール亜鉛華単軟膏は塗るのを止めました。
にも相変わらず心配をかけて、今回は塩素が良くないと言い出しネットで塩素除去出来るシャワーを購入していました
7954.jpg
7955.jpg
せっかくのご好意なのでとりあえずこれを使わせてもらうことにしました。
ちなみに心配性のですから、次々と良かれと思う物を購入します
今はアレルギー体質改善に良いと聞いた様でアレルケアって言う乳酸菌L92を1日2粒食べております。
私はと言うと基本的にこういうものは、全く信用していないので私自身としては積極的に取り入れたりはしないのですが、せっかくの好意だし何よりも買った物を無駄にするのが嫌なのでやっております
色々と試している人の闘病記も読んで焦ったりした事もありますが、それが完治に結びつくのかとなるとの部分が多く、私個人的には何かを食べれば治るとか塗れば治るとかと言うのは全く信用できないし、そんなに簡単に治るんならこの病気で苦しんでいる人はいないだろと可愛くない考え方をしています。
今は出来る範囲でマイペースにこの病気と付き合いながらノンビリと生活していければと思っています。

リバウンド

3月30日・・・右目の横に湿疹か腫れか・・・足の自家感作性皮膚炎が一気に悪化して自己治癒での完治は難しいかなぁーと思い来週辺りに病院に行かねばなるまいと思っていた矢先だったので、この上リバウンド発症はご勘弁をとの思いと、最近はリバウンドは酷くならないと言い聞かせていましたが、次の日は腫れは大きくなりめばちこのようになっていました。 ちなみにめばちことはものもらいの事です。 結婚して関東に来るまでめばちこは全国共通の名称だと思っていたので通じなかった時は本当に驚きました
話はそれてしまいましたが、サングラスで隠せる大きさとはいえ目の腫れはリバウンド発症の兆候大なのでかなり内心うろたえてしまいました。
そして4月1日の朝・・・右目が開かなかった時は、久しぶりに来たなってズーーーーーンと落込む心の音が聞こえました またしても家篭りの生活です
数年前からの花粉症発症もあり、顔の痒みは皮膚炎で痒いのか花粉症で痒いのかわからない状況でしたが、顔だけはとの思いでかなり我慢はしたつもりだったんだけどなぁー・・・
時間の経過とともに腫れは少し治まり右目も少しは開くようになったので、帽子にサングラスにマスクって花粉の時期じゃなければかなり危ないいでたちで病院に行きました。
自家感作性皮膚炎は最初は辛抱するしかない口ぶりでしたが(私が現在通っている皮膚科の先生はステロイドは使わないドクターなのです)夜は痒みで眠れなくなっていたので、辛抱はもう限界と訴えて出してもらった薬はゲンタンシン軟膏で細菌を殺してアクリノール亜鉛華単軟膏で傷口の浸出液の部分を固める軟膏2種類と痒み抑えるエバステル錠を処方されました。
リバウンドの方はベシカム軟膏をとりあえず貰って帰りました。
確かに自家感作性皮膚炎の方は両足全体は酷い有様でしたが、この2つを重ね塗りしてチビファーストで夜は固定して掻けない様にして、保湿を心がけるとグチュグチュが少し固くなりかさぶたが丈夫になって行くような感じでした。
背中やお腹・両腕はベシカム軟膏で耐えていましたが、腕は耐えがたきに負けて掻き毟り悪化・・・を繰り返しましたが、保冷剤で夜通し冷やして耐える事にしました
それで1週間・・・自家感作性皮膚炎の方は見た目はまだまだ酷いけど、改善していっているなぁーとわかるだけに頑張りが報われた感じでしたが、リバウンドの方は右目から下に広がり6日には左目が腫れ上がり久しぶりの本格的なリバウンドにかなり絶望・・・
7日には口の周りに出来た湿疹で乾燥が酷くなっている所に、うっかり朝食の時に厚切りトーストを食べて口の端がパリっと割れました
リバウンドが数日で完治するには難しい状況となったので、友人との約束を全てキャンセルしてあきらめて全身の皮膚炎との戦いに向き合うことに・・・
しかし、リバウンドは以前と違い経過が早く治りも早いです 左目が腫れている時は右目はほとんど腫れはなく治っていて、乾燥期に入りボロボロと脱皮・・・これが痒い。
腕と顔をアイスノンや保冷剤で冷やす日々・・・寒が戻り寒くなると痒みが少しは和らぐので楽な反面、夜は冷やすと体が芯まで冷え切り朝方には寒さで顔色が悪いと言われる始末
寝不足が続いてくると精神的にかなり参ってしまうので、楽しかった旅行を思い出し心の平静を保ちながら頑張って旅行記の作成に精を出した。
4月11日の結婚記念日にはかなり顔のリバウンドは良くなっていました
明日は病院の日だし、帰りには頑張ってスーパーにも寄ってお買い物もしてお祝いをしようと心の余裕も・・・口の割れもだいぶ良くなってきてるし
12日は顔は乾燥でちょっとボロボロだけど腫れはないし病院帰りにスーパーでお買い物も大丈夫ね。
病院ではリバウンドも足の炎症も良くなって来ているとの事で、このまま同じように軟膏を処方してもらって、痒み対策にタベジール錠を処方してくれました。
久しぶりのリバウンドと自家感作性の悪化でつらい日々を過ごしていましたが、同じように酒さ様皮膚炎や自家感作性皮膚炎でさらい思いをしている人が沢山いてこのブログを覗きに来ているのを知ると、自分だけがつらいわけじゃあない・・・と自分を叱咤激励しながら過ごしています。
12日はささやかに結婚祝いをとしました。
リバウンドの度にずいぶんと迷惑をかけてしまいますが、めげずに頑張ろうといつも励ましてくれます。
今はずいぶんと良くなってきて、このようにブログを更新して書く前向きな気持ちにもなっています。
脱ステを試みてつらい思いをしている人・・・ステロイドでなんとか治そうとしている人・・・治し方は人それぞれなのだと思いますが、お互いにあきらめずに前向きに生活しましょうね。
7874.jpg

自家感作性皮膚炎

想像以上に今年の冬は寒くて乾燥が酷い
旅行中も旅行後も大きなリバウンドもおこらずに無事に過ごせて嬉しい限りなのだが、酒さ様皮膚炎を発症させた原因の自家感作性皮膚炎が悪化し始めた・・・
これを抑える為に安易にステロイドを使い大きな代償を支払う事になった私・・・
もうステロイドは使えない・・・使わないで頑張ってきたので、特効薬ではないけど何も塗らないよりはマシなので久しぶりに病院に行ってベシカム軟膏を貰う事に・・・
久しぶりに会った看護婦さんもなんとあの口の悪い先生も『綺麗な顔になった』とすごく喜んでくれた。
確かに今の倍以上に赤鬼もビックリなほどに腫れあがりただれた顔。。。本当によくここまで治ったと一緒に喜んでくれる先生と看護婦さんの言葉に思わず涙がこぼれそうになった。
今も全くリバウンドがない訳ではないが、たまに目の下が少し赤くなる程度・・・
しかしベシカム軟膏を塗ると1日か2日で治まる程度・・・腫れるのは昨年の9月が最後だったかな
自家感作性皮膚炎は免疫の病気なので完治は難しいとの話なのですが、酒さ様にかかる前に比べれば症状もマシの様に思えますし、何よりもあの酒さ様皮膚炎のリバウンドに比べれは耐えられない事はないだろう・・・
先生には痒い時は叩くか保冷剤で冷やすかにしないさいって言われたけど『先生、こんな寒いのに背中とかに保冷財で冷やしてたら心臓止まってしまうよ』なんて笑える余裕もあります。
ずいぶんと良くなって来ていたのでもう病気のことは書くつもりはなかったのですが、年末からお正月にかけて酒さ様皮膚炎で何人かの人が度々ブログに訪れているようなので書く事にしました。
きっとつらい・つらいお正月を過ごされたんでしょうね。
沢山の闘病記や治療方法を読み病院を変えたり、薬を替えたり、漢方を試したり・・・あらゆる事をして治る手がかりを探している事とお察しします。
確かに簡単には治らないし、特効薬もありませんでしたが必ず治ると思います。
人によってステロイドの強さによって治る年数は違ってくるようですが、ステロイド使用年数×1.5~2倍の年数はかかると言われました。
私の場合は2年近く使用したので3年~4年の覚悟が必要と言われた時はかなり絶望しましたが、その年数ビッチリと症状があるわけではなく、良くなっている時もあるし2度目・3度目とリバウンドの度に症状は軽減していきます。
そして、リバウンドの間隔も広がっていきます。
だから決してあきらめないで、心を強く持って過ごして下さいね。
7759.jpg

旅行前日

今回は思ったよりもリバウンドが長引いて、夏の旅行もキャンセルするしかないのかなと悲しく何度も思ったが、6月末辺りからかなり良くなり体力も少しずつ戻りジムで体力増強にも心がけ、少しずつ汗腺も正常になり汗も出てくるようになった。
顔はほぼ完治 耳の下から首にかけてがちょっと残っているけど、生活に支障があるほどでもなく見た目にもほとんどわからない・・・本当に嬉しい
先月末から祈るように用意したロシア旅行の準備も無駄にならずにすみました 2年前にあえなく断念してキャンセルしたロシア旅行
今回は2度目の挑戦です
7143.jpg
明日からのロシア旅行
ロシアの壮大な歴史と芸術・・・そして念願のキジ島を思い切り満喫して元気に帰国できればと思っています

インフルエンザ

昨日まで元気だったのに・・・
やはり今年の大流行でのウイルスに感染されたようで、朝ダーリンは高熱でダウンインフルエンザにかかったようだ
インフルエンザは私も病院勤めをしている時はよくかかった あれは一気に高熱が出て何よりも間接の節々が痛くなるのがつらいんですよねぇー。
薬を飲んで寝て治すしかないんですよね。
食欲もないようですし・・・ヨーグルトやアイス等口に入れれば溶けるものが精一杯かしら。。。
一日も早い回復を願い、アイスとヨーグルトとフルーツを買いに出かける私でした
6918.jpg

リバウンドⅢ

1月31日~またしてもの回りが真っ赤になり、少し腫れてきた
先週末はかなり調子が良かったので今週は完治かなって思っていたから・・・心ではしょうがないよ!なんて一生懸命自分に色々と言い聞かせたけど凹む気持ちはどうしょうもなかった
目の回りの痒みはだし、生活に大きな支障はないけど、が腫れるとどうしても一生懸命無意識に開けるから疲れが大きい・・・昼頃にはを開けているのも嫌になってしまう
目尻のひび割れ 今度は右鼻下のひび割れ 軟膏を塗りながらこれ以上酷くなりませんように・・・とお願いする。 誰にかはわからないけど・・・
毎朝、今日は良くなっているかなと鏡を見ては気持ちをなんとか紛らわす1週間・・・今日はヨガに行けるかなって思い鏡を見る・・・
だいぶ良くはなって来ているけど、やっぱりこれではなぁー・・・気にしてもしょうがないと頭ではわかっているけど、サングラスと帽子なしで人に会うのは勇気がいる。
勇気も根性も中々備わらないけど、少し良くなってきている来週にはきっと大丈夫一生懸命心に言い聞かせる病は気から・・・気持ちの持ちようと心のストレスはかなり直結すると聞くし、その通りだなぁーと思うので前向きに治していきたい。
きっと来週はもっと良くなっているはずだから
6913.jpg

リバウンドⅡ

先週から天気が崩れて、雪が降りカラカラ天気から逃れられ、肌の調子がかなーーーり楽になりました
やはり乾燥は痒み倍増で夜がつらい リバウンドもかなり軽いのですが、何故か夜眠れない日が多々ありこれはちとつらかったけど、飲み薬に頼る事はしませんでした。
昨日からは痒みもかなり和らぎ目の回りの腫れもほとんど目立たなくなってきたし、後は鼻の下のひび割れ耳たぶのかぶれが治るのを心待ちにしている状態です。
篭りをしている間に、リバウンドの原因を色々と考えてみたけどやっぱり突き止められず。
原因がわかればリバウンドの再発を抑えられるんだけどなぁー・・・
それでもまぁー色付き眼鏡に帽子でお買い物にもいけますし、生活に大きな支障もありませんしね。

お買い物と言えば、火曜日は近くのスーパーの特売デーなのでお買い物に行ったんですけど、ビックリな出来事が・・・
平日とはいえ、火曜日は特売デーなので混雑しているレジに並んで私の順番がやって来て商品をレジにピッって通していた時に、幼稚園位の女の子が走ってやって来てレジの人にお菓子を差し出したんです 私はビックリして女の子をマジマジと見るだけでちょっと声が出なくて・・・レジの人がお菓子を手に取ろうとした時に私の顔を見て(かなり驚いた顔をしていたと思う)『お子さんですか?』と聞かれた。 この子はお子さんだけど、私の子供じゃあないわね・・・と思い『私の子ではありません』と答えた。 その子は5才前後だと思うのですが、私が見る限り年齢にしてはふてぶてしいと思える表情でレジの人を見て私を見た。 レジの人が『お母さんは?』と聞いても知らん顔で、お菓子をひったくって走っていた
レジの人は何事もなかったかのように、またレジ打ちを始めたが私はなんとなくモヤモヤとした気持になった。
あの子は知能犯でこういう事をしたのだろうかそれともお菓子はレジを通さなくてはならない儀式だと思って悪気はなく持ってきたのか出来れば後者である事を願いながら、あの時私はどういう態度をしめせばよかったのか始めての出来事に戸惑いながらスーパーを後にしました。

6902.jpg

リバウンド

正月明け4日から気になっていた顔の乾燥・・・特に右目下の腫れとかぶれが目立ってきたと銀行に行った。(なんとなく嫌な気持ち・・・予感とでもいいましょうか・・・) 
5日には目の回りが赤く少し腫れていた 今までも疲れたり寝不足になったりするとパンダのように目の回りが薄っすらと赤くなる事はあったけどね安静に過ごせばすぐに引いたので6日はなるべく気持ちが沈まないようにノンビリと過ごしたが7日にはあの本格的なリバウンド以来、久しぶりに目蓋が腫れあがっていた 数年はリバウンドがあると言われていたし覚悟もしていたのにやっぱり顔が腫れ上がってくるとショックが大きく心の中で膨らんだ・・・
久しぶりに目がちゃんと開かない不便さを実感しつつ、それでも旅行中にリバウンドがおきなくて本当にヨカッタと心から思うと、なんとなく気が抜けて今月一杯は篭りの覚悟をしました。
連休にはの手配をして、ダーリンに受け取ってもらいこれで当分篭りOKねなんて笑える余裕も出て、あの時のつらさの腫れに比べれば全然たいしたことない腫れだしねと覚悟を決めたら9日には腫れはわからないほど引いていた。 
しかし肌の抵抗力が一気に落ちるせいか鼻水が垂れると鼻の下がかぶれ、鼻をかむと鼻の周りがかぶれ、鼻の下はひび割れが出来た 口の周りも荒れだしヘルペスになって口の周りまで割れだすと始末が悪いので10日ににベシカム軟膏をもらいに行きました。
治りだすと虫が這い回るような耐えられない痒みが乾燥もひどいので痒みとの戦いは思ったよりもつらいけど、まぁーあまり小さなことを気にしてもと掻かない努力をしつつ、耐えられなくて掻いて自己嫌悪に落ちてとグルグルと回りながらも、それでも必ず治ると知っているからやはり精神的には前回よりも少し・・・いえいえかなり楽な気持ちでリバウンドに向き合っております。
12日には、ガビガビの回りでしたが、家で痒みと戦うよりも汗でもかいて運動をした方がお肌にも精神的にもよかろうと思い切ってジムに出かけました またしても体力は想像以上に落ちていたけど、久しぶりに体を動かすのは気持ちよかったし友達にも会えて楽しい1日となった 疲れて夜はグッスリのはずだったんだけど、口の周りの痒みが夜中にマックスに訪れ眠れず倍増の体力の消耗で本日はまたしても目の回りが赤く、口の周りもガサガサで鼻の下の割れ目も相変わらず
まぁー 今月一杯は覚悟したリバウンドですから気長に治して行きましょう。
食欲もありますし、普通に生活も出来ます 旅の写真を眺めると心もウキウキと豊かになります。
ノンビリと心強く治していこうと改めて誓う私でした。
6901.jpg

酒さ様皮膚炎3

8月27日まで順調に良くなっていった。
顔の炎症もまだらだけど、薄くなってきている場所もあり顔も以前のようにシャープに(笑)
このまま良くなっていくのか♪とかなり嬉しくて、来週には買い物にも行くようにしよう♪ 遅くなっている辞めた職場の挨拶にも行こうと考えていました。
28日に一緒に温泉旅行に行くはずだった友人がお見舞いに来てくれました。
リバウンドが発症して以来、ダーリンと皮膚科の医者以外の人に会うのは初めてです。
ずいぶんと良くなってきていたので、私も明るく彼女に会うことが出来ました。
久しぶりにたくさんのおしゃべりをして、彼女の差し入れのランチや和菓子を頂きました。
こんなに食べたのもしゃべったのもリバウンドが始まって以来初めてです。
楽しい時間を過ごしこれからのスケジュールを考えていたのですが・・・
その日を境に一気に悪化・・・ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
29日には顔はまたしても真っ赤になり、リンパ液が大量に出だし痒みはマックスにv(≧□≦)v
週末には顔と首はひび割れだらけで痛みもマックス・・・立直れないかと思うほど打ちのめされた。
ダーリンは脱ステをしている人が使用して良かったと言われる塗り薬等を大量に購入してきてくれました。
これは傷口があったりすると、悲鳴をあげるほどしみます××
6551.jpg
赤く炎症した腕や足に使用しましたが、効いているのか効いてないのかよくわからん(~_~;)
6552.jpg
マックスの痒みにはイマイチですが、多少の痒みには効きました。
伸びもよくしみる事もないので使いやすいですね。
6554.jpg
このかゆみ止めは非ステロイドとは思えないほど効きます!
ちょっとスースした感じがありラナケインに比べると伸びがイマイチだけど、効きがいいので一番の私のオススメですね。
6553.jpg
ただ、こういう市販薬も使い続けるとやはり副作用や効かなくなるといった事がおこるのでは?と言う気持ちがいちも心の何所かにありますが、マックスの痒みは気が狂うばかりにつらく掻いた後の自己嫌悪と痛みに比べれば塗ったほうがいいなぁーという結論ですが、顔には使用していません。
長い長い戦い・・・家に籠もる生活も一ヶ月が過ぎました。
後どれくらいの月日を戦えばよくなるのでしょうか?
その時まで気を失って眠り続けたい気持ちになる今日この頃です(~_~;)

酒さ様皮膚炎 3

またしても篭りの生活が始まり、顔は前回とは比べ物にならないほど腫れ上がり続けました・・・v(≧□≦)v・・・
同じ脱ステの人の闘病記やブログ・その他を読み漁って、両目が開かないほどはれあがる人もいるんだ。なんてその時は他人事のように考えていた私・・・
6日には更に腫れ、目は線と言うよりも糸のように細くなり回りが腫れているからか目が窪んでいった。
夜になるとその窪んだ目にリンパ液がタレ流れて難儀した×××
7日には私も左目は開かなくなった・・・そして8日朝・・・目覚めると目が開かなかった・・・ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
とりあえず這うようにして洗面所に行き、顔を洗ってリンパ液のこびり付を取るのだけど、もう顔中ひび割れだらけで悲鳴をあげるほど痛いのv(≧□≦)v もう生き地獄ってこんな感じ?かしら・・・なんて思いながら糸の様な目をメイ一杯広げて生活するのはとっても疲れる。
夜眠れないので、朝か昼にちょっとうたた寝する。
食べるのも大変・・・顔を動かすとあちこちのひび割れが悲鳴をあげて絶叫したくなるんだけど、絶叫すると口の両端も割れるから絶対に絶叫は出来ないのよね。
2回目のリバウンドが一番つらい・・・その通りでございます。
よく皆様耐えてらっしゃる。。。とどの人の闘病記を読んでも褒め称えてあげたい気持になる。
8日の腫れをピークに少しずつ・少しずつ腫れはひいていきましたが、赤鬼もビックリな真っ赤な顔はそのまま・・・顔中のひび割れも劇的に治る事も無く、これが一番つらいかなぁー。
しかしダーリンが弱酸性で洗うと痛みも和らぐ!と教えてくれたので、私でも出来そうな弱酸性の水作りを始めた。
クエン酸小さじ1杯に1カップの水!
これを大さじ2杯(私は適当)程度を洗面器に入れてぬるま湯に混ぜる。
簡単これで出来上がり♪
痛みが全く無くなる訳ではありませんが、これでかなりましに洗顔が出来るようになりました。
それでも一日の中で洗顔・・・と言ってもぬるま湯ですすぐだけなのですがこれが一番の苦行であります。
次は突然襲ってくる無秩序な痒みでしようか・・・(*´-д-)フゥ-
お風呂に入ると夜布団に横になるとお決まりごとの様に襲ってくるんですよねぇー。
お風呂上りには、以前友人がプレゼントしてくれたオリーブ油を数年前から使っています。
傷口には流石にしみますが、化粧水やありとあらゆる物が使えなくなった私は今もオリーブ油だけは大丈夫で使用しています。
お風呂上りに全身に薄く延ばしながら体に塗ると痒みがスーーーーと引いていきます。
保湿にもなりかなり◎です。
6533.jpg
しかし、この春から愛用していたオリーブ油も大きく値上がり━(= ̄□ ̄=)━!!
値段は上がるし、量は減っているし・・・これから冬に向けて消費量が増えるので、もう少しお手頃な代用品が無いかと探していて見つけたのがコレ(*^m^*)
6534.jpg
そりゃあ何よりも気に入ったのがお手頃なお値段♪
まずは足から使ってみましたが、全然大丈夫のようo(^▽^)o 徐々に使う場所を広げて、顔と首以外は現在はこちらを使用しています。
15日頃には懐かしの二重瞼が少し戻ってきて、あー治りだしてるのね!と喜ぶと、赤く腫れた炎症が首に下がってきている。
17日には熱を持ったように顔から首まで真っ赤というよりも、ドス赤く腫れ上がった顔から首にガッカリ(´_`。) 一進一退××一喜一憂××の毎日が続きます。
一体 何時治るのか? この腫れはどこまで広がるのか?
手首にも腕にも少し症状が出ているが、広げてなるものか!と戦っている。
首は戦いに一戦目にあえなく敗退して、赤黒さを増し腫れ続けている(~_~;)
二戦目は負けてはなるまいと鏡を見ながら心に誓う。。。
ここまで耐え忍んだのだから、絶対に後戻りだけは出来ない! 前進するのみよ!なんて強気な事を言いながら、ベソベソと泣く私もいる。
泣くと傷口に沁みるし、これ以上目を腫らしてどうすんねん!と自分に突っ込みをいれる。
必ず治る・・・これは信じている。(信じてないと耐えられない)
しかし何時とはわからない・・・このまま2度目が長引けば、そのまま3度目のリバウンドに突入した人もいるようだ×(◎o◎)×それだけはご勘弁を!と願いながら復帰の目処の立たないまま、職場を続けるのも難しく仕事は辞める事になった。
パートとはいえ、長年勤めたので色んな感情もあるがとにかく治す事に専念しようと決めた。
治る事を夢見る、健康のありがたさを心から感じる毎日であります。

酒さ様皮膚炎 2 

爆弾の皮膚炎を抱えて出かけたイギリスは戦々恐々としていたけれど、15日に左目の上が少し腫れたが2日ほどで治まってホッと一安心。
しかし旅行中に耳と足の湿疹は拡大し続けました。
耳は両耳とも耳たぶ全体に湿疹が広がりつぶれて夜にはリンパ液が流れるようになった。
毎日イソジンで消毒してその後 病院でもらったベシカム軟膏を塗った。
最終日の飛行機の中では乾燥が酷く両耳ともリンパが亀の甲羅のようになりかゆみと気持悪さで耐えられず、何度も触ってしまった。
飛行機を降りてから、トイレでキレイに洗い流し消毒をしてベシカム軟膏を塗ったが、23日を境に両耳は悪化を極めた。
湿疹は背中にも広がっていて、足・背中・耳・腕・・・ベシカム軟膏を塗っても何も改善せずに日々を過ごした。
その中でも一番耐えられなかったのが、耳から出るリンパ液! これが不思議と夜になると出始めるのである。
最終的にはもうポタポタとしたたり落ちるようにあふれ出るので、それを拭き取り抑えているだけで夜は眠れない日々が続くようになりました。 そして新聞屋さんが朝刊を入れに来てくれる音が聞こえるとリンパ液が止まるのです。不思議ですよねぇー。
後、夜はかゆみとの戦いもあった×××耳以外はそれでも耐えられたけれど、耳はほんとうにただれてそのうちもげてしまうのでは?と恐怖を覚えるほどになった時には、ちょっとだけステロイドを塗ってとりあえず一度治した方がいいのでは?と脱ステして1ヶ月で弱い心がムクムクとv(≧□≦)v
すぐに、ここで負けてどうする!とその後のつらいリバウンドの症状に耐えている人達の闘病記を読み、私なんかまだまだマシやん!と叱咤激励しながら耐えた。
7月末には口の上の方にヘルペスが出来始めた。 すぐに薬局で買っていたアクチビアを縫って抑えたが水疱のようなプチプチが口の回り中に広がり、夜になるとそれもリンパ液なのか水泡が敗れて流れ出るようになった。
病院に行ったがもうヘルペス菌はなくなっているので、これもリバウンドの1つなのでベシカム軟膏を塗るしかなかった。
夜は耳と口からのリンパ液の垂れ流しとなり、睡眠不足にますます拍車がかかった(´A`。)
口は朝起きると、口の周り中がガヒガヒになっていてパリパリと割れていった。
こうなると口を開けるのも拷問のようになり、食事をするのもつらかったが小さなスプーンで細かくして食べた。
帰国から一度もまともに寝ていなかったのと、この食事がまともに取れない!というのは私の体力を一気に蝕んでいくようだった。それでも仕事の日数が先月からかなり減っていたのでなんとか持ちこたえることができた。
こう考えるとトラブル続きで本当に嫌な思いをしたけど、神様が今を見越して仕事の日数を減らしておいてくれたのかな?なんて思ったりもしました。
8月2日にダーリンがインターネットで脱ステで使っている人達のよく効くと評判の漢方薬を買って来てくれました。
タイツコウ軟膏と紫雲膏の2つです。
6519.jpg
このタイツコウ軟膏が私には劇的に効きました(≧∀≦)/
グチュグチュした両耳と右足の大きな湿疹はリンパ液が多くて固まらなかったこの2ヶ所を集中的に塗りました。
2日ほどで劇的にキレイになっていきました。
しかし紫雲膏の方は塗って10分もしないうちに、気が狂いそうなほどの痒みが襲ってくるので、即使用中止としました。
人それぞれで効く・効かないがあると思いますので、もしこれを読んでこの軟膏を使用しようと思う人は、必ずダメージの少ない場所でためし塗りしてから使用してくださいね。
耳と足が劇的に良くなるのに比例して、顔が赤くなり始めた。
2日の仕事中に顔にピリピリとした痛みのようなのが絶えず走り熱をかなり持っていきました。
帰ってからいそいで、きれいに顔を水洗いしてベシカム軟膏を塗りましたが日に日に顔は赤くなり
4日には両目とも腫れあがり1カ月前の恐怖の顔がまたしても帰って来ていました×××
またしても仕事を休み、5日には病院へ行きました。
いつも冷たく・厳しい先生ですが、この日はずいぶん優しくてホロリとしました。
本格的なリバウンドです。
今回はかなりつらくなると思うけど、近道はなくてここが耐えどころだと言われた。
ここで半分近くの人が脱落する。
そしてこのつらさを先送りして、もっと酷いリバウンドで後悔しながら辛い思いをするのだと・・・
ここでステロイドに戻るとこの先こうなる!と言うことを淡々と語られて病院を後にしました。
これは私の弱さでステロイドに帰らないようにと喝をいれてくれたのでしょう。

闘病記を書くつもりは全然なかったのですが、私自身がつらい脱ステの闘病中にたくさんの闘病記のブログを読み勇気をもらい、私だけではないのだと強く思えた事・・・そして、私のブログを同じように脱ステで苦しむ人が見に来ている事を知って、やはり少しずつですが書くことにしました。
私に効いてもあなたに効くとは限りません。
私も紫雲膏は全然ダメでしたから・・・しかしタイツコウはかなり効く人も多いようで、これは痒みもかなり軽減しますし、何よりもリンパでただれた皮膚には画期的に効きました。
これを最初から知っていればステロイドなんて使うこともないのに!と思うほどです。
他の人のブログでは、タイツコウにはステロイドが入っているのか?なんて書いている人もいたので、効く人には本当に効く薬だとおもいます。
ダーリンは上野駅の漢方薬のお店で買ってきてくれましたが、ネットでも簡単に購入できますしネット購入の方が値段も安く手に入りますよ。

酒さ様皮膚炎

私が肌のトラブルを始めて抱えたのは高校生の時だったかな?
それからは、なんらかしら肌のトラブルを抱えては克服?してきたのですが、2年程前に貨幣状湿疹から自家感作性皮膚炎になりそして酒さ様皮膚炎となった。
6月末から顔の湿疹が広がり、ステロイドの副作用かと思い慌ててステロイド剤の使用を辞めてニキビ様の薬に切り替えたのですが、思ったように引かずあれこれためしている内に顔は赤らみ始め6月30日に目覚めた時には左目がちゃんと開かない状況になっていた。
起き上がりおそる・おそる鏡を見て悲鳴をあげそうになった××━━(= ̄□ ̄=)━━××!!
お岩さんのように顔は腫れあがり人相がすっかり変わっていた。
酒さ様皮膚炎・・・ネットで始めて聞くこの病名を読み漁り号泣した。
ステロイド剤の副作用で治療法がない事・・・酒さ様皮膚炎の闘病記のつらい日々を過ごしている人達のブログを読み号泣した。
ステロイド剤を使用しないなら治療法はない。
とりあえずでステロイド剤に今回も頼れば今よりももっと酷い副作用が起きる××
断ち切らねばなるまい!と強い決心をするのだが、鏡を見ると打ちのめされてこの先どうすればいいのか?と途方にくれた。
しかし落ち込むだけ落ち込んだら、後は浮上するしかないのだ。
泣いても治るわけでもない。
まず現実を見つめて、とりあえずステロイドに頼らないことから始めるしかないのだと言い聞かした。
1日の夜には私よりもダーリンの方が落ち込みが大きかった。
食欲も無く眠れない様子だった。
私と違い、この顔を見つめ続けるのは確かに凹むだろう。
病院には2度と行くまい!と決めていたのだが、ダーリンがネットで調べてくれたのでしょう。
私の住む県には脱ステロイドで治療している病院が3件あるから、その中でも一番近い病院に行こう!と言われた。
藁にもすがる思いで私はその皮膚科に出かけた。
ネットの書き込みでは、すごく怒る先生で見た目も・・・な事が書かれていたらしく、私にその情報を車の中で延々と語ってくれた(笑)
その情報通り怒られ続けた。
そして延々とステロイドの副作用の怖さについて語られ、写真を見せられ、いかに私が愚かな治療をしていたか!と言う事を聞かされた。
そして脱ステロイドを誓い、これから長い年月をかけてつらい治療で治すしかない事を納得して、飲み薬と塗り薬をもらって帰りました。
仕事も辞めようと決意し、夏休みの旅行もあきらめた。
しかし3日には腫れが少し治まってきた。
月曜日の朝には顔の腫れが引き、赤味は残るもののなんとか人前に出れるだけの顔に戻った。
涙が出るほど嬉しかった。
しかし、リバウンドもかなりあると言われていたので楽観は出来ないけれど治る希望があると言うのはやはり嬉しい。
仕事も明日からは復帰しよう。
旅行もギリギリまで様子を見て決めればいいとダーリンが言ってくれている。
前向きに・こもらずに治療していこう。
命かかわる病ではない! 心をしっかりともって前向きに治療しよう。
暗く・心沈む感想文は決してここには書くまい!と思っていたのですが、この決意が崩れぬように前向きな気持になれた証に書いておく事にしました。
何時の日か完治した時には、嬉しい感想文を書きたい。

フロモックス

術後に抗生剤と痛み止めと胃薬が処方されました。
薬を極力飲まない!という生き方をする母に育てられたおかげか、二十歳を過ぎるまで薬は本当に数えるほどしか飲んだことがなかった。
しかし母の手元を離れてからは、文明の薬にそれなりに頼る私(^o^;。
抗生剤は絶対に飲みきって下さい!とドクターに言われていたので、痛み止めと胃薬は飲まなかったがフロモックスの抗生物質の薬だけは毎食後1日3回飲んでいたのですが、これがお腹ゴロゴロでつらいのv(≧□≦)v
6072.jpg
お腹は強いと自負している私・・・ドクターから抗生剤は下痢になる事もある!とは聞いていたのですが、下痢がこんなにつらいとは(~_~;)
大好きなお酒も飲む気にならない・・・3日間の辛抱!19日の朝まで飲めば終るから!と自分を慰めながら頑張って飲んだのだけど、抗生剤なんて結構私の勤める病院でも出す薬だから気にしたことがなかったけど、患者さんはこういうつらい思いをしてたのね!と初めてそのつらさに共感する。
やはり健康であっただけに傲慢だったのね・・・とこの数日はずいぶんと我が身を振り返ったりもした。
そして仕事も休んでいるのでノンビリ新聞を読んでいると! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
第三グループが抜糸予定の日時とビンゴしてるぅー!
慌てて受話器を握り病院へ電話・・・10時過ぎからかけ続けてお昼過ぎに繋がった時には『ただいま計画停電中でコンピューターが止まっております。再予約は夕方5時~5時半の間にお願いします』との事\(◎o◎)/!
エッ たった30分? 繋がらなかったら?と聞くと『明日は午前中が計画停電ですので22日の午前中にお願いします』との言葉・・・・・・・・・・・・
夕方5時1分前から20分まで休むことなくリダイヤルし続けたおかげか、繋がりました(≧∀≦)/
再予約をお願いすると『一番早くて31日ですね』なんてサラリと言う!エッ ほんだらこの糸つけたまま2週間も過ごせって言うの!×!×ありえへんやろ?と心で突っ込みながら、抜糸がそんなに伸びても大丈夫なんですか?と丁寧に聞く。
この電話の事務・医事課の人にはなんの落ち度もないのだから・・・同業になるとつらさがわかるだけに強くは言えない(~_~;)
ドクターに確認してきます。。。と言って待つこと8分・・・あーこの後かけ続けた人ゴメンネ。
火曜日にまたかけて予約とってね!と心で詫びた。
そして事務の人が『大変お待たせしました。 ドクターに確認しましたところ、やはりそんなに抜糸を延ばすのはよくないとの事でした』思わず『それで どうして下さるのでしょう?』と聞くとまた・・・
結局、土曜日の先生が私でよければ・・・とおっしゃってるのですが、主治医とは違いますし男の先生ですがよろしいですか?と聞く。
別に女の先生を選んで行った訳ではないし、たまたま行った日が女の先生だったのでそのまま主治医になったまで!こんな糸をいつまでもブラブラさせてはおけない! 何の異存もございません。是非お願いします!でやっと予約完了・・・なんだかドッと疲れた。
計画停電に振り回される毎日・・・ダーリンも都内まで頑張って行ったけど、今日は何時に帰って来れるんだろう?
お泊りグッズ持って行ったら?とお声はかけたのだが、荷物になるからいらないと素気無く言われたし・・・
電車通勤もしばらく大変・・・東北の人達に比べたら贅沢は言えないけど、中々不便な毎日なのでありました。

手術

東日本大震災以来生活が一変した・・・
とりあえずビックリしたのはスーパーから物が日に日に無くなっていくこと!
ガソリンスタンドには長蛇の列!
ホームセンターもオープン前から人が並んでいると聞く!
計画停電と余震が被災地でない関東にも不安が蔓延しているのか?
何よりも日に日に無くなる商品にガソリンに恐怖を覚えるのかもしれない。
実は私も1月に後頚椎に腫瘍が見つかり、後頚椎腫瘍摘出術の手術を受けたのであります。
この腫瘍は自然治癒はありえない事!首は神経が多く大きくなると悪さをする可能性のある事!これ以上大きくなると全身麻酔で入院になる事!そして手術を受ける決定打はこの腫瘍はまれに悪性化する事!その説明に手術を決心して予約を入れた。
局部麻酔なので日帰りが可能だと聞いていたので2月の半ば頃までには終わらしてしまいといと考えていた私は甘かった・・・予約は1月末の段階で一番早くて3月16日ですね!と言われた\(◎o◎)/!
計画停電の影響で手術が出来るかどうかもドキドキで迎えたこの日、9時15分までの来院!余裕をもって1時間以上前に家を出たのに、途中驚くような渋滞━(= ̄□ ̄=)━!!
何があるのか?と思うとガソリンスタンド渋滞・・・それは驚くほどの長蛇の列。
何キロ続いているのだろう?怖くなるほどです。
それでも早く出たおかげで余裕をもって病院には到着した。
手術の予定は10時~だったのですが、前の人が早く終ったので私の手術は前倒しで10時前から始まりました。
6068.jpg
上半身と左指先に心電図の吸盤?を取り付け、右腕は血圧計・・・
頭に被り物をして、その上から首だけ開いている物がおかれマジックで腫瘍部分のライン?が入れられて局部麻酔を打つ!聞いてたけど1本目は痛いv(≧□≦)v 2本・3本と痛みがちょっとだけ薄らいでいく!
すぐに手術が始まったのには驚いた\(◎o◎)/!
そんなすぐに麻酔って効いてるの!と恐怖心一杯。
切ってるのもチョキチョキハサミで切るのも聞こえるし、なんとなくわかるの(= ̄□ ̄=)━!!
こんなに1時間弱が長い・長い時間に感じたのは始めてかも知れない!と思うほどの長い時間に感じた。
途中痛みがありイタッ!って言ったら看護師さんが『痛いんですか?』と聞いて、先生がすぐに麻酔の追加を始めてくれた。
麻酔を追加するたびに血圧が測られる。
もうドキドキなんか通り越えてるよねぇー。私の血圧は一体どれ位上がっているの?なんて考えながら途中3本の麻酔を追加した(~_~;)
先生は『奥の方は効いてないのかな』なんて言ってたけど、その時に次は絶対に全身麻酔がいいなぁーと思った私でした。

インフルエンザ予防接種

やっと涼しく過ごしやすい秋o(^▽^)oと浮かれていると、急激な寒さv(≧□≦)v
今年は暑さがいつまでも厳しかったのに、寒さも駆け足でやって来るようで、もう風邪&インフルエンザが流行ってきている。
インフルエンザの予防接種!
これは一度打った後に体調を崩して風邪をひいたことがあるのがトラウマとなり、本当は嫌なんですけど・・・
ダーリンは絶対予防接種受ける派!ですし、職業柄接種していないのもなぁー×××
と言うことで、次の日が必ず休みの土曜日に接種します。
5791.jpg
この冬は風邪もインフルエンザにもかからずに元気に過ごせますように・・・

風邪×××

あんなに気をつけていたのに!
油断したのか? 風邪は突然やってきた。
昨夜に急激に喉の痛みが超激痛v(≧□≦)v つばを飲み込んでも痛い。。。
体中の節々もちょっと痛いぞ・・・嫌な予感
喉にタオルを巻いて、アイスノンにペットボトルに水!喉スプレーを持って布団へ
朝起きてもたいして回復していない
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
今日は月曜・・・休めないだろ?と思いながら声も出ない×××
これは大半の相手がお年寄りなのに致命傷である。
ダーリンに無理して出勤して、迷惑かけるよりも休んだら?の一言・・・ごもっともです。
5時に起きて、8時半まで寝て、休みの電話を入れてまた寝る。
11時半過ぎに起きて、残り物をちょっと食べて薬飲んでまた寝る。
薬が効くのか?やはり体が疲れているのか?ビックリするほど軽い眠りだがよく眠れる。
夕方に起きて、軽くまたしても冷蔵庫の残り物を食べ、薬を飲んで寝る。
5433.jpg
明日は這ってでも出勤せねばなるまい。
風邪などで寝込むと本当に心から健康のありがたさをヒシヒシと実感する。
そして、人の優しさや温かさが心に沁みる。
あー このありがたさを実感するためにこのつらい風邪をひいたのだな(~_~;)と思いながら、明日は劇的によくなっていますように・・・と普段は信心もない私が神様にお祈りするのであります。

インフルエンザ予防接種

今年の冬は、いえいえ冬に入る秋からインフルエンザに翻弄されています。
新型インフルエンザが早くから猛威を奮い、色々と対策が練られているようですがものすごい勢いで流行しています。
職場でも新型インフルエンザに同居家族がかかったら、1週間の出勤停止が決まりましたが・・・かつかつの少人数で回している病院です。
1人の人間が急遽一週間休むと×××2人休むともう回らなくなります。
口先だけで言い出す経営者に振り回されて、結局は黙殺して出勤してくるというのが現実でしょうか?
医療従事者には優先的に回されると言われている新型インフルエンザの予防接種も後手後手で中々回ってこず、とりあえずドクター分だけ・・・そして数本ずつという有様!
国の対応が日に日に変わり、翻弄される現場・・・整形外科でも電話の問い合わせや直接来院される人への応対・・・目途がたたないワクチンの入荷・・・
内科・小児科ではどれだけ悲惨なのだろうと想像するだけで同情してしまいます。
話がそれましたが、病院には縁のない私が病院勤めを始めてからは、毎年冬になると風邪もひかなかった私が毎年インフルエンザにかかり、一週間は寝込むという有様で・・・致し方なく予防接種を受けているのですが、予防接種を受けたからと言ってインフルエンザにかからないわけではないんですよね。
かかっても症状が軽くて済む!というのが、予防接種なのですが、それもちょっと?の私ですが、摂取しないでかかろうものなら・・・どんなブーイングを受けるか(~_~;)
致し方なく季節性インフルエンザの予防接種を受けました。
体に菌をいれるせいか、このインフルエンザの予防接種を受けると必ず体調が悪くなるんですよね。
ですから、次の日は仕事がお休みの土曜日に毎年摂取するようにしています。
案の定、日曜日は頭痛と関節痛で悩まされ、月曜も体調がイマイチ・・・v(≧□≦)v
新型インフルエンザでは一週間も体調がすぐれない・・・湿疹等の副作用が出る等の同僚を見て新型インフルエンザの予防接種はお断りしようと思う私でありました。
4900.jpg
4901.jpg

夏風邪

昨日からちょっと喉がイガイガしていた。
夏風邪というのをひいた事がなかったのでまさか風邪とは夢にも思わなかった。
トローチを舐めながら仕事はこなした。
夕方から咳が出始めた\(◎o◎)/!風邪???
熱はない・食欲はある。。。 しかし私のここ数年の風邪は最初は必ず寝れば治るという事はもうなくなっている。
早めに寝て大丈夫かな?って思ったら39度超えという恐怖の高熱に襲われて数日寝込むことが多い・・・
それがトラウマとなり、私はあわてて風邪薬を飲んだ。
3700.jpg
どうか風邪はすぐに治りますようにと・・・普段はお祈りなどしない私だがお祈りをした。
間もなくお盆・・・ 冷酷経営者のおかげで盆休みは一日もない。。。
どうか早く治りますように・・・と願いを込めて薬を飲んだ。。。
プロフィール

あゆっち

Author:あゆっち

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク